結婚式

2008年04月26日

とっても素晴らしい結婚式

fujimura3無事に、そして しっかりとお祝いの言葉を述べさせていただきました。

とても、素晴らしい披露宴が進行しています。





【追記】
hujimura1久々に素晴らしい結婚披露宴に招待いただきました。

新郎・新婦は、幼稚園の頃から7軒隣の幼なじみ同士、中学生の頃から意識しだし18歳頃から正式にお付き合いが始まったということです。
そして、お互いが33歳になる今、やっと結ばれました。
(いろいろあったんでしょうね・・・(笑))

fujimura2新婦が、お色直しで退場する時、お母さんがエスコートされるのですが、ここでも泣かせるナレーションが

お二人が席に帰ってくれば、新婦のご両親が前に出て、お父さんからお母さんへ今までの苦労をねぎらうスピーチが

そして、最後は定番の新婦からお母さんへの手紙の朗読・・・。もう感激もピークです
  3回ハンカチを出して目を押さえる事に。

そうとう苦労されたご両親をご存知の皆さんも同じくハンカチで目頭を押さえます。

ご両親への感謝をすごく感じる、素晴らしい披露宴でした。

そう言う歳なんですかね・・・、涙腺がメチャクチャゆるくなってしまいました。



ところで、本当に主賓挨拶はしかりと出来たのかって?

会社は今日も仕事でした。
いつも通りに出勤して、朝の清掃もこなし朝礼もしかり参加して結婚式に向かいました。

ここで裏話
3分間スピーチの当番がちょうど私だったのです。

社員の皆にお願いして、主賓挨拶のリハーサルをしっかり行い。ダメだしやアドバイスももらって、出陣したわけです。

今、ホッとしています。



yama1117 at 12:09|PermalinkComments(4)

2008年04月20日

来週結婚式の新婦さんより手紙が

 来週の土曜日、仕事でのパートナーでもあり、お互いに経営者の勉強を一緒に学ぶ仲でもある社長さんの娘さんの結婚式に招待されています。

 お父さんの会社の総務関係をお手伝いされていて、そして親父さんの一番弟子である、工場長とご結婚されるのです。

 その、お二人から昨日お手紙をいただきました。

内容は、まだ付き合いの短い私に主賓の挨拶をお願いした理由がしたためてあります。
 そうなんです。なんと主賓の挨拶を仰せつかまりました!
正直、結婚式での挨拶は数回ありますが、主賓は初めてです。

 嬉しいですね!
互いに、経営理念で人の幸せを追求する事をうたう企業であり、その信頼関係でつながる間柄です。
 そして、幸せな門出に一緒にお祝いが出来る。こんなに嬉しく華やかな事はありません。しっかり挨拶を務めさせていただきます。

 お手紙の件に、「・・・・必ず幸せになりますこと、約束します」と書かれてあります。
 大きな幸せと、大きな未来、そして固い決心を感じる言葉です。

ありがとうございます。


yama1117 at 10:07|PermalinkComments(5)