国立印刷局 虎の門工場にて猪鍋パーティー

2010年03月06日

国立印刷局にて続き・・・

昨日は、独立行政法人 国立印刷局 虎の門工場にて、
「徹底した3S活動による経営革新」のテーマで、2時間
講演をさせていただきました。

場所は、日本の中枢の霞ヶ関。
国立印刷局と言えば、銀行券(お札)や郵便切手やパスポートなどを
印刷しているところ・・・

そして、虎の門工場は、官報(国が発行する唯一の法令公布の
機関紙)を中心に、行政情報をとても短いリードタイムで印刷している
ところです。

講演の前に、工程順に各部署を見学させていただきました。
どの部屋も入るごとにセキュリティーが必要です。

工程ごとの作業はもちろん最新鋭のIT技術を駆使されていますが、
しかし、それを操る方々のスキルはまさしく職人的な技術です。

虎の門工場では、現在480名ほどが従事されているらしいですが、
まさしく、「ものづくり企業」の雰囲気が漂う、とてもなじみやすい
感じがしました。

「虎の門魂」をもつ一人ひとりが集まって仕事に邁進している力強い
姿が存在していました。

虎の門のF工場長とは、昨年の「中災坊トップセミナー」でお会いしたの
がご縁です。

そして、すぐに幹部の皆様で山田製作所に来て下さいました
F工場長の行動力にはびっくりですね!

F工場長は、「うちの職員全員は全力を出して日夜働いている、
だから個々の存在意義を感じれる工場にするのが私の使命なんです」
と語られます・・・「経営者の経営姿勢」です。

国立印刷局 虎の門工場の皆さん、ありがとうございました。
私こそいい勉強をさせていただきました。

追伸、
懇親会や二次会ごちそう様でした!
とても嬉しく思います。

yama1117 at 20:13│Comments(0)経営の勉強会 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
国立印刷局 虎の門工場にて猪鍋パーティー