不安感と危機感反省会

2010年11月14日

市民文化講座



今日は大阪府大東市立中央図書館主催の文化講演会(市民講座)の講師で登檀してきました。

参加者は大半がシニアの方々です。

テーマは『地域で輝く中小企業〜不況を生き抜く町工場の挑戦』

内容は、やはり【中小企業における労使の見解】です。

この11年間で気づいた、「社員と共に…育つ」きっかけになった出来事を事例を紹介しながら語ります。

一緒に涙を流しながら聴いてくださいました。

中小企業の存在意義、役割を少しは理解してくださったと感じます。

市民の方々と企業家が一緒にこの大東市を教育の観点から考えていきたいものです。




yama1117 at 19:11│Comments(2)大東市 | 地域

この記事へのコメント

1. Posted by 山田社長を密かに崇拝する男   2010年11月15日 15:04
初めまして。本日拝聴させていただいたものです。(36歳、男)中小企業で管理職をしております。(同族ではありません)実は2003年に貴社を見学させていただいた事があります。本日のお話にもありました「チャレンジシート」等、取り組み始めたところでした。しかし、以降、紆余曲折があり、この流れは全くなくなりました。時を経まして2010年、3Sの大切さを個人的に改めて認識し、課員にも教育の必要があると思ったとき、ふと、貴社の事を思い出し、見学時の資料を探したところ、「ありました!」7年も経っていますし、何回か整理した記憶があったので不安でしたが、やっぱりどこか気になっていたのでしょうね。さて、早速、これを元に教育用の資料を作成したと共に、「近況は?」と思い、貴社のホームページを拝見したところ、ここで感動。「言い意味で当時と何も変わっていない!やり続けている!」(弊社の朝礼でも話してしまいました)それからと言うもの、毎日ブログのチェックをしておりましたところ、今回の講演のお知らせ。「社長は有名だし、(まして無料だし、定員もあるし、大東市民じゃないし、」などと思いながらダメ元で申し込んだところOKとのことで、この度となりました。実は私、当日、微熱気味で「行くのちょっとしんどいな」と思っていたのですがチャリンココキコキ30分。お話が進むにつれ、そんなの何処吹く風。聞き入ってしまいました。とにかく、「行って良かったな〜」と、今なら変な話、山田教の教祖でも通用します。私、入信します(笑)       長くなりましたが、またお会いできる事を祈りながら、いや、実は終了後、お声掛けだけでもさせていただこうかな、と思ったのですが複数の「親父殿」に囲まれておられましたので遠慮。(本当はシャイなので話しかけられなかっただけです) 
本当に有意義なお時間を頂き、有り難う御座いました。
2. Posted by 山田 茂   2010年11月15日 17:46
密かに崇拝してくださっている男 さま
こんにちは!

昨日の市民講座に来てくださってありがとうございました。

昨日は、私もなぜか気合が入りましたね(笑)
それはやはり聴かれている方々の空気がそうさせてくれたのでしょうね・・・

ほとんどの方が70歳くらいかな?
人生の苦労をかみ締めてこられた方々は学ぶ姿勢が違いますね!どこからでも学ぶぞ〜!っという気迫さえ感じました。

さて、そうですか〜
徹底した3Sに再挑戦されますか・・・
頑張って下さい!

またチャンスがあれば見学訪問して下さい。

では、ありがとうございました。
寒くなるようですね・・・
お体ご自愛下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
不安感と危機感反省会