経営指針

2008年06月30日

経営指針確立成文化セミナーを終えて・・・

土曜・日曜日と大阪府中小企業家同友会一泊二日での経営指針確立成文化セミナーは、無事終了しました。
ここ数年、経営理念のコースのリーダー(講師)を務めさせていただいているのですが、翌日の月曜日は、燃え尽き症候群のような一日になってしまいます。
でも、心地良い疲れを感じながらの1日を過ごすことになります。

セミナーは、
中小企業家同友会で学ぶ労使見解「中小企業における労使関係の見解」を中心に、経営者の経営姿勢の確立を学びます。

「あなたは何のために経営していますか」
「あなたは誰のために経営していますか」
「あなたが大切にしている価値観・人生観は」
を、深く深く徹底的に追求していく2日間です。

080630二日目、徹夜で書き上げた経営理念を40分間かけて説明していただきます。質問がどんどん浴びせられます。それに対して「科学性・社会性・人間性」の観点からしっかりと説明しなければなりません。
成文化した経営理念が、心底腹に落ちていないと、まともには答えられません。
厳しい40分間です。

最後、全員から二日間の感想と決意をいただくのですが、この時間が感動的な時間です。
ぐっと湧き上がるモノがあり、言葉が詰まる場面があります。

その時、見守るリーダー・サブリーダー達も、涙があふれてきます。

それは、もらい泣きではありません。
経営者には、毎日毎日、経営に関わる問題が押し寄せてきます。
そのたびに、経営理念を眺め読み返しそれを実践している者達だから、受講者の方々の想いを普遍的に自分に置き換え同化してしまうからです。

毎回、元気をいただきます。そしてもっとがんばらねば!と謙虚になれます。
素晴らしい経営者仲間と学びあえる場所を持つ素晴らしさをありがたく感じることが出来ます。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 21:49|PermalinkComments(6)

2008年01月13日

経営方針策定会議続編

 昨日の方針策定会議も無事終了しました。

 会議の中盤で難しいのは、3年後の外部要因を鑑み、自社の強みと弱みを照らし
合わせて、この3年間の進む方向を討議する「SWOT分析」です。 
 外部要因の討議で出された色々な項目を山田製作所にとってそれは「機会」なのか
「脅威」なのか分類していきます。そしてそれらは、山田製作所の強みと照らし合わ
せると、弱みに照らし合わせると・・・・。

 
 団塊世代の熟練技術が失われていく外部環境に対して、山田製作所の若手社員とその
OJT共育環境の強みは、高付加価値の仕事を得意とする自社にとっては、チャンス
であり、一番力を注ぐ方針であると多くの意見が交わされました。
 そしてそれらをもっともっと社外に発信することが重要なことであることを確認しあい
ました。

 会議の後半は、それらの具体的な行動項目を決める話し合いに入っていきます。

 各行動項目の担当のリーダーとメンバーも決定しました。
あとは1月末までに、各チームが項目の行動プランシートを書き上げていかなくてはいけ
ません。専務とのバトルが待ち構えますが、期待しています。

徹底した3S活動で培った「守ることを決めて、決めたことを守る」企業文化は、
ここまで影響を与えてくれています。



08新年会1方針策定会議のあとは恒例の新年会です。
若手社員の食べぷりには毎回気持ちがいいくらい圧倒されます。





08新年会2ベテラン組は、もうお腹一杯です(笑)

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 20:07|PermalinkComments(2)

2007年12月14日

小さな積み重ねの「朝礼」その2

不適合会議1不適合(社内不良)やクレームが発生すると、担当者は、「不適合品発生報告書」を次の朝一番に工程管理ボードへ張り出さなければなりません。

 
 写真は、昨日の朝礼の写真です。
製造Gr責任者が内容を読み上げ、全員でその不適合の原因を考えます。
報告書には原因が記されているのですが、さらに「なぜ」「なぜ」「なぜ」を
追求します。しっかりとした是正処置を考えるためには真の原因を突き止めなくては
いけません。

 とっ!
カッコよく書いていますが、なかなか真の原因を追究できません。
「なぜ」「なぜ」が続かないのです。

 当社は、一品モノがほとんどです。リピート製品はほとんどありません。
量産品ならポカミスを予防する対策などを考え付くのですが・・・。

 だからこそ、
真の原因を探り、正しい是正処置を考えるために、朝礼でしかも全員で考えます。
8:20に終了する朝礼が、時には9:00に達する時もあります。

 この積み重ねも、品質にこだわる山田製作所の基本になっていると考えています。

 

yama1117 at 07:15|PermalinkComments(0)

2007年12月02日

第1土曜日は、経営会議

経営会議1毎月第1土曜日の15:00〜は、全社員での経営会議が開催されます。
まず、月次決算の報告から始まります。
売上・限界利益・経常利益を中心に、貸借対象表、今期の累計、短月成績、生産性分析(一人当たり)、変動費の内容、固定費の内容と実行率等が、プロジェクターで映し報告されます。


経営会議2
そして、各人の目標チャレンジシート(中期経営計画の単年度目標に対する行動プラン)の月次チャックです。

この目標チャレンジシートは、期末から期初の1ヶ月以上かけて、社員一人ひとりと専務が何回もやり取りをしながら作成した内容になっています。
それを期初の経営会議で全員に承認をもらいはじめて実践が始まります。

このような月次経営会議を行うようになって、まもなく8年目を迎えようとしています。

内容も進歩し、また会議時間も2時間でピッタリ終わるようになってきました。

続けることの大切さが、会議からも感じます。



yama1117 at 00:10|PermalinkComments(0)

2007年11月22日

零の会の仲間

中井さん川端さん
本格的書き込みが、いきなり飲んでいる場面から始まってしまいました。

このお二人は、中小企業家同友会で一緒に学び合い、そして7年前の経営指針確率成文化セミナーの同期生です

中小企業家同友会についてはまた詳しく書いていきます・・・

今日は、その私が所属する中小企業家同友会東大阪東支部の忘年会でした。
その忘年会の後に、セミナーの同期会(零の会)のメンバー中井さんのお店「ドルフィンズ」(中井レストラン企画)を訪ねたシーンです。



yama1117 at 23:24|PermalinkComments(3)