今日の見学社は、韓国から今日の見学社

2013年07月17日

「強靭」とは、strongではなくresilience

image

先週末は、中小企業家同友会全国協議会の総会にて
宮崎市に行っていました。

総会ですので、同友会運動=企業つくり・地域つくり・組織つくり
に関わる議案書を基に17の分科会に分かれて様々な切り口で
学びあいます。

今年のスローガンは、
「情勢を切り開く強じんな企業づくりを地域に広げよう」
〜企業づくり・地域づくり・同友会づくりを一体として地域の再生と復興を〜
です。

さて、今回の二日間を通じて一番心に残った言葉は、
「Resilience」(レジリエンス)です。

経済産業省中小企業庁次長の挨拶の中で出てきた言葉です。

スローガンの中でも謳われる「強靭」を英訳した言葉です。
私達は、よく「強靭な企業を作ろう!」など、この言葉を
発しています。

強靭=強い(ストロング)と云う意味合いで口にしていました。

違うんですね!
Resilience(レジリエンス)=しなやかさの意味だったんです。
困難な状況に陥っても、へこたれず変化にしなやかに対応していく
しなやかで折れない心という意味だと学びました。

私達、中小企業を取り巻く経営環境は本当に厳しいものです。
その状況にあっても、情勢の変化にしなやかに対応していく・・・
これが「強靭」と云うことです。

我社も問われています。
強靭な経営体質をしっかりつくっていかねばなりません!

 

yama1117 at 09:27│Comments(0) 中小企業家同友会 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の見学社は、韓国から今日の見学社