今日の見学社は10カ国30名様厳しい指摘が飛び交います

2011年06月24日

好ましい企業風土は経営者が裸になること

DSC_1230

昨晩の、大阪府中小企業家同友会 大東支部例会です。

報告者は、田代珈琲株式会社 代表取締役 田代 和弘さん

テーマは、
「田代流 三位一体の経営とは!?」
〜経営指針との出会い苦難と実践の果てに見えてきたものとは!?〜

三位一体とは、経営指針+社員共育+新卒雇用です。

田代さんとは、もう10年以上 お互いの経営指針書と決算書を
持ち寄り経営をチェックし合う最も信頼のおける経営者仲間です。

昨晩は、この10年間の企業変革プロセスを赤裸々に語っていただきました。

最初の3年間、
経営者仲間に見せる為だけに毎年つくった経営指針書
ゆえに、外部要因への戦略ばかりで内部要因の企業風土を高める
ものは乏しく、落とし込むやり方

次の3年間は、
社員を巻き込みながら成文化していく経営指針書。売上は上がったが
ますます悪化する職場環境。
「もっと売上が上がったら職場環境は改善するんや!と社員を叱咤する
表面だけで社員とつくった就業規則。まったく労働環境は改善できず、
社員が辞めていく・・・
本気で取組んでいない自分に気づいた!

この3年間、
経営者の本気の労働環境改善姿勢から社員全員が真剣に考えるように・・・
新卒雇用への挑戦!
「あきらめない完熟共育」教育方針を宣言!
社員の明確な目標を示す成長評価制度に挑戦。

ここで、「正しい経営戦略」と「好ましい企業風土」がつながった!

正しい経営をしようとすればするほど、嘘をついていた経営者(自分)に
気づく。
その「ウソつきカード」を1枚1枚・・・社員に正直出していく。

経営者が社員に嘘をついているかぎり、社員は本気でこの会社を良くしようと
は絶対思わない。すべての嘘を社員に吐き出すことが大事。
経営者が裸になる!

好ましい企業風土は経営者が裸になること!

ここ数年、中米や南米そしてインドネシア・・・
何度も何度も珈琲豆の買い付けに飛び回る!
スペシャルティー珈琲の代名詞を田代珈琲が担う。

社員7名+パート14名の会社に関西で優秀な大学生が多く採用試験に応募する会社に
そこには、社員全員で「あきらめない完熟共育」を追求する企業文化が根ざしているから。

成長評価・人間関係・労働環境
この3つにストレスがない企業をさらに追求する裸の経営者。
カッコいいものです!



yama1117 at 19:33│Comments(0) 中小企業家同友会 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の見学社は10カ国30名様厳しい指摘が飛び交います