Wish Poem今日の見学社

2011年02月17日

三位一体

三位一体という言葉があります。

キリスト教の言葉と来ていますが、

大切な三つの行ないとか、三つの相乗効果とか、三つでひとつ、など
色々なシーンで使われる言葉です。

企業成長条件の「三位一体」
私はこう聞かされています。それは、
「経営指針(経営理念・方針・計画)の成文化」
「社員教育(共育)」
「新卒雇用」
です。

山田製作所の場合の入り口は、「経営指針の成文化」でした。
2001年に経営理念を確立し、そして毎年毎年中期経営方針及び計画を成文化してきました。

経営指針を進めていくためには、社員と共にこの経営指針書を毎年つくり直す必要性に気付きます。

そうなると社員全員で実践していくのですから社員教育の重要性に気づいていきます。

ベテランが中堅に中堅が若手にOJTを中心とした共育の仕組が出来てきます。

そうすると人材育成の風土が芽生えてきました。

ここで気づいたのが、若手は誰にOJTしていくのか?です。

やっと新卒雇用にたどり着いたのです。

この新卒雇用には大きな副産物があります。

それは、新卒社員を教育する先輩社員がすごいスピードで成長することです。真っ白な新卒社員を必死になって教えていく。

まさしく共育の姿がありました。

三位一体です。つながりました。点が線になりました。


たまたま山田製作所のスタートは経営指針でした。

他の企業では、新卒雇用がスタートとなり他の二つに進んでいく場合もあるでしょう。

三位一体に入り口は三つあります。

進む順番も様々です。

この点が線としてつながった時に企業が動き出したと感じる時なのだと思っています。

yama1117 at 23:12│Comments(0)社員と会社 | つぶやき

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Wish Poem今日の見学社