職業体験

2008年08月04日

不思議なことに同じようなことが重なりますね。

一本の電話をきっかけに、電話が数本たて続けに掛かってきたり、
仕事でも同じような内容や、同じような形状のものが続いたり…

このようなことは皆さん経験されていたり、いつもそのような傾向があることに同意してもらえると思います。

今日、7月29日ブログに書きました中学生の職業体験に関して、担当の先生が来社されました。それに関して、当社の考えやそれの位置づけや、計画の話をしていました。

そして先生が帰ったあとすぐに、ある大阪府立高校の先生から電話が入りました。
11月に、理系の大学に進学する生徒数人を対象に、ものづくり授業をしてほしいと…。もちろん開催場所は当社です。
うれしい電話です。

しかし、
なぜなんでしょうね…、同じようなことが重なりますね。


受け身ではなく、この機会をどう自社(社員)の成長に結びつけるか…

この考え方が、機会をチャンスに変えていくコツなんだと感じます。

yama1117 at 23:00|PermalinkComments(0)

2008年07月29日

かわいい声で、「技術系に興味があります!」

今日、かわいい声で「大東市立○○中学校3年△組の□□といいます」と
電話が入った。

地元中学校からの職業体験の申込の電話です。

事前に、生徒さん本人から電話が入る事を聞いていましたので、すぐわかりました。

「技術系に興味があります。職業体験を10月21日の火曜日、3名でお願いします」
「御都合がいい時間は何時でしょうか?持ち物は何が必要でしょうか?注意する事はなんでしょうか?・・・自転車で行ってもいいですか?・・・お弁当は自分たちで用意します。」

受話器から、一気に声が走ります。こちらは相づちを打てないくらいです(笑)

一生懸命考えて、紙に書き上げた台詞を 読み上げているのですね
気持ちがすごく伝わってきます。

こちらがクスッと少し笑うと、受話器の向こうでも少し笑った声になりました。
少し緊張が和みました。


さて、どんな職業体験を準備してあげようかな。
朝の清掃と朝礼から参加してくれるそうです。

モノつくりの楽しさ・・・
設計図⇒加工指示書⇒切断⇒折り曲げ⇒組立・・・・
すべてを体験してもらうプランを考えましょう!

彼らが、将来就職活動をする時、
「そういえば・・・中学校の時、工場のおっちゃんが色々教えてくれたな・・・
モノつくりの世界もええなぁ」と考えてくれる事を少し願いながら、皆でプランを
練りましょう!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ




yama1117 at 18:47|PermalinkComments(2)