創業者精神

2008年05月09日

創業者精神に学ぶ

 今日も中小企業家同友会に関する話になります。

同友会では、毎月支部で月例会を開催しています。

構成は、支部会員の中から講師という立場ではなく、自社経営の経営哲学やそして経

営課題などを、経営者の立場で報告者として、約1時間掛けて報告します。

それを受けて、また1時間近くテーブル討論(グループ討論)を行い、それを通して報

告の問題提起を自社経営に照らし合わせ、また普遍的な課題として深く掘り下げてい

きます。

報告内容は、例会委員会が中心となり、報告者との打ち合わせそしてリハーサルと2回

もしくは3回行い内容をつめていくのです。

今日は、東大阪東支部7月例会の報告者、株式会社フジムラ 社長の橋本さんの打ち合

わせ会でした。

橋本さんは、私より年齢は一回り先輩なのですが、この2年間で深いお付き合いをさせ

ていただく仲になっています。

 
 会社を興した経緯や、それ以前の背景の詳しいお話を聞くのは初めてでした。

正直、小説か?と想うほどのご苦労話を伺いました。

その中には、二代目である私には想像を絶する創業者精神(生き様)があふれるほどあ

りました。

ご本人は、大変だったが、まだ仕事があった時代だから…と言われますが、しかし、

しかし。。。


 まだまだ苦労が足りません。もっともっと謙虚に仕事と経営に向かうことを考えた

報告打ち合わせ会でした。

7月の公開例会は、熱い討論がくりひろげられるのが楽しみです。


yama1117 at 23:41|PermalinkComments(0)