3S活動

2008年02月07日

今日の見学社

080207見学1今日は、東大阪の株式会社富士製作所さんが3度目の見学にこられました。
 現在、富士製作所さんでは、社長の「仕事をとめてでも5Sを徹底していく!」 熱き想いで改革が進められているそうです。
 本日お越しの工場長を先頭に、若きリーダーたちの元気が頼もしいです。


080207見学3080207見学2

yama1117 at 17:04|PermalinkComments(0)

2008年02月06日

見学依頼が増えてきました

 2月に入った途端、工場見学依頼のメールや電話が相次いでいます。

1月も行ってしまい、各社今年の改善活動に本腰を入れている気配を
感じますね。

特徴は、HPを通じてのお問い合わせが増えています。

先ほどもHPのお問い合わせを通じて、兵庫県の食品会社さまからも
御依頼がありました。

弊社のような小さな工場が世の中小企業経営に少しでもお役に立っている事を
誇りに感じます。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 16:43|PermalinkComments(0)

2008年01月28日

今日の見学社

 本日午前中、株式会社インターフォワードシズテムズさまの社長、専務さんが見学に来られました。
 インターフォワードシステムズさんは、通関業務のお会社です。

その通関業務(輸出関連の書類作成及び手続き業務)に私どもモノつくり企業の“徹底した3S”がご参考になるように説明させていただきました。(出来たかな?)

でも、最終的には3Sの真の目的「守る事を決めて、決めた事を守るの企業文化構築」が大切なんですね。
(たかが3Sされど3Sの本質)

インターフォワードシステムズの社長、専務はご夫婦です。
しかし、業務上は徹底的に“社長”“専務”の立場で会社を運営される素晴らしい経営パートナーの関係を築かれています。

帰社される車の中では、熱い討論をしながらの姿が目に浮かびます。

まもなく、専務が社長を引き継がれるとのこと。
聞かせていただいた大きなビジョンに邁進される事に感銘を受けます。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 20:00|PermalinkComments(0)

2008年01月24日

ISO9001と中小企業

 今日は、昨年秋に2回弊社を見学に来てくださった「A工業さん」の3Sリーダ
ーが、三度目になる見学訪問をされました。それは・・・、

 そのA工業さんに、大手複写機メーカー出身者でISO事務局を担当されていた
方が、品質保証部に入社されたため、その方と同行して弊社の3S活動とQMSに
ついて相談に来られました。

 社員数100名あまりのA工業さんですが、今ISO9001の認証に向けて
キックオフをするか社内で検討しているとのことです。

A工業の3Sリーダーが私に訊ねました。
 「ISO9001は、メリットありますか?」
 「無くても、ISOと同じシステムを持てば良いのでは・・・」
 「それなりの体制を組んでからではないとダメなのでは・・・」

横で、同行された大手企業品質管理出身の方は黙って聞いておられました。

私の答えは、
 「中小企業だからこそ品質のISO9001は認証するべきだ!」
 「同じシステムを作ったと言っても、そんなのは口だけ、絶対実態は何も
  出来ていない。認証するための努力が出来ないのに、自社でシステムを
  作り上げれる訳が無い」
 「まず行動に移すこと!社員全員に周知なんて認証してからでも出来る!
  まず、認証してしまうこと、それからがほんとのスタート」
 「しかし、大切な事は、何のためにISO9001を認証するのか?ですよ」
 
 そこで、大手企業から来られた社員さんが
 「そうなんですね!だからこそトップをどう引きずり込むかですね・・・」

 さすが、本質を解っておられる。
 是非とも、がんばって取得してほしいものです。


〈追記〉
ISO9001は中小企業にとって素晴らしいQMSと感じています
しかし、
ISO14001は中小企業に即しているか?そう感じません。
それは、環境経営は、システム作りプラスパフォーマンス(何をしたか)
が必要と考えるからです。
 
 ヨーロッパに直接輸出しているのなら仕方がありませんが、
そうでなければ、エコアクション21(EA21)が絶対お勧めです。
なぜなら、システムとパフォーマンスが要求されているからです。
そして審査料が安い!審査時にアドバイスしてくれる!
お勧めです!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 16:35|PermalinkComments(1)

2008年01月21日

大阪リエンジニアリング研究会

 本日は、1999年5月29日に第1回目をスタートして、今月で105回目を迎えた大阪リエンジニアリング研究会の日でした。

 この、大阪リエンジニアリング研究会(略名:大阪リエ研)は、9年前の1999年1月と2月におこなわれた、大阪府中小企業振興協会(現:大阪府産業振興機構)が主催する勉強会で知り合った、6社がそのときのセミナー講師である大山繁喜先生(株式会社OYM)を講師に協同で研究会を立ち上げたのが始まりになります。

当時、何も特徴の無い零細企業6社は、何をすればいいのか?どの方向に進めばいいのかも解らず不安感だけを持ちただオロオロするだけでした。

そして、出会ったのが「徹底とことんの3S」と大山先生だったのです。
その瞬間、不安感が危機感に変化しました。
しなければいけない事、そして進むべき方向がはっきりしたのです。

あれから丸9年が経ちました。
第1回目の研究会は、代表幹事である山田製作所からスタートでした。

当時会議室なんて無かったので工場が会場です。ホワイトボードも無いので大きな張り紙の裏側を利用して…、皆さんに座ってもらう椅子だけをレンタルで借りてきて…。
そのようなスタートでした。
今でもはっきりと覚えています。

この9年間は、怒涛のような9年間でした。
6社で勉強しあって取得したISO9001や大阪府品質管理優良企業表彰、等など

今では、全社が見学者が多く訪れる企業に大変身しています。

今、山田製作所が存在しているのは、この大阪リエンジニアリング研究会のメンバーと大山繁喜先生に出会ったからだと言って過言ではありません。
山田製作所の事業革新の原点であります。

この9年間、1回も休講せずに続けてきて、昨年の8月に100回記念大会を全社員と来賓を招いて開催しました。
次は200回を目指して、大阪リエ研メンバーで切磋琢磨し合いもっともと「徹底とことん」を追求していきます。

大阪リエンジニア研究会2008年のキーワード
「革新活動は、熱意と継続と活きたデータで語ろう!


大阪リエンジニアリング研究会メンバー(事情があり現在5社)
株式会社関西クラウン工業社 ・新生紙化工業株式会社 ・西村鉄工株式会社 
枚岡合金工具株式会社 ・株式会社山田製作所(50音順)


今日の主催会社:西村鉄工株式会社さん
西村1西村2







よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 18:36|PermalinkComments(0)

2008年01月19日

仕事=作業+改善

土曜日の16:00〜17:00までの1時間は、改善活動の時間となっています。

内容は、日頃提案される「誰いつメモ」(改善提案)を受けて、A・B・Cの3チームが「整理」「整頓」「清掃」の目で現場改善を進める時間となっています。

万が一、月曜の朝一番に納品しなければいけない製品が完成していなくても、一旦手を止めて、改善活動にかかります。そして、残業してでも、日曜出勤してでも完成させます。
そこまで徹底して行なうのが「徹底とことんの3S」なのです。

また、時間のかかる改善物は従来の仕事と同様に工程の中に組み入れて作ります。

当社を見学された方々が見られた、3Sの工夫品(収納棚や管理ボードなどその他)は、その時間の中で製作されたものです。

その考えは、“3Sは立派な仕事”とみなしているからです。

仕事=作業+改善

効率(期間・全体)を優先させるか、能率(瞬間・部分)を優先させるかの違いです。
もちろん山田製作所は、効率主義です。

0701193S10701193S2






(左)現場事務所では、文具の整頓パネルの作り替えを検討…
(右)現場は、設備の保守管理の日でした。機械管理台帳に履歴を記入です


よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 14:32|PermalinkComments(0)

2007年12月19日

和泉イブニングセミナー

技術協会1 今日は、大阪府立産業技術総合研究所、(社)大阪府技術協会、和泉市ものづくりサポートセンター主催の和泉イブニングセミナーの講師をおこなってきました。

テーマは、「職場の安全・整理整頓」です。
 参加されている方々は、大阪府技術協会に入会されている企業さんで和泉市内の企業を中心に12社20名の中堅ものづくり技術協会2企業 若手リーダーの方々でした。

 1時間30分の時間をいただき、「3Sの目的、深い目的、そして真の目的」「なぜ3Sが継続できるのか」「3S活動の苦労話」を語ってきたのですが、夕方18:30から始まるセミナーです。
若い社員さんが仕事を終えてから参加されている訳で、正直眠そうな顔をされている方も見受けます。でも、そうなると俄然ファイトが沸くのが私です。誰一人眠らせません!

でも、さてさて・・・、どれだけ理解していただけたか?

 来週は、今日の参加の皆さんが山田製作所を見学に来られます。
今からたのしみです。


yama1117 at 22:15|PermalinkComments(0)

2007年12月15日

今日の見学者は

今日は、2社の企業さまにご見学をしていただきました。

明浄金属1明浄金属2






午前は、同友会で一緒に学ぶ、摂陽観光藤原さんが、お得意さんの社外研修先に
山田製作所をチョイスしていただいて開催した見学会でした。見学企業様のお昼か
らの予定のため、通常より少し短めの説明になってしまいました。満足していただけ
たでしょうか・・・。そしてその後の温泉での忘年会は、盛り上がったでしょうか?



三洋H1三洋H2






午後は、 三洋ホームズ株式会社
枚方事業所様です。以前大阪工業会さんの勉強会で、幹部の方が見学に来られ、是非
もう一度ということで今回、製造課、資材課のチーフ・リーダー17名様が見学に来られ
ました。
 さすが大手の製造部門の方々です。見学時の学ばれる姿勢は、一切気を抜かれる様な
事はありません。私たちがその姿勢に学ばせていただきました。

 ありがとうございました。 


yama1117 at 12:20|PermalinkComments(0)

2007年11月27日

11月27日のご見学来社は・・・

今日は、1社と1団体のご見学を受け入させていただきました。
まず朝一番7:40に菱江運輸株式会社様が来社され、当社の朝の一斉清掃(工場隅っこ清掃)に続いて朝礼にご参加していただきました。大手関係の皆様だけあって、いろいろアドバイスをいただきました。また、当社の事業革新苦労話のシーンでは、涙をいただいた時は、説明を受けられる側、説明する側の一体感を味わう瞬間でした。


071127NBK見学1071127NBK見学2






そして、15:00には、社団法人関西ニュービジネス協議会の14社22名の方々です。今回の説明員は、昨年入社したばかりの社員と3年目の社員が現場を説明させていただきました。一生懸命説明する若手社員への応援のまなざしはとてもうれしいものです


yama1117 at 22:37|PermalinkComments(0)

2007年11月24日

今年も見学者が100社を超えました。

 今年も弊社の「3S活動」(整理・整頓・清掃)を見学に来られた企業数が100社を超えました。

見学1今日は、3社23名の方々が見学に来て下さいました。
そして今年も100社目を超えたました
簡単に会社の概要説明をさせていただいた後、昨年毎日放送のちちんぷいぷいの「明るい会社」のコーナーに取り上げていただいて取材を受け放映されたビデオを見て頂き、それから現場に下りて3S活動ポイントを見ていただきます。
その後、会議室で「3Sの深い意味」「なぜ3Sが継続できるのか」「3Sの真の目的」「3Sの苦労話」等など全体で約2時間30分かけて説明をさせていただきます。
見学2
 一番学びになっているのは、私をはじめ山田製作所の社員全員なのです。
他社の方に観ていただく、そして激励のお言葉をいただける事は私たちの勇気になっています。

 

まだ年末にかけて、3つの団体と2つの企業さんから見学の予約が入っています。
この3S活動の見学会を通じて、山田製作所の想いを発信できる事にありがたさを感じています


yama1117 at 10:55|PermalinkComments(0)