お酒をちょこっと企業訪問会

2011年04月11日

一流の人間は、始末ができる

読んでいる本に、「一流の人間は、始末ができる」という
くだりが出てきました。

一流とはもちろん、人として一流という意味です。

「始末ができる」
自分で出したゴミを片付ける
靴を揃える
席を立つときイスを戻す

こんなことからが「始末」

そして、
仕事で失敗した、ミスをした、お客様に迷惑をかけた・・・
こういう時に実力が試されるのが「始末」

言い換えれば、人間性が試されるのが「始末」


東北の陸前高田において、
岩手県中小企業家同友会気仙沼支部合同入社式が開催されました。

新入社員を代表して決意表明に立った細谷理沙さんは、「陸前高田が壊滅的だと知り、職場を一番心配していました。新聞で新入社員の内定取り消しという記事を拝見し、私もどうなるのだろうか、と不安にもなりました。しかし、会社は再興させると連絡をいただきました。
大きな被害を受けたにも関わらず、私たちを採用していただき、心から感謝しています。
『復興するぞ!』という社長の言葉にとても勇気をもらい、社員の皆さんと協力して頑張ろうという気持ちが強くなり、絶対に復興させようと思いました。この震災を乗り越え、また活気ある気仙に戻ることを信じ、これからの活動に精一杯取り組んでいきます」と宣言。
会場は割れんばかりの拍手が続き、いつまでも鳴り止みませんでした。
(岩手県中小企業家同友会事務局長のレポート抜粋)

「一流の人間の始末」
迎える経営者と社員。そして新しく挑む新入社員
会社も機械も全て流された状況下でも・・・

この「始末」胸にとどめていきます。



yama1117 at 17:34│Comments(1)つぶやき 

この記事へのコメント

1. Posted by ヒナ   2011年04月14日 13:22
「一流の人間は始末が出来る」
この言葉に刺激を受けました。
仕事での失敗やミスを自分で始末できると・・・。
辛いという感情だけでなく、達成感が大きいのではないかと感じます。

自分で受け止め自分で解決するということは大事なことですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お酒をちょこっと企業訪問会