作業日報

2008年03月06日

昨年の作業日報を見ながら・・・

日報1
おかげさまで忙しく今週から3時間の残業で20:00まで稼動しています。

終業し全員で片付けと清掃した後、各人が作業日報を書いて1日が終了します。
私は社内にいる時は、必ず全員を玄関で見送るようにしています。

そこに、昨年入社の清水君がやってきて、「もう少し居てもいいですか?作業日報を見たいのです・・・」と。。。。

何かな?と思い少ししてから覗きに行くと、昨年度分をファイルした先輩社員の日報を眺めています。

近づくと「自分が入社した時の話を専務としました。すると主任たちが日報に書いていたぞ言ってくれたのでそれを見ています」との事。。。。

日報2日報3.1














内容読めるでしょうか?(サムネイルをクリックして拡大して下さい)

新入社員に対する期待と育てていく責任を書いてくれる先輩社員のコメント
それを見守る専務の返事のコメント
そしてそれをしっかりと感じてくれる新入社員

こんな企業文化が山田製作所にはあります。
私の一番の自慢です!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 21:23|PermalinkComments(2)

2008年02月08日

今日の作業日報より

今日の作業日報より

生産Gr 永田君(入社4年)
「今日は、犬小屋を取り除きました。解体している途中でエレンの毛が挟まっていた。
なつかしい感じがした。
無くなって広く感じたけどなんとなく寂しいです。」

-------------------------------------------------------------------------- 


 昨年の11月まで、工場に犬(名前:エレン)がいました。
この犬は猟犬で、狩猟をする会長が飼って面倒を見ていた犬です。
 13歳の寿命でした。

 最後だった日は、いつに無く高い声で鳴きますので、そろそろ今日あたりが山かなと社員の皆が感じていました。
その日は、晩遅くの見学団体があり私一人が会社に残って3Sのレクチャーをしていたのですが、その鳴き声がかすかに2階まで聞こえてきます。気になって気になって仕方がなかったのですが、下に降りれません。
 見学の方々を21:00に見送り、すぐに駆けつけると、まさしく息を引取った後でした。残念でした。逝く時にそばに居てあげれなかったのが悔やまれました。

 そんな、社員全員にかわいがられたエレンの小屋(ステンレス製の自作)を今日解体しました。

 もうかれこれ歴代の犬が、40年近く会社に居た事になります。
このエレンが最後の犬になります。

ご見学をして下さった感想文に「会社に犬が居ることに疑問」という指摘も数人から
いただいたこともあります。私も十重承知していることでしたが・・・。

 そんなこんな事を感じながら書いくれた、私も色々と思い出した作業日報です。


よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 20:08|PermalinkComments(0)