経営理念

2008年10月11日

炎の経営革新塾2008

081011本日、地元 大東商工会議所が開催する「炎の経営革新塾2008」の第1講で実践事例の講師として90分講演してきました。
受講されている皆さんの多くは、30代〜40代の後継者や2代目3代目の方々です。
俄然力をこめて熱く語らせていただきました。

講演後、今回この講座で指導される、中小企業診断士の坂本篤彦講師のコーディネートで質疑や補足説明が進んでいきます。

これを機会に、今日受講された皆さんと大東市の産業振興に力を注いでいきたいです。

yama1117 at 22:05|PermalinkComments(0)

2008年09月26日

「社員に仕事を教えない」という社員教育

080926a今日は、私が経営の勉強をしている、中小企業家同友会 東大阪東支部の9月例会でした。

報告者は、同じ支部会員の株式会社岡崎金型工作所の岡崎耕治さんでした

報告の中で、「岡崎金型工作所では、新入社員に仕事を教えない」ということがありました。
機械の使用の仕方は、安全も含め指導するのですが、図面の読み方、部品の削り方、など、加工の仕方については、一切教えないということです。

えっ!?
という感じですね・・・

正確に言うと、自分で考え想像し、どこから切削していくのか、どのような工程で進めていくのかを自主的に考えてから、相談に来るまで指導をしない。

このように書けば、簡単なようですが、経営者にとってとても大きな勇気と根気が必要です!

実際、どれだけ製品を廃棄したか、どれだけ時間を消費したか・・・すごい費用と時間を費やしたとおっしゃっていました。

でも、だからこそ社員が主体的に自ら目標を設定し自ら育つ社風が定着しているようです。

金型製作は、数点の部品を加工しそれを組み付けて完成させます。
途中大きな回り道をしても、最終的に金型をくみ上げて試し抜きをして品質を保証できる仕事です。

当社のような、製缶加工屋には難しいテーマですが、しかし大いに参考にさせてもらいます。


080926b「小さな会社でも大きな夢を社員が語る」
〜社長も社員も共に成長できる企業を目指して〜

テーマの通りの、
3年前入社とと今年高校を卒業したばかりの新入社員さんたちです。
本日の主役達です。





yama1117 at 23:43|PermalinkComments(0)

2008年06月30日

経営指針確立成文化セミナーを終えて・・・

土曜・日曜日と大阪府中小企業家同友会一泊二日での経営指針確立成文化セミナーは、無事終了しました。
ここ数年、経営理念のコースのリーダー(講師)を務めさせていただいているのですが、翌日の月曜日は、燃え尽き症候群のような一日になってしまいます。
でも、心地良い疲れを感じながらの1日を過ごすことになります。

セミナーは、
中小企業家同友会で学ぶ労使見解「中小企業における労使関係の見解」を中心に、経営者の経営姿勢の確立を学びます。

「あなたは何のために経営していますか」
「あなたは誰のために経営していますか」
「あなたが大切にしている価値観・人生観は」
を、深く深く徹底的に追求していく2日間です。

080630二日目、徹夜で書き上げた経営理念を40分間かけて説明していただきます。質問がどんどん浴びせられます。それに対して「科学性・社会性・人間性」の観点からしっかりと説明しなければなりません。
成文化した経営理念が、心底腹に落ちていないと、まともには答えられません。
厳しい40分間です。

最後、全員から二日間の感想と決意をいただくのですが、この時間が感動的な時間です。
ぐっと湧き上がるモノがあり、言葉が詰まる場面があります。

その時、見守るリーダー・サブリーダー達も、涙があふれてきます。

それは、もらい泣きではありません。
経営者には、毎日毎日、経営に関わる問題が押し寄せてきます。
そのたびに、経営理念を眺め読み返しそれを実践している者達だから、受講者の方々の想いを普遍的に自分に置き換え同化してしまうからです。

毎回、元気をいただきます。そしてもっとがんばらねば!と謙虚になれます。
素晴らしい経営者仲間と学びあえる場所を持つ素晴らしさをありがたく感じることが出来ます。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 21:49|PermalinkComments(6)

2008年06月29日

経営指針確立成文化セミナー2日目

080629経営指針確立成文化セミナー2日目

受講者が成文化した経営理念を発表します。
40分間、その想いを熱く語れるかどうかが試される時間です。

晩までそれが続きます・・・。


yama1117 at 15:11|PermalinkComments(0)

2008年06月28日

指針指針確立成文化セミナー

080628b今日明日と一泊二日で経営指針確立成文化セミナーです。
今回も、経営理念確立成文化コースのリーダー(講師)をさせて頂いています。

今、「あなたは何のために経営していますか?誰のために経営していますか?」のグループ討論中です。


080628a

yama1117 at 13:42|PermalinkComments(0)

2008年06月14日

08年夏季 零の会

33f4adfc.jpgこの8年間、ビジョンを一つひとつ達成させてきた経営者の言葉は自信に満ちています。




(追記)
080613a080613ab080613abc






080613abcd080613abcde080613abcdef






心地よい疲れを残して、今年も「零の会」が終了しました。
一緒に、中小企業家同友会で学び、2000年の「経営指針確立成文化セミナー」を受講した同期生6名。
この8年間、お互いが自社の経営指針の実践状況を報告し学びあう一泊研修を毎年続けています。
お互いの会社の内情も知り合う経営者仲間、とても大切な「零の会」です。

yama1117 at 13:27|PermalinkComments(0)

2008年06月13日

明日は大変な日です!

明日は、大変な日です。

それは、零の会なんです。
(内容は、「零の会」をクリックしてください。

自社の経営指針書(経営理念・経営方針・経営計画)と決算書を持ち寄り、1年間の

行動計画の実践および成果を指摘しあう1泊2日の日なんです。この8年間、毎年続

けている私にとっては大切な2日間です。

あぁ〜プレゼン資料をしあげなきゃ〜



yama1117 at 23:55|PermalinkComments(1)

2008年06月03日

後継者育成講座

080604aa080604aaa















今年も、阪南大学中小企業ベンチャー支援センターにて、「後継者育成講座」で講義させていただきます。
講義テーマである「なぜ経営理念が必要なのか」を受講者の方々と考えていきます。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ


yama1117 at 18:08|PermalinkComments(0)

2008年03月23日

経営指針確立成文化セミナー2日目

セミナー2昨日からの経営指針確立成文化セミナーの2日目です。

受講の経営者の皆さんは、ほとんど徹夜で理念を書き上げました。
そしてそれを40分間でその想いを語り、他の方々から指摘や質問を受けます。

           その中で経営者の本質について熱い魂がお腹にドスンと落ちていくのです。

yama1117 at 20:05|PermalinkComments(0)

2008年03月22日

経営指針確立成文化セミナー

セキナー1今日、明日は、大阪府中小企業化同友会の経営指針確立成文化セミナーの経営理念コースにリーダーとして参加しています。

今日明日と二日間、経営者の経営姿勢の確立のためにそして自社の経営理念を成文化するための討論と指摘が飛び交う熱い熱い二日間です。

                     頑張っています。

yama1117 at 15:16|PermalinkComments(0)

2008年03月07日

経営理念による企業革新セミナー

 今日は、「経営理念による企業革新セミナー」というセミナーを受講してきました。

日頃は、同友会で「経営指針確立成文化セミナー」の理念のコースを講義し、自社でも理念追究型経営をしている自負があるのですが、しかし、初心に戻ってそして謙虚な気持ちで受講しました。 

内容は、経営理念とは何ぞや?
というより、有名大手企業の理念を紹介しながら、理念が出来た時の企業の状況などを解説しながら理念の表面を説明する感じでした。

総論のその総論的な切り口でしたので仕方がない感じがしましたが、受講しているのは中小企業の経営者が中心でした。

経営理念とは企業の最終「目的」とその目的を追求するために決して外れてはいけない道を示す行動の決意が成文化されています。

それを成文化する前に、その経営者達は経営者の経営姿勢の確立を必ずしたはずです。この経営姿勢の確立がなければ現在も歴史を刻む企業には発展しなかったはずです。
この点が一番大切なとこだと言うところをぜひとも聴きたかったのが私の気持ちです。

ここ数年、ライブドアー問題から始まり昨年の偽装問題へと理念を忘れた経営者が退場を言い渡されています。

中小企業の経営理念は、経営者の生き様、人生哲学が必ず含まれます。
真の顧客を見据えた事業領域に対して自社の存在意義を示し、それらの行動を経営者と社員がパートナーの信頼関係で目指す、“坂の上の雲”が経営理念だと考えています。


えっ!?
謙虚な姿勢で受講したのと違うの・・・・?
ですか・・・・

そうなんです、私の欠点です。反省です。

でも、「経営理念」となると熱くなってしまうのです。
申し訳ありません(汗)


よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホーム



yama1117 at 16:34|PermalinkComments(0)

2007年11月29日

中小企業家同友会 公開例会 続編

例会会場2例会開始1時間45分前の静かな会場
さぁ!公開例会の始まりです。
18:15例会開始です。支部役員は、17:00召集がかけられました。
私は、例会委員長として、1番に駆けつけました。いつもならそんなに早く行くことはないのですが、今日は支部役員総力の結集で、140名の会場キャパに対して175名のエントリーを頂いているからです。

例会受付受付が始まりました。支部役員が汗を流しながら来場者の対応に追われています。





報告1報告2






報告の始まりです。

報告者の木村さんは、商船大学を卒業後、船会社に就職されます。そして、1994年父親が経営する創業318年の(株)マルキチに13代目後継者として入社されました。月次の経営会議にも参加するのだが、二ヶ月前数字で内容のない時間だけが長い会議行われている会社でしたと振り返る。本人は、色々なセミナーを受講しまくり様々な手法学び社内に落とし込もうとするのだが機能しません。社員が全く動いてくれないのです。なぜか?それは・・・。

2001年11月代表取締役に就任し、挨拶廻り訪れたメインバンクに、いきなり事業改善計画書の提出を求められます。このままではもう融資は出来ないと言う最後通告でした。また、取引停止を言い出す取引先も現れました。社内は暗くうつむいて仕事をする社員たち・・・
悩みます。12月の年末そして正月の間悩みつ続けました。廃業も考えました・・・。
正月もあける日、今まで木村家の人間の顔しか浮かばなかった頭に、社員、そして社員の家族の顔がよぎります。ここで会社をたたむと社員は、社員の家族はどうなるのか!「俺は何を考えているんだ!」と我に返った瞬間でした。「俺は絶対会社をつぶさない!」と決意したのです。(この件を報告されている時は、涙で言葉がつまりながらの報告でした)

 そのような時期に同友会と出会い入会されたのです。そして気づかれました。間違いは、ノウハウを求めていた自分に、大切なことは「何のために・・・」が必要であること。
“何をする”かではなく“なぜするのか”です。
 経営指針確立成文化セミナーを受講され、「何のために経営するのか、誰の為に経営するのか」を徹底的に考え経営理念を成文化します。そしてその経営理念を具現化するための経営方針と経営計画を成文化されました。
社員に熱く語りかけ社員と共に経営理念をどう追求するのかを徹底的に求めました。
 今、会社は生き返り黒字体質の会社へと変化の道を歩みだしました。

木村さんは言います。会社には、私の想いと社員の想いが重なった経営理念があります。
もし、社長理念というのがあるならば、迷わず「社員の笑顔の為に経営する」と書きます と。

経営の本質とは何かを学ぶ良い例会でした。
 
結果、155名の参加を頂きました。責任者といて、また座長として大きな達成感も味わわせて頂いた支部公開例会でした。

支部役員の皆さん本当にお疲れ様でした。

yama1117 at 00:15|PermalinkComments(0)