環境経営

2015年11月14日

消防訓練

IMG_3315

IMG_3306

IMG_3323

IMG_3318

2年に1回は、おこなっている消防訓練です。

119番の訓縁
避難訓練
消火訓練
救急訓練

やはり訓縁を重ねることが大切とわかる時間です

今回は、生憎AEDの人形が他方に出ていて
実施訓練はできませんでしたけど、何回も
受けてるので、質疑応答も多くの質問が出ます。

これも訓練を重ねている成果ですね・・・


 

yama1117 at 14:34|PermalinkComments(0)

2013年02月23日

嬉しいお返事!

今日嬉しいお知らせが届きました。

一緒に大阪府中小企業家同友会で
経営の勉強しあっている
上島珈琲貿易さん
第16回環境コミュニケーション大賞
環境レポート部門の奨励賞を受賞されました!
   
 環境活動レポート

お祝いのメールをさし上げました。

返信に嬉しいコメントをいただきました。

--------------------------------------------------------
 
山田さん

ありがとうございます。そして、感謝です!
 
実は、同友会に入会してまもない頃に、山田さんの会社への
見学をお願いしたときに
私が「2回に分けてお邪魔したいのですが?」とお聞きしたときに
山田さんから「あかん!一回でまとまっておいで!!」と、一喝。
 
これが私に本気で取り組むことの大切さが育まれた瞬間でした。
 
そして見学当日に、わたしと全社員が 同じ時間・同じ空間・同じものを見て感じたこととは
山田製作所さんの社員さんから見せ付けられた「全員でやる」姿でした。
このことが、我が社の社員にも違和感無く「全員でやる」が受け入れられた瞬間でした!
 
今回の受賞も、3S(整理・整頓・清掃)から、エコアクション21から「出来ることは何でもやる!」を実践した結果です!
また、同友会会員のたくさんのお手本にさせていただいた皆さんのお陰です。感謝です!

スタートしたばかりでまだまだですが、引き続き頑張ってまいりますので、皆さん宜しくお願い致します。

マック上島淳史

-------------------------------------------------------------------------

中小企業同士が切磋琢磨する。

そのひとつの事例のような気がします。
いや、そうなんだと確信します。

私達も負けじとがんばっていきますね!

ありがとうございました。
 


yama1117 at 09:00|PermalinkComments(0)

2010年06月05日

環境経営を楽しく!

26d61825.jpg昨日は、山田製作所の環境管理責任者である鈴木係長と、EA21(エコアクション21)のガイドライン改定説明会に参加してきました。

楽しみは、説明会後の懇親会です。

EA21認証取得スクールの卒業生が集まって情報交換会です。

6年前にこのスクールが初めて開催された時のに山田製作所は学び認証取得しました。

その後は、世話役としてお手伝いをさせていただいています。

スクールで一緒に学び、一緒に環境経営について楽しく話し会える仲間がいることは嬉しいものです。


yama1117 at 12:41|PermalinkComments(0)

2010年05月14日

公開 エコアクション21中間審査

CIMG4977今日は、エコアクション21の維持審査でした。

2005年に認証取得ですので、登録審査を含めると、6回目の審査になります。

審査内容も、「改善」を中心に審査が進んでいきます。


CIMG4979さて、写真を見ていただいてお分かりのように、今回は公開審査という形にさせていただきました。

同友会の2009年度EA21スクールを受講されてまもなく審査を受審されようとする3社10名さんがオブザーバーで見学です。

こっちもちょっと緊張しますね。
環境管理責任者の鈴木係長も大変やったと思います(笑)

無事に指摘事項ゼロで審査を終了しました。
2010年度も環境経営の継続的改善に取組んでいきます。

CIMG4981審査終了後、オブザーバーも含めて、
審査人の飯田講師に「リスクってなんや?」のテーマで勉強会を開催していただきました。







yama1117 at 22:55|PermalinkComments(0)

2010年05月13日

環境経営デー

CIMG4976今日は
神奈川県からお客さんが「徹底した3S」「TPM活動」に関して見学に
来られ、マテリアルフロー会計について意見交換。

13:00から社内の環境委員会の会議で月次の環境活動について
報告事項や討議事項で論議。

17:00からは同友会の環境経営分科会で今期の活動日程を話し合い。

そして明日は、環境マネジメントシステム(EA21)の中間審査受審。

環境経営に関する話し合いや打ち合わせが偶然重なった日でした。

さぁ!
明日は、公開で第三者を招き、エコアクション21の中間審査です。

楽しみです。

yama1117 at 23:37|PermalinkComments(0)

2010年04月23日

DoYuEco

CIMG4894昨日は、大阪府中小企業家第53回定期総会でした。

総会に先立って、表彰があるのですが、
山田製作所は、二つの表彰をいただきました。


これを励みに、また今年もがんばっていきます!


yama1117 at 16:20|PermalinkComments(0)

2010年03月20日

町内の清掃にイザ出陣!

CIMG4628今日は、土曜日です。
定例の3S活動がおこなわれます。
3時から1時間は、ウォッチングがおこなわれ、そして4時から工場の横にある市民グランド周辺の清掃に出かけました。

ゴミ袋とトングを手にして、右回りと左回りの二班に分かれてレッツGO〜!

CIMG4630
意外とゴミは落ちていません。
ご近所さんや少年野球チームの方々が日頃からキレイに清掃されているのかな〜?

とりあえず、公園で集めたゴミと一緒に集合写真。

CIMG4652ならば!と町内に足をのばすぞ〜!

すると、道沿いや側溝には吸殻や空き缶のポイ捨てがいっぱいです。

CIMG4647


CIMG4657
少し汗ばむくらいの陽気でした。
会社に帰って、再度今日の成果を前で集合です。

「気持ちよかったな〜」
って声が上がります。


これも3S。
そして環境活動。

ご機嫌な1時間です。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 18:04|PermalinkComments(2)

2010年03月10日

環境フェスティバル

CIMG4527ずらりと並んだ環境活動レポートです。

大阪府中小企業家同友会の環境部会環境経営分科会で運営している、環境レポート大賞を選ぶため事務局のエレベーターホール前に、エントリー各社の環境活動レポートが置かれています。

事務局を訪れた会員が、「面白い」(黄色)、「見やすい」(青)、「わかりやすい」(赤色)の基準で、その色のシールをペタペタとケースに張って投票をします。

山田製作所のレポートもいい感じで投票をいただいています。
これも外部評価の一つです。

嬉しいですね!



yama1117 at 20:00|PermalinkComments(0)

2009年12月08日

環境経営分科会

同友会の環境経営分科会のメンバーです。
 
5年前は、私1人だけでしたが、過去6年間運営主催してきた、エコアクション21スクールの卒業生が一人二人と参加してくれて活性化しています。
 
今日も、エコアクション21のスクールが昼から開催されていましたが、朝の8時30分には数社が集まり講師陣と復習とチェックをされていました。
 
年々、環境経営に対しての意識が高まっています。
 
 



yama1117 at 20:11|PermalinkComments(0)

2009年10月01日

エコアクション21更新審査

CIMG3217本日は、EA21(エコアクション21)の更新審査でした。

4年が経ち、2回目の更新審査です。
徹底した3S活動とISO9001をどう環境マネジメントシステムとリンクさせるか・・・
の視点で審査していただきました。

残念ながらひとつ法規規制に関して指摘事項が出ましたが、今後のいいテーマとして是正及び改善していきます。

CIMG3220

毎年、恒例にしています、審査後の環境講習会を審査人の飯田講師にしていただきました。「汚染」「リスク」のテーマです。

EA21審査の良いところです。
審査人が講習会をしていただけるのですから・・・

次回の審査は、認証取得を目指す企業にオブザーバーとして来ていただき、公開審査をする計画も立てました。

しっかりと環境経営を推進していかねばなりません!
がんばろ!



yama1117 at 22:07|PermalinkComments(0)

2009年09月15日

環境経営の季節がやってきました

 
今年も今日から、大阪同友会 環境部会 環境経営分科会が運営するエコアクション21スクールが始まりました。
 
今年で6年目になります。
 
1年目の受講生で認証取得したのが経緯で、このスクールの運営に携わっています。
 
 
初めの頃は受講企業を募集するのに苦労したのですが、年々環境に関する意識の高まりで受講企業が増え、今年は机椅子が足らないくらいの盛況です。
 
確実に環境経営に動いています。
 
山田製作所も更新審査が迫っています。
環境経営システムの継続的改善を実行していかねばなりません。



yama1117 at 22:43|PermalinkComments(0)

2009年06月29日

環境経営分科会

本日は、大阪府中小企業家同友会 環境部会 環境経営分科会主催の
エコアクション21(EA21)スクール
のプレセミナーでした。

また、今年もこの時期がやって来ました。

2004年に0期生として受講したのが環境経営に取り組事になった始まりです。
その後、2005年に認証取得して、このスクールの世話人代表を務めてきました。

5年前の受講社は、10数社でしたが、年々環境経営への意識が高まり、
今日なんかは50社近くが集まりました。

5年前は、あまりピンとこなかった「環境と経営」のキーワードが、
どんどん形となって見える時代になってきた証拠です。

「持続可能な社会つくり」の為に、自社は何ができるのか?
私たち中小企業が出来る小さな事が、大きなうねりを生み私たちの孫の時代に
素晴らしい環境を残すことが出来るのだと感じます。

経営者として、人として…
「環境経営」を考える時代であるのは間違いありません。



写真は、プレセミナーあとに開催された。
0期生〜4期生までの同窓会です。
エコクイズや、講師の落語などとても楽しい会です。
もちろん各社の取組など情報交換がうれしいです。
090629

yama1117 at 23:22|PermalinkComments(0)

2009年06月17日

不都合な真実

月曜日のYMS会議(ヤマダマネジメントシステム会議)では、先月に続けて、元ゴア副大統領の「不都合な真実」を全員で鑑賞勉強会です。
 
鑑賞の後は、全員で会社として個人としてなにができるのか?すぐにできることはなにか?など討論会です。
エコアクション21の認証企業として、さらに深く考え行動していかねばなりませんね。
 
 
次の日、協力企業さんへ自転車で向かう専務
 
4キロの道のりを歩いて来た村田さん
 
活動が広がっています。



yama1117 at 17:03|PermalinkComments(0)

2009年06月15日

エコアクション委員会

お昼から、社内のエコアクション委員会が開催されています。
 
エアコンのルールなどの見直しが盛んに議論されています。
 
3S活動での「誰いつメモ」の中でエコポイントをカウントできる仕組み作りが大きなテーマです。
 
室温に関しては、断熱材
効果を期待したいですね。
 
 



yama1117 at 13:36|PermalinkComments(0)

2009年04月21日

環境植樹祭

090421a今日の15:00からは、大阪府中小企業家同友会 環境部会でおこなった環境コンペ『DoYuEco』の植樹祭でした。

環境大賞企業はじめ、コンペ参加者が集い、コンペで削減したCO2の量を換算してそれに値する苗木を大阪府八尾市の高安山中腹の市民の森に植樹してきました。


090421b昨年は、熊本同友会さんに協力していただき、熊本同友の森に苗木を50本植樹させていただきました。

今年は、地元大阪の山に私たちの手で直接植えることが出来てとてもうれしいです。

私は、このコンペを運営する環境経営分科会長をさせていただいています。

この5月で、4年間務めた分科会長も無事交代することが出来ます。
最後の仕事として形に残せるモノが出来てうれしい限りです。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 18:41|PermalinkComments(0)

2009年03月10日

エコアクション21スクール

090310今日は、昨年の9月から7回シリーズで開催しました大阪府中小企業家同友会 環境部会 環境経営分科会が主旨するエコアクション認証取得スクールの最終日でした。

今期で、5期が修了した事になります。
年々、環境経営への意識が高まり、受講される企業のやる気を感じます。

運営側としても、楽しい7ヶ月間でした。

既に、審査申請を提出される受講企業が続々と出ています。

このスクールを通じて、大阪から環境経営を発信できればと思っています。

受講の皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 22:01|PermalinkComments(0)

2009年02月18日

環境報告書つくりは、企業危機にも対応できる

090218今日は、NPO法人EE-ネットと大阪同友会環境部会の合同例会にて、「環境報告書つくりは、企業危機にも対応できる」のテーマで少しだけお話してきました。

お話したかったのは、財務諸表だけが会社の信用を示す物ではないということです。

環境活動報告書や、もちろん経営指針書をしっかり発信していく事はとても重要なことです。

この活動が、いつの間にか行政や政府機関の目に届き、取り上げられる企業に変身していきます。

もちろん、お客様もしっかりと見ているのが、このような報告書です。

財務諸表には出てこない、自社の強みを表すことが重要ですね!




yama1117 at 18:51|PermalinkComments(0)

2009年01月22日

環境経営運動の全国展開

本日14:00から17:00まで、西は九州大分・福岡から東は東京から、委員が大阪の同友会事務局に集まり、中小企業家同友会全国協議会(中同協)地球環境委員会 CO2削減作業部会に参加していました。

全国40000名強の同友会会員を通じて、環境経営運動をどう広めていくか、
そのために行なう、DOYUECO-ACT(ドウユウエコアクション)(仮称)をどうアピールしていくか、などを委員長、部会長のリードで意見交換を行ないます。

※DOYUECO-ACT(ドウユウエコアクション)(仮称)とは、
 事業所で使用された「電気」「燃料」「水道」「自己の取組」を1年間記録し、エコ活動計画を立てて、次年度どれだけCO2が削減出来るかを、企業の体質改善につなげようという活動

山田製作所もエコアクション21の認証企業でCO2削減に取組んでいますが、しかし、まだまだ内容は甘いです。

本日の委員の皆さんの意見を聞いて反省しました。
方針展開の中で行動計画に環境経営への再取組が上がっています。

私が旗を振ってリダーシップを発揮しなければいけません。






090121昨年10月に発売された「新よくわかるエコアクション21」に山田製作所が紹介されています。(本の宣伝です)







よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 19:09|PermalinkComments(0)

2008年11月11日

環境経営システム

環境経営システム エコアクション21(EA21)のスクールです。
世話人として、頑張っています。



yama1117 at 23:57|PermalinkComments(0)

2008年10月06日

エコアクション21中間審査と環境研修会

081006今日は、EA21の中間審査でした。

認証取得して、3年目が経ちました。
審査でまだ、バタバタとしているところもありますが、日頃の徹底した3Sが環境経営であります。自信を持って活動は出来ているのですが、しかし継続的改善を考えると環境活動の進歩は遅いです。
反省です。

ということで!
審査人を務めていただく宇田環境研究所の宇田所長にレクチャーをお願いしました。
昨年も、審査終了後に全社員対象に環境経営研修をしていただいています。

今日は、「低炭素社会への動き、食品事故から学ぶ品質管理」のテーマで研修をしていただきました。
医薬向、食品向けタンクやミキサーを手がける当社にとっては、身が引き締まる内容でした。

環境経営をさらに進め、社会的責任を果たしていかなくてはいけません。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ






yama1117 at 22:42|PermalinkComments(0)

2008年09月01日

環境配慮経営への取組実践事例

080901aまもなく、エコアクション21(EA21)の中間審査の時期になります。

まだまだ、熱心に環境についての全社的活動は出来ていないのですが、
しかし、日頃私たちが行なっている「徹底した3S活動」を通して、環境経営につながっていると自負しています。

その、山田製作所の活動を、近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課さんが、まとめた平成19年度環境経営・ビジネス促進調査
「地域における中堅・中小企業の環境配慮経営に資するための啓発促進調査」報告書

080901b実践事例に学ぶ!
中堅・中小企業の環境配慮経営への取組
−中堅・中小企業における環境と経済の両立に向けた経営活動事例調査−
に掲載されています。

在庫を置かない。必要なものしか買わない。使う分しか買わない。

調査の取材時に、MFCA(マテリアルフローコスト会計)について教えていただきました。

環境経営とは、日々事業活動の中で取組む効率化を視点を変えて見つめれば
080901c立派な環境経営活動になっている場合がほとんどだと思います。
ただし、そこには「徹底とことん」に意味がありますけど・・・

中堅企業に混じって、小さな山田製作所が実践事例に取り上げらています。
この山田製作所の特徴を更に強みにして行かねばなりません。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 19:44|PermalinkComments(1)

2008年05月16日

環境・地域に優しい循環型企業つくり

今日は、所属する大阪同友会の環境部会の総会でした。
環境部会では、環境経営分科会の会長を務めさせていただいています。

さて、その総会での基調講演では、北海道同友会帯広支部前支部長の
株式会社ウエスタン 代表取締役 落合 洋さまの講演を聞いてきました。

昭和59年にバイキング式焼肉店で創業し、現在では食品の小売スーパーや酒販を行なうグループ売上100億円を計上する企業に成長されています。

その企業活動の中での特徴は、平成14年に環境推進部を設立させ、離農者の3000坪の畑を借り無農薬野菜を栽培し、地産地消(自社の食材)を実践。

全グループから出る食品の残りを帯広畜産大学と共同研究し堆肥化を進め。

年間34000リットル出る食廃油をバイオディーゼル燃料に精製し、北海道全体にある自社店舗への輸送トラックや乗用車にすべて利用し。

月間1トン排出する発泡スチロールを自社で粉砕し大手科学メーカーに出荷。

バイキングレストランで出る割り箸を木炭化し様々な分野で利用されています。

100億円の企業になるとどんどんいろいろな手が打てると感心するのですが、しかしそれだけでは、何も学びにはなりません。

この環境活動(環境経営)を通じて、社員さんを育てておられるのです。

廃棄物は、乱暴に廃棄すれば使い物になりません。少し手間隙を掛けて廃棄しなければなりません。そこに「何のために」にも気付きます。

その本質を深く探っていくと、仕事の誇り、地域に役立つ自分の存在に気付くのだと思います。

大きな目標をまた見つけました。
北海道だけにとてつもなくデカイ目標です。




yama1117 at 23:52|PermalinkComments(0)

2008年02月18日

中小企業の環境配慮経営

今日は、近畿経済産業局資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課からお二人、そして調査を委託されている株式会社地域計画研究所さまが、

「地域における中堅・中小企業の環境配慮経営に資するための啓発促進調査」
として、山田製作所にインタビューに来られました。

内容は、
・山田製作所における環境配慮経営の促進についての方針・考え方・取り組み内容等について
・環境負荷低減やコスト削減、環境配慮経営の手法等についての方針、考え、具体的な取り組み状況・内容について
・環境配慮経営に取り組んだ経緯、きっかけについて
・導入時の課題・苦労、ポイント、などについて
・導入後の効果(環境負荷低減、排出削減やコストダウン)などについて
・環境配慮経営の推進に向けた今後の方針や課題、望む支援策について
・環境配慮経営の推進にあたっての今後の取り組み方針、課題や対応事項など、国・自治体の支援策に対する要望について
・等など
でした。

山田製作所は、徹底した3S活動を追求する事により、理にかなった生産の仕方に
発展して行き、EA21を認証取得する学びの中から、徹底した3S活動は、
環境配慮経営だと気付いていった過程を説明させていただきました。

 中小零細企業にとって「環境経営」というとなかなかピンと来ないのですが、
視点を変えると、コスト削減のための“コピー用紙の裏紙利用”は、立派な環境
活動であり、日常を見渡せば意外と環境経営を行なってきていることに気付きます。

それらを毎日意識することにより環境配慮経営への意識付けが出来ていくのだと感
じます。
 
「もったいない」=「環境経営」と気付く事が中小零細企業にとって一番意識付けがしやすいのかな?と感じています。

「徹底した3S活動」=「環境経営」
現場を見ていただき、理解と納得をしていただいたと思います。

たかが3S、されど3Sですね。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 17:28|PermalinkComments(0)