今日の見学社は、中国から今日の見学社は、ロシアから

2010年03月03日

近畿圏女性部合同例会

 
奈良に、近畿圏の同友会女性部が128名集まり、合同例会が
おこなわれました。

女性部ではないのですが、私も参加させていただきました。
(参加は、もちろん男性もOK)

中小企業家同友会全国協議会相談役幹事の赤石さんが、
『今、求められるもの!!〜4つの提言を未来につなぐ』をテーマに
報告です。

(報告レジュメより)
4つの提言とは、
・生活者の視点を大事にして経営に当たっていただきたい
・草の根経済活性化の原動力になっていただきたい
・平和の担い手になっていただきたい
・原点活動を重視していただきた
と、女性経営者に
経営問題でないところから、経営者のあり方と経営課題を考える
ことを問題提起です。

「生活者」とは「三つの素朴な視点」をもとに、すべての人々にとって
「生きる、くらしを守る、人間らしく生きる」をより確かに出来る社会を
切望し、自覚的にその実現に向かって努力する人々
したがって、「生活者の視点」とは、全ての人にとって「生きる、くらしを
守る、人間らしく生きる」をより確かにという待望に応える視点であり、
その実現を目指して自覚的に行動し実践していく視点。

※「三つの素朴な願い」とは、  
・かけがえのない命を大切にしたい。健康でありたい。与えられた命を
全うしたい(させたい
・かけがえのない人生だから悔いのないように生きたい。
・だけど、世間からつまはじきされたり、後ろ指を指されるような生き方
はしたくない。当てにされるような、誇りを持って働けるような生き方で
ありたい。

今、私は「地域」のキーワードで、地元行政と一緒になって「中小企業
産業振興基本条例」の検討をしています。

では、「生活者の視点」で「地域」を考えた場合どうなのかを質問しま
した。

若い者が、ここで結婚し、ここで住み、ここで子供をつくり、ここで子供
を育てたい!だからここで働きたい!という街をつくること。
ゆえにここに仕事がなければならない。
ゆえにそこで暮らせる仕事つくりをしなければならない。

山田製作所も、もっともっと「三つの素朴な願い」をみなで確認し合い
それに基づいた経営指針を確立し成文化していこう・・・・

私は、もっともっと社員の声を聴かなければならない・・・・


yama1117 at 23:51│Comments(0)中小企業家同友会 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の見学社は、中国から今日の見学社は、ロシアから