長刀鉾大工方棟梁経営指針確立成文化セミナー 理念コース

2009年09月25日

休日出勤は甘え?

 明日の土曜日も休業です。

連休がある9月は本来なら第2土曜日しか土曜日の
休みはないのですが、今年は土曜日を全休にして
雇用調整助成金申請をしています。

雇用調整助成金は6月から申請し第1土曜日第3土曜日も
休日にしました。
しかし、休業日の賃金は100%保証しています。
だから、その日に全員会社に出てきて、勉強会や徹底した3Sを
しよう!と8月まで休業なんですが従来と変わらない出勤体制が
続いていました。

しかし、何かおかしい?
メリハリが・・・
危機感が・・・
張り詰めていない。

仕事量が非常に少ない状況です。
本来なら10日でできる仕事を15日かけて作るような雰囲気が
充満しています。
さらに、休業と決めてもその休業日の土曜日にも会社に出てきて
現場で作業している・・・
さらに、メリハリがなくなる・・・
さらに、危機感が薄れる・・・

何かおかしい!
休業保証を100%保証し全員で勉強しようや!と活気つけた
はずなのに・・・
何かおかしい!


6月、同友会で一緒に学ぶ、中小企業診断士・税理士の仲間に
「休業日に全員で勉強会を開いているよ!」と少し自慢気味に
話した時に、

「その様に、雇用調整の休業日に勉強会や3Sをするのもありだと
思います。しかし、思い切って休む事も意義があります。
ただでさえ、製造現場はのんびりした雰囲気になっています。
頑張れ!といってもやはり人間です。難しいものです。
だから、休んで稼動時間を少なくするのです。そうすれば、仕事も
3Sも少なくなった稼働時間内で進めていかなければなりません。
この状態がメリハリをつけるのです・・・」
と話されました。

その時は、その意見もあるな〜と理解はしましたが納得までは、
していませんでした。
しかし、やはりその意見は正解だったと感じます。

土曜日現場に出ればやはり職人です。仕事にも手をつけてしまいます。
すると、やはり気持ちは土曜日もあるから・・・と甘えが出ます。

今、必要なのはメリハリです。
完全に休むことによりメリハリをつけるのです。


昔、まだ、雑務も間接業務も私や専務がすべておこなっていた頃、
日曜日に会社に出てきて済ませていました。

でも、よく話していました。
「日頃、頑張って完結させなければいけない仕事を、休みに出てきて
やればいいやと・・・これって甘えていることやなぁ〜と」

その言葉を思い出します。
自分自身がメリハリがありません。
反省です。

私は、今週連休後半の22日23日も会社に出ていました。
甘えていますね〜



yama1117 at 23:48│Comments(3)社員と会社 

この記事へのコメント

1. Posted by 坂本晋一   2009年09月26日 10:32
山田さん

こんにちわ!久々にコメントさせていただきます。
文面を拝見してハッとしました、おっしゃる通りですね。
私も日頃出来ない仕事は、休日に出社してやればええと、ついつい時間管理が疎かになっていました。
与えられた時間内で集中して仕事をこなし、休むときはしっかり休んでメリハリをつける。
気づきをいただきました、ありがとうございます。
感謝!!
2. Posted by KUMAKICHI   2009年09月26日 12:34
経営者って24時間会社の事をいつもいつも考えていますよね。
わたしもそうです。

でもそれが結局いつでもできる〜の甘えにつながっていたのですね。

私も気付きをいただきました。
ありがとうございます!!!!

3. Posted by 山田 茂   2009年09月26日 14:24
坂本さん
KUMAKICHIさん
こんにちは!

「休日に出てやればいいや〜」は、
結局課題を先送りしているですよね・・・

ビルゲイツであろうが私達であろうが時間は
(24時間/日)平等に与えられていますものね。

甘えるのはいけませんね・・・
ガンバロ。。。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
長刀鉾大工方棟梁経営指針確立成文化セミナー 理念コース