今日の見学社広島で熱く語っています。

2010年07月29日

「もっと叱って下さい!怒ってくれてもいい!」

CIMG5786昨晩は、私が経営の勉強をする
中小企業家同友会タ大東支部の月例会
でした。

報告者は、私が尊敬する経営者の一人
関西金属工業株式会社 美馬さんです。

経営者団体の組織運営などのリーダーシップをどう発揮していくか、どのような形で組織をまとめていくのか、説得していくのか・・・
その見本を示してくれる経営者です。


CIMG5787報告内容は、自社の現状や経営課題を赤裸々に出していただき、私たちに問題提起を投げかけていただきました。

社員さんとの問題のくだりでのお話で、
社員と面談していて云われた事をあげておられました。

それは、
「社長!もっと社員を叱ってほしい!」
です。

今まで、社員を叱るとか怒ることをしてこなかった。
でも、考えている事をストレートに口に出す。すぐに口に出す。
この大切さを気づかされた・・・
と、報告されていました。

つい、数ヶ月前も親しい会社にお邪魔した時、そこの部長さんに
社長に対しての注文はないですか?と質問した時に、
「社員に対して、もっと感情を出してほしい!怒っている姿を見たことが
ない!見せてほしい」とおっしゃっていました。

山田製作所では、ありえない意見です(笑)
私はすぐに口に出します!時には感情的に・・・

でも、むやみに叱っている怒っている訳ではありません。
基準があります。
それは、全員で決めたルールと照らし合わせての判断です。
ルールと書きましたが、『皆で決めた想い』に沿っているかどうかが
基準になります。

この点は、「徹底した3S」で鍛えられたことなのだと感じています。

さて、
山田製作所の社員にこの主旨の質問をすると・・・
「社長、もうちょっと怒るのを待って下さい!今しようとしてたのに〜」
って答えるでしょうね(笑)

いい頃合はどこなんでしょう?


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の見学社広島で熱く語っています。