2011年06月08日

もしドラ

DSC_1152

皆さんご存知の
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの
『マネジメント』を読んだら
著者:岩崎夏海  2009年12月初版
です。

親しい経営者仲間から借りて今週から読み出しました。

面白いですね!今半分まで読んだところですが、
経営者として、マネジメントを日常の業務とする者として
反省させられることがいっぱいです。

ちょっと高校生に負けているところが悔しくもなりますけど(笑)

人材の能力をどう高めるか・・・
さらに見えない潜在能力をどう引き出すか・・・

中小企業経営者にとって一番重要な仕事です。

しかし、なかなかわかっていても・・・

高校生の野球部をケーススタディーにしてマネジャーとしての
PDCAをわかりやすく描くこの本は、少しだけ勉強してわかった
つもりでマネジメントを日々おこなっている私たち中小企業経営者に
問題提起してくれる本ですね。



最後は、やはりここに戻ってきます。

人を管理する能力、議長役や面接の能力を学ぶ事はできる。
管理体制、昇進制度、報奨制度を通じて人材開発に有効な
方策を講ずることもできる。だがそれだけでは十分ではない。
根本的な資質が必要である。真摯さである。
ドラッカーのマネジメント(エッセンシャル版)P130

yama1117 at 10:54│Comments(0)個人 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字