基礎技術

2007年12月06日

クラフトマン21

城工1地元の大阪府立城東工科高等学校(旧城東工業高校)の見学会に行ってきました。
この催しは、国の事業である「ものづくり人材育成のための専門高校・地域産業連携事業(クラフトマン21)」の趣旨の元、学校の主催で地元の行政を通じて開催されたものです。

校長先生の挨拶・学校紹介もパワーポイントを用いてなかなか城工2カッコイイ紹介でスタートです。
 まず、基礎技術を学ぶ旋盤やフライス、溶接、鋳物(つい最近までキューポラが会ったらしいです)の実習場所を見学させていただき、その後シーケンスなどの制御を学ぶ教室を案内いただきました。

 目玉は、「ユニバーサルデザイン」です。
城工3ユニバーサルデザインとは、「すべての人が安全でやさしく利用でる・・・」とのことです。
 その、ユニバーサルデザインの新しい棟では、太陽光・風力発電から始まり、障害者の方をはじめお年寄りが安全にそしてやさしく生活するため工夫された、キッチン・お風呂・トイレを代表にリビングルームも再現され、それ<らを集中制御(家電製品などを操作する操作パネル(携帯電話からでも操作OK))の城工4システムを学んでおられる事の説明をいただき、最後に大阪<が力を入れて取組んでいるロボット技術も披露していただいた訳です。




城工5 校長先生の意見で、「中小企業でも技術を活かせる企業はある・・・と生徒に言っているのですが・・・」と発言がありました。

「中小企業だからこそ技術を活かせる企業がある・・・」と発言してほしかったと思いましたが、「今後は私たち教師がが中小企業へ足を運んで学んで行きます」と力強いお言葉をいただいて閉会になりました。

追記になりますが、
行ってびっくり。参加企業30社中14社が中小企業家同友会のメンバーでした。




yama1117 at 15:19|PermalinkComments(0)