板金加工

2008年07月12日

社員が活き活き「夢工場」

080711abcdef二日間の同友会総会終了後、浜野製作所さんへお邪魔してきました。
山田製作所にも数回見学に訪れていただいた関係です。

製造業とは思えない外観、そしてカラフルな工場内には38名の社員さんが380社もの顧客を対照に活き活き働く、まさしく夢工場です。
080711abcde1993年創業者お父さんの死去により代表取締役を後継します。当時、自分を含めて4人、得意先は5社ほどの会社だったそうです。

その矢先、解体工事中の隣家が失火、瞬く間に工場は火の海に飲み込まれて全焼する事件が・・・。
ここでの浜野さんの行動は人とは違います。
080711abcd燃える会社を後にし、不動産業者を回り代わりの工場を借りる契約を、プレスも得意先から借り、また20万円ほどで中古プレス2台を買ってきた。それで、仕掛品の納期を守った。しかし、その後、賠償金交渉をしていた大手建設会社が倒産、燃えた工場の敷地も借地であることがわかり立ち退きを余儀なくされます。

080711abc「でも、家賃を安くしていただいたりいろいろと下町の人情に助けていただいたのですよ・・・」とその当時を振り返られますが、その行動力と責任感が浜野製作所の基礎になっているのだと感じました。
そこから快進撃が始まります。基盤のプレス加工に加え試作製作も事業領域に加え、他社で1〜2週間かかるような仕事を3日間で行う体制を築いていきました。
080711abcdefg今、浜野製作所さんの強みは社員さん達です。
墨田区の産業施策で早稲田大学から学生が学びにくるのを初め、産学連携をどんどん進めておられます。
社員そして学生の直接交流が共に育つ仕組みを構築しています。

それは、社員一人ひとりを「当事者」にしてしまうこと
080711abcdefgh
参考となる、見学や視察には、必ず社員数名を同行させて行動されます。
当社にも、毎回違う社員さんを同行させて見学に来られます。



080711abcdefghiある日、ホームページを通じて一般家庭からパイプを加工する依頼がありました。
詳しく話を聞くと、障害を持つ娘のために使用勝手がよくないベッドの手すりを何とか改造したいという依頼だったそうです。
しかし、予算はかなり厳しい相談です。

営業社員と製造社員がミーティングです。「ぜひともその娘さんの為に製造したい、しかし事業として予算内に収めるにはどうするのか・・・」
「イマジニア」からスタートです。設計図をいきなり描くのではなく、ストーリから入るデズニーランドの方程式です。
もちろん、すばらしい物が完成し大きな感謝を頂いたのは言うまでもありません。

ここでの気付きです。
山田製作所でも製造するのは簡単にしてしまうでしょう。しかし、中身は薄っぺらな
ボランティア気分で製作してしまうだけでは・・・・。

このお話を分科会の報告の中で伺ったときに、「ハッ!」と気付いたことです。


「学要実践」学びとは実践が必要。
それを改めて深く感じ、それを実践していく想いを強くした二日間でした。


yama1117 at 12:35|PermalinkComments(2)

2008年07月10日

江戸っ子だけど大阪人以上の大阪人

DSCN2637昨晩から東京に泊まっている目的の第1弾!板橋区の三八工業株式会社(宮河社長)さんを朝一番から訪ねました。

9時過ぎに最寄り駅にてお迎えをいただき会社へ、事務所や本社工場の皆様が玄関に勢ぞろいしてお迎えを頂きました。感激です!


080710b宮河社長の阪神タイガースファンは知っていたのですが・・・
到着してびっくり!
玄関には阪神タイガースの旗が!そして会社に入ればタイガースに関わるグッツや資料がどっさりと展示しています。大阪でもここまでの会社(ファン)は見当たりませんよ!
江戸っ子なのになぜ?の質問に・・・「えっ!タイガースは日本の球団でしょ!」
080710c参りました

宮河社長との出会いは二年前、当社が大阪のテレビに紹介されたのを知人から聞きつけられて、山田製作所に見学に来られたのがはじめての出会いです。
社員さんと車に分乗されて東京から大阪まで一っ走り、そして東京にトンボ帰り・・・
その、決断力と行動力にはびっくりしました!その行動力を学ぶことが今回の目的です。
080710d来てよかった!
大きな刺激を頂きました。江戸っ子の気風のよさと、大阪人の人情感をたっぷりとお持ちになった経営者です。40名近い社員さんとのコミュニケーションは半端ではありません。

もうひとつ、三八工業さんの戦略を感じることが出来ました。
それは、戦略在庫です。
080710e山田製作所とは正反対の戦略ですが、それを徹底されています。写真はほんの一部です。板金加工業者なのに材料屋さんですか?と聞きたくなるくらい材料があります。
そしてその材料を、ほぼ100%近くの歩留まりで切断し加工されています。
あの歩留まりは、技術です!加工技術と機械を100%使いこなすスキルがそれを可能にしているのです。社員さん一人ひとりが、主体者でなければ無理です。

「妥協はダメだね!一人ひとりが限界に挑戦しないと次のステージにはいけないよ」

この言葉は、大きなお土産になりました。
その姿勢で社員、お客さん、そして地域の方々を三八工業ファンに仕向ける人間力には圧倒されました。


さぁ!阪神タイガースもペナントレース優勝に向けて突っ走っています!
タイガースと宮河社長に刺激を受けて、私も一生懸命走らなければ!



PS.
でも、お互いの心配事は・・・
タイガースのペナント優勝は間違いないけど・・・クライマックスシリーズで、タイガースがコテッとこけないか?
それが心配やな・・・と話をしながらお別れしました(笑)








yama1117 at 23:51|PermalinkComments(0)