2012年10月12日

自分より若い母の顔

今日は、母の祥月命日です。

1986年10月12日没ですので、もう28年なんですね〜

クモ膜下出血で、あっという間に逝ってしまいました。

亡くなったのが47歳。

仏壇にある写真は、まもなく50歳になる私より若い母の顔です。

生きていれば、75歳

どんなおばあちゃんになっていたのでしょうか・・・

今日は、母を思い出しながらの一日にします。


yama1117 at 09:52│Comments(2)家族 

この記事へのコメント

1. Posted by 赤いランドセル   2012年11月27日 22:23
生きていれば、

とてもお美しいおばあちゃまに
なって、
若い頃と変わらず、
周囲の人々を温かく
迎えてくれているのでは…

と、これは赤いランドセルの
勝手な想像ですが。

時々かすかに覚えている
工場の風景が
なんとも言えず懐かしく
思い出され

明日への力になるときが
あります。

この世にいらっしゃらなくても
その優しさや想いは
ずーっと生き続けています。

合掌




2. Posted by 山田 茂   2012年11月29日 21:36
赤いランドセル さん
こんにちは!

いつもコメントありがとうございます。

母はよく
「孫に女の子が産まれたら、
いっぱい可愛い洋服を買って、
着せ替え人形みたいにしたい!」って
言っていました(笑)

私には、3人の娘ができています。

母が、生きていれば・・・

着せ替え人形のようになっていたのに・・・です。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字