今日の見学社贈る側がワクワク

2011年12月20日

大学での講義

昨日は、阪南大学で寄附講座の講義をしてきました。

テーマは、
条例制定への参画
中小企業振興基本条例づくりと自社経営
良い経営環境をつくる

学生さんにとって難しいテーマです。

中小企業振興基本条例ってなんや?

を、今の世相はなぜこうなったのか・・・

2010年の1年間、1年間を通じて勤務した
給料所得者4552万人のうち、年収200万以下の
人が1045万人(22.9%そのうち女性は42.7%)
もなぜいるのか!

現代日本が抱える経済危機・社会的危機を根本的に
解決するには!

このような世相を変革していかねばならない。

ゆえに!
それぞれの地域の個性に合わせて地方自治体と企業、
住民が協力し合いながら地域再投資力をつくっていく
ことが必要不可欠である・・・

を大東市の地域産業振興基本条例つくりに参画し感じた
事を裏話も交えながら面白く講義したのですが・・・

伝わったかな?

最後に、30年後・・・
君たちの子供が就職活動を始めるとき、
テレビコマーシャルで聞く名前の会社ではなく、
真っ先に「地元の元気な会社に行きたい・・・」
って思い。
親御さんのキミ達もそれを望む世の中にするのが
この条例の目的なんです。
って締めくくりました。


まとめで、担当教授の先生が、
中小企業は地域の「コミュニティー的な役割」とまとめて
くださいました。

後輩達よ!がんばってるね!
(私は1986卒業のOB)
先輩もがんばっていくからね!



yama1117 at 12:52│Comments(0)産官学連携 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の見学社贈る側がワクワク