産官学連携

2015年09月10日

今日は大学で非常勤講師^ ^



今日は、大阪市立大学の集中夏期講座に登壇です。
この講義は、私が経営を学ぶ大阪府中小企業家同友会による寄付講座
中小企業経営者12名がリレー形式で中小企業経営論を講義します。
私は、第4講担当

この講座は、今年で3年目を迎えます。
学生の皆さんは、商学部、経済学部なかには法学部の3回生4回生が中心です。

論理論法の講義ではありません。
自社の経営体験を中心に経営者生き様を熱く語ります。

中小企業の経済的存在意義、社会的存在意義が締めの言葉になります。

就活中や来年就活の方々に中小企業の存在が伝わったと確信します


yama1117 at 21:55|PermalinkComments(0)

2015年08月10日

工科高校とコラボレーション

yama1117 at 18:57|PermalinkComments(0)

2015年07月25日

津山市にて講演


昨日、岡山県津山市にて講演をさせていただきました。
「つやま産業支援センター」さんからの依頼です。

津山市は、ステンレスを中心にした金属加工の企業が集積している地域です。
(今回はじめて知りました)
それもかなり技術をお持ちの皆さんです。

これを機会に大阪のモノづくり企業との連携が深まれば嬉しいですね〜

10月に大阪である展示会に出展されるとのこと、是非とも再会を期待したいです(^^)

一泊して 今日は津山市を観光しています。
綺麗なそして歴史を感じる町ですね〜




yama1117 at 14:00|PermalinkComments(0)

2015年02月20日

第1回いわて3Sサミット

IMG_0980[1]

先週金曜日、岩手県奥州市水沢にて、
第1回3Sサミットが開催されました。

大阪で4年続いている、3Sサミットが
岩手県でもスタートです。

その記念すべき第1回いわて3Sサミット
にて、基調講演をさせていただきました。

会場は、50社300名の3S同士が集まり
熱い熱気です。

平日の金曜日に社員さんと一緒に
参加される経営者のみなさんの意気込みが
たいしたもんですね!

大阪と違いめちゃくちゃ面積が広い岩手県です。
福島県からも、宮城県からも参加されている
方々がいらっしゃいました。

これも、岩手県県南広域振興局(県庁の皆さん)
の熱き想いです。
頭が下がります。

大手企業と地元の中小企業そして行政の方々
との連携の強さを見させていただきました。

大阪からも、
枚岡合金工具さん
鈴木製作所さん
三協製作所さん
が応援に駆けつけてくれました。
ありがとうございます。

特に、この岩手県を支援している
枚岡合金工具の古芝社長
I・M・Dワークスの川端社長
ありがとうございました。








yama1117 at 19:33|PermalinkComments(0)

2013年07月02日

元気な大学生がゼミの研究で来てくれました!

DSC_3174

関西大学 商学部の3回生の皆さんが、ゼミの研究にて山田製作所を
訪ねてくれました。


インタビューの主旨を彼らの依頼メールから・・・

日本のものづくり中 小企業を取り巻く諸課題について経営学の
見地から実証研究を進めています。

特に現在は、大阪府内における中小製造業の、新規顧客獲得に関する
事業展開について研究しております。

具体的にはITを活用した顧客の開拓方法や、外部団体(同業・異業種の他社、
またはその他大学や行政などといった各組織)との協力関係について関心を
深めております。

貴社は2010年度に関西IT活用企業百撰を受賞されており、またいち早くHPや
ブログによる情報発信へ取り組むなどWebを積極的に活用されている企業様であ
ると理解しております。
これまでどのように取り組んでこられたのか、ぜひお話を伺わせていただければ幸いです。

具体的には、
「ゝ社のIT(特にWeb)をもとにしたご発展の経緯について」
「IT活用のメリット・デメリットについて」
「3杏団体とどのような協力関係を築いていらっしゃるのか」の3点について、
お尋ねしたいと思っております

こうしたインタビューを通じて、「大阪府にある中小製造業の情報発信や外部団体との
協力関係」の現状を把握し、中小製造業の課題と可能性について勉強させていただければ
幸いです。

ですって・・・!

しっかりと100%回答させていただきました。(が・・・しっかり伝わったかな?)

中小企業を切り口に、研究をしてくれているのが嬉しいですね〜
もっともっと他の大学や学部において「中小企業」を切り口に研究をしてくれる機会や
場所が増えたらいいですね・・・

ちなみに、彼ら彼女らはこの研究発表を、アメリカに渡りマイクロソフトの本社でおこなう
らしいです!

すごいですね!私たちの時代とはえらい違いです。
羨ましいかぎりですが・・・ 親御さんの負担もたいへんやろな〜と、同じ大学生の娘を
持つ当事者として想像してしまいます(笑)

頑張って素晴らしいレポートをまとめて下さいね〜
期待してますよ〜 

yama1117 at 13:12|PermalinkComments(0)

2012年11月21日

大学コンソーシアム大阪

DSC_2714

NPO法人大学コンソーシアム大阪 さんのカリキュラムで
大阪の4大学から11名の学生さんが来社されました。

メンバーは、留学生が中心です。
韓国、中国、台湾からの留学生、そしてお世話役も兼ねて
日本の大学生達です。

ものづくりの現場は、初めての体験との事。
ならばと、
溶接にも挑戦していただきました(笑)

みんなご機嫌でしたね!

DSC_2709

DSC_2710

そして、1時間ほど、経営理念に込められた想いや覚悟の話、
人材について・・・「教える」ではなく「育てる」、いや「育ち合う」
の考え方をお話させていただきました。

色々な意見交換をさせていただきました。
楽しいひと時です。

追伸
案内役は、同じ年の本山さん
社会人の先輩として、しっかりと案内していました
うれしいものです!


yama1117 at 19:58|PermalinkComments(0)

2011年12月20日

大学での講義

昨日は、阪南大学で寄附講座の講義をしてきました。

テーマは、
条例制定への参画
中小企業振興基本条例づくりと自社経営
良い経営環境をつくる

学生さんにとって難しいテーマです。

中小企業振興基本条例ってなんや?

を、今の世相はなぜこうなったのか・・・

2010年の1年間、1年間を通じて勤務した
給料所得者4552万人のうち、年収200万以下の
人が1045万人(22.9%そのうち女性は42.7%)
もなぜいるのか!

現代日本が抱える経済危機・社会的危機を根本的に
解決するには!

このような世相を変革していかねばならない。

ゆえに!
それぞれの地域の個性に合わせて地方自治体と企業、
住民が協力し合いながら地域再投資力をつくっていく
ことが必要不可欠である・・・

を大東市の地域産業振興基本条例つくりに参画し感じた
事を裏話も交えながら面白く講義したのですが・・・

伝わったかな?

最後に、30年後・・・
君たちの子供が就職活動を始めるとき、
テレビコマーシャルで聞く名前の会社ではなく、
真っ先に「地元の元気な会社に行きたい・・・」
って思い。
親御さんのキミ達もそれを望む世の中にするのが
この条例の目的なんです。
って締めくくりました。


まとめで、担当教授の先生が、
中小企業は地域の「コミュニティー的な役割」とまとめて
くださいました。

後輩達よ!がんばってるね!
(私は1986卒業のOB)
先輩もがんばっていくからね!



yama1117 at 12:52|PermalinkComments(0)

2011年08月10日

やっぱり現場やね〜

DSC_1411

本日、大阪府中小企業家同友会 産業構造研究会で、中小企業での
情勢分析やデーター分析などを担って下さっている、
摂南大学 経済学部 田中先生
そして
大阪商業大学 総合経営学部 粂野先生
高知短期大学 社会科学学科 梅村先生
が、来てくださいました。

山田製作所の業界や自社のたち位置、
リーマンショック以前と以後の経営状況や経営課題解決など
2時間ほど質疑応答の形でお話し合いをしていました。

どうもしっくりこない。先生達も同じ気持ち・・・

そして、現場を見せてくださいのリクエストにお応えして
(リクエストが無くてもお見せしていましたが・・・(笑))
平永佑介君(二十歳)の案内で40分間工場を見てもらいました。

見てもらってすぐ先生達のお顔は満面の笑顔!
「はっきりと分りました!納得しました!感動しました!」

山田製作所の生産に関する考え方と手法、管理に関する考え方と
手法・・・
そしてさらに高い次元の共に育つ企業文化を実感していただけました。

やっぱり先に工場を見てもらわないといけません・・・・!

先生方、お暑い中ご来社ありがとうございました。


yama1117 at 16:12|PermalinkComments(0)

2011年02月12日

キーパーソン会議in東大阪


キーパーソン会議in東大阪に傍聴者として参加してきました。
キーパーソンとは、各地方で中小企業振興施策に熱く燃える
行政マン達のことです。

今回のin東大阪では、大阪ケイオス のメンバーが中心となって
開催されました。

基調講演は、経済産業省 商務情報政策局 サービス政策課の
前田 泰宏氏。
日本全国の中小企業を訪問で駆け回る官僚です。
テーマは、『電流と狂気』
・企業の表彰制度は、行政がリスクと責任をとっておこなう!
・ものづくり企業はものをつくっていない、ものをつくるように見せかけて人をつくっている。
・中小企業の経営者や社員は、自分のやっていることを家族や地域の方々に語る事が大切
・ごく当たり前のことが経営革新
・自分が自分自身に驚く
・限界以上臨界未満に挑戦
・50㎝の革命(無理のない一歩)
元気つけられるそして今やっている事に自信をもらえる講演でした。

行政の裏側、政府の裏側など面白おかしくちょっと辛口で語られる90分は本当に短いものでした。


さぁ!大阪ケイオスのプレゼンです。
「ものづくりをものがたり化」
すべての事業運営には物語がある。輝く社員や企業風土がある。
それを映像コンテンツをもちいて発信しています。

その活動から様々な連携が産まれている事なども報告されていました。


枚岡合金工具株式会社 古芝 義福社長のプレゼンです。
「徹底した3sは、人生の幸福術」
活き活きした人生を楽しむ。それを社会の皆さんに発信しそして共有していくんだ!と熱いプレゼンです。

山田製作所の写真も用いて、大阪からこの3s文化を発信していくことを
宣言されました。

副産物です。
前出の経済産業省の前田課長がCoolJapanにコミットしましょう!
3月の半ばに枚岡合金工具さんと山田製作所を訪問するぞ!
と約束してくれました。

もうすでに影響を与えています!
3S文化の発信です!

大阪ケイオスは大きなうねりを起こす震源地になりつつあります。

yama1117 at 21:37|PermalinkComments(2)

2010年12月19日

就コレ2010



追手門学院で開催されている就コレに来ています。

リンカーンプロジェクトと呼ばれ、
学生による学生の学生のための企業説明会です。

学生が半年間掛けて企業を訪問しインタビューを重ねて来ました。

その企業を学生が学生にPR するのです。
面白い企画ですね〜

参加企業はほとんど同友会の企業です。


田代珈琲さん


yama1117 at 11:22|PermalinkComments(2)

2010年11月02日

地域産業と条例

主催:大東市 市民生活部 産業労働課
共催:大東市産業振興市民会議

で、大東市産業振興シンポジュームが開催されました。

内容は、
・市長挨拶 岡本 日出士市長
・記念講演「未来を切り拓く中小企業」近畿経済産業局 中小企業課長
       山本 陽一氏
・質疑応答
・シンポジューム テーマ 「地域産業振興と条例」
 コーディネーター:大阪産業大学教授 津田 盛之氏
 パネリスト:(株)山田製作所 代表取締役 山田 茂
        野崎参道商店街振興組合 理事長 吉村 悦子氏
        大東市 産業労働課 課長 澤田 芳彦氏
・会場発言
・コーディネーター

会場には、60名ほどの中小企業経営者が集まりました。

私もパネラーとして、大東市に地域産業振興基本条例を制定する
意義や、市民会議で論議された中小企業の役割、存在意義、
企業市民としての責任など語らせていただきました。

大成功で閉会できたと思います。

議会提案ではなく、行政主導ではなく、市民から湧き上がって
制定に向けて論議されている大東市地域産業振興基本条例
日本の各自治体が注目しています。

今後も制定に向けて、そして制定後に向けて活発な論議を重ねて
いかねばなりません。

市民会議のメンバーとして更なる努力をしていきます。

PS
大阪府中小企業家同友会 大東支部会員はじめ多くの皆さんが
応援に駆けつけてくれました。
行政側も大いに感謝され喜ばれていました。     



yama1117 at 23:41|PermalinkComments(0)

2010年10月04日

中同協企業連携推進連絡会



大阪市淀屋橋の阪南大学サテライトに、北は北海道、南は宮崎県から30名の企業経営者が集まっています。

かなりレベルの高い事例や話しが聴けます。
刺激をいただけます。


yama1117 at 15:21|PermalinkComments(0)

2010年08月19日

インターンシップ

来月9月1日から2週間のインターンシップで来てくれる

阪南大学3回生二人が事前面接に来てくれました。

二名のうち一人は女性です。

2週間のカリキュラムは、専務が中心となって製造Grのメンバー

が検討してくれています。

まだまだ暑い9月でしょうが、社会人としての予行練習を

しっかりして帰ってもらいたいですね。

楽しみです!!!!

yama1117 at 16:00|PermalinkComments(0)

2010年06月25日

MOBIOキックオフ!

CIMG5232昨日は、クリエーション・コア東大阪にて、
大阪府ものづくり総合支援拠点“MOBIO
スタートしました。

大阪府の商工労働部 ものづくり支援課が
府庁からクリエーションコアに移転し、大阪ものづくりの総合支援をしていくぞ!です。

橋下知事も駆けつけ、
「行政を(ものづくり支援課)を、ものづくり中小企業皆さんの総合商社と位置づけして下さい!遠慮なしにどんどん営業マンとしてお使いください!」
元気な挨拶をしてはりました。

大阪は、行政と民間企業(中小企業)をもっともっと身近なものにしようと頑張っています。

このフォーラムの後半では、
親しい仲間、
(株)三協製作所 石本さん
(株)共伸技研  加藤さん
らの、〜次世代の経営者が語るネクスト・ステージ〜をテーマに
パネルディスカッションがありました。

今の現状、今のままのやり方では、必ずアジアに負ける!
だから・・・

各社、必死に次の道を模索されています。

刺激を受けました。




yama1117 at 15:30|PermalinkComments(0)

2010年04月22日

大学非常勤講師

CIMG4892今年も地元、大阪産業大学経済学部にて、
「リーダーシップ論」の講義を担当してきました。

もう7年目になりますね。
テーマは、
「工場こそ営業の最大の武器。徹底した3S活動が信頼を生む。現場第1主義を貫くと見える展望」です。

話の中で、就職活動の話も少し語ります。

「せめて、面接時の一瞬だけでも、自分自身を命一杯背伸びさせてほしい」と・・・

「その背伸びは、自分の実力なんだから、その実力を見てもらう心構えが大切だよって」

大いに学び、社会に羽ばたいて下さいね。



yama1117 at 23:49|PermalinkComments(2)

2010年02月18日

今日の見学社は、大学生達

CIMG4449今日は、帝塚山学院大学の学生20名さまが見学に来て下さいました。

主旨は、就職とは・・・?働くとは・・・?

就職活動真っ只中でもう一度確認する目的です。


CIMG4450中小企業という舞台で、社員が組織の先頭に立って活躍している姿を見てもらい、聞いてもらい、テレビコマーシャルで聞く名前の会社だけではなく、多くの輝く企業がいっぱいあることを知っていただく内容です。

山田製作所がその役目を果たせるのか否かは横に置き・・・

しかし、働く意味、みんなで働く意味などを少しだけでも理解してくれたら幸いです。

楽しい見学会でした。


さて、2番目の訪問企業、中井レストラン企画(ドルフィンズ)さんには間にあったかな?
調子にのりすぎ喋り過ぎました・・・(笑)
中井社長 ゴメンなさい!

yama1117 at 12:38|PermalinkComments(3)

2010年01月14日

アンケートの回答

経営者のみなさんにお聞きます。
いろいろなアンケート調査回答依頼がきませんか?

私のもとにも、よくアンケートが郵送で送られてきます。

今日も、3件のアンケートに回答していました。

一つ目は、経済に関してはみなさんがよく読んでいる新聞社から、
「近況の経営環境」に関して。

二つ目は、東京六大学の大学院1校から、「価値ある企業の実態に関わるアンケート調査」(企業の業績や財務諸表に表れない企業の様々な取り組みとの関係)

三つ目は、英国国立大学の大学院で学ぶ日本人学生から修士論文作成のために「知的資産経営報告書(IC報告書)に関する調査」
でした。

いい加減に回答出来ませんので、しっかりと回答しますと2時間くらいかかります。

このよな感じで、年間結構な数のアンケート調査が舞い込みます。


さて、このようなアンケート調査に答えておられますか?

私は、ほとんどのアンケートに回答を返信しています。

なぜか?

アンケートに答えますと、中には会社までインタビューに来られる案件もあります。

新聞社もそうです。
そうすると、会社のことも取材していただき、ほとんどと言っていいほど新聞に記事を載せてくださいます。

近畿経済産業局からのアンケートも、当局が発行する報告書に記載されました。

昔では、国民金融公庫が発行する報告書や、雇用開発協会の企業事例などなど・・・・

これらの記事や報告書が目にとまり、またさらに自社を発信する活字やマスコミ(TV)などになっていくのです。

これらが、企業の評判を高めていき、そして価値を高めていくことになります。

自社の情報を発信する方法として、アンケート調査に回答する。

結構、良い手法です。

これも戦術の一つですね。。。。



yama1117 at 22:57|PermalinkComments(0)

2009年12月18日

10年前に戻る!

今日、大阪府商工労働部 商工振興室 ものづくり支援課の日詰さんが来社してくれました。

今、大阪府下のものづくり企業を精力的に回っておられます。

今日は、中小企業の支援施策に関して、忌憚の無い意見を欲しいということで、色々とディスカッションをしていました。

最近の展示会は、ある企業主催の展示会だけになり出展する側から見ても面白くない事や、大手企業のマッチング会は、価格を下げさす事が目的でダメと思う事など・・・

そんなこんな話の中で感じてきた事は、10年前、山田製作所が一生懸命
大阪府の出先機関 産業振興機構(当時:中小企業振興協会)に出向いて勉強会などに参加していた頃は、参加企業全てが貪欲に情報を得ようとしていた事でした。

当時は、ものづくり企業が学ぶ場所はそう数多くなかったです。
だから、そう感じたのかもしれません。

ものづくり・・・、特に金属加工関係の企業は昨年までの5年間は経営環境はよかったです。
少し浮かれていた感もあります。


10年目の気持ちが少し思い出されました。
反省ですね!

忘れていないつもりなのに・・・
初心を貫いているつもりなのに・・・

やはり全て「つもり」です。

大阪府の行政マンは必死に頑張っています。
それに反応していくのが私達の役目です。

企業と行政が一緒になって元気になっていかねば・・・

10年目に戻るぞ!




yama1117 at 16:54|PermalinkComments(2)

2009年10月26日

山形県で講演して来ます。

今日は、山形大学ものづくり・ひとづくりキャンパスにて、中小企業大学校の「米沢ものづくり若手経営者塾」に登壇して来ます。
 
6回シリーズのトップバッターで、「経営理念を明確にする意義、それを社員と共有し、経営者として実践する方法」のテーマです。
張り切って熱く語って来ますね〜
 
初めて東北新幹線に乗っています。
仙台行きと山形行きがくっついて走るんやね・・・・
 



yama1117 at 11:25|PermalinkComments(2)

2009年06月22日

ものづくり補助金申請

今朝一番、マイドーム大阪に、「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援事業)計画書」を提出しに行きました。一番だったので時間的にはスムーズにいきました。
 
話しが終わり、席を立ち振り向くと6組が申請申し込みをしていました・・・
 
こんな時期だからこそ、
是非とも認定を受け、開発と試作に力を入れたいですね!
 



yama1117 at 15:02|PermalinkComments(0)

2009年06月11日

補助金に挑戦

中小企業施策として補正予算で昨年と比較してかなり多くの補助金施策が今実施されています。
例えば、
?.ものづくり基盤技術の研究開発への支援
?.ものづくり中小企業の試作開発支援
?.公設試等による製品実証等を通じた販路開拓支援
などです。

認定を受けますとそれら計画に関わる費用の100%や2/3の金額が補助金として受け取れます。


さて、これらの施策に対して私たち中小企業はどのように考えるべきなのでしょう!


私の考えは、是非とも挑戦し認定をいただくことに意義があると感じています。
なぜなら、行政(官)の第一線の方々は真剣に地域の中小企業の復興に熱く想いを傾けておられます。そして国の予算を広くPRして色々な企業に利用していただきたいと願っておられます。
しかし!なかなかこのハードルに挑戦しようとする企業が少ない事です。

行政側から見れば、認定を取って行く企業の存在はとても嬉しい存在で、今後も色々と繋がっていきたい企業なのです。

行政と繋がると様々な情報や他の企業さんとのつながりも出来てきます。

だからこそ、山田製作所も
「国際的大規模展示商談会活用事業『出展支援事業』」「大阪府ものづくり優良企業表彰」や「日本モノつくり元気企業300社」に挑戦し認定や表彰を受けています。

大阪府や近畿経済産業省から見ればやる気のある企業と見てくれるわけです。
だから認定を受けることに意義があるのです。

行政の想いを真摯に受けて、挑戦していく企業にならなければならないですね!
山田製作所はまだまだ挑戦が足りません。

現在、西松税理士・中小企業診断士事務所
   西松あゆみ所長の協力も得ながら、補助金申請に取組んでいます。
今、やらなければならない事に挑戦していきましょう!





yama1117 at 22:37|PermalinkComments(2)