HappyBirthdayやっぱり、採用活動

2009年08月31日

リンゲルマン効果

 私が目指す経営者の1人である、大阪府中小企業家同友会 代表理事 中島幸子さん(N総合会計)から毎月ご本人が執筆される「ちょっと一言」というエッセーを送っていただいています。
土曜日に9月1日号が手元に届きました。

今の私にとっては、とても興味のあるそして考えなければならないテーマでしたのでご紹介します。
(原文のままです)


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 8月4目は税理士試験第一日目でした。21人中12人が試験休暇、5人の副担当者は、9時半以降の出勤です。9時から始まる朝礼は私を含めたったの4人。経営理念、全体方針、商品コンセプト、挨拶コンセプト、それに6つの数値目標を大きな声で唱和することから朝礼がスタートします。
 いつもは、ちょっと忘れてしまった箇所は、口をつぐんでやりすごしていても、この目はそうはいきません。一人の声が全体に大きく影響するからです。いつも以上に良い緊張感を持って唱和することができました。そういえば、所員のUが3分間スピーチで「リンゲルマン効果」の話をしてくれたのを思い出しました。以下はUのスピーチです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
約100年前に、ドイツの心理学者リンゲルマンは、綱引きの実験を行いました。一人が綱引きするときと、二人が一緒に綱引きをするとき、そして、綱引きに参加する人数が増えるたびに個人が発揮するカに、どのような差が生まれるか調べる実験でした。
もし綱引きにシナジー効果(1+1=2+α)が適用されれば、綱引きに参加する人が増えるたびに、より大きなカが発揮されることになります。しかし、予想とは裏腹の結果が出ました。2人で構成されたグループは期待値の93%、3人で構成されたグループは85%、8人で構成されたグループは49%のカしか発揮されなかったのです。
つまり、参加する人数が増えるほど、個人の貢献度が落ちる現象が発生しているのです。これは、単独で働くときより集団の状況で働くほうが、個人の努力が相対的に劣るからです。
では、なぜ、集団に属したときにカが十分に発揮されないのでしょうか。最大の理由は、チーム内で自分の存在感を認識できないからです。自分の努力で綱引きの勝敗が決まるわけでもないので最善を尽くす必要が無い、という理屈が成立しているわけです。
では、リンゲルマン効果をなくすためには、どうずればよいのでしょうか。まず、「自分一人くらい」という考えを「自分がいなければだめだ」という風に変える必要があります。つまり、担当する職務と個人の役割に対して大きなプライドが感じられるようにする必要があります。いくら些細な仕事でも、組織にいる個人が業務の意味を理解し、さらに、所属部署の位置づけについて明確に理解すれば、従業員のプライドは回復し、プライドがモチベーションの基盤になります。人の潜在意識を理解したうえで方針を掲げる必要があると思うと共に、自分もプライドを持って仕事をしていかねばと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
当所も9月から新しい所員を迎えます。経営者として望むのは当然シナジー効果です。人数が増えても、一人一人が事務所での存在意義を明確に理解し、自分の仕事に誇りとやりがいを持っていきいき働いてくれる組織にしなければと思っている次第です。
(中島幸子)
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「人の潜在意識を理解したうえで・・・」
潜在意識を見てあげる、一緒になって見つめる。
その努力を怠っている自分に反省します。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 08:00│Comments(2) 社員と会社 

この記事へのコメント

1. Posted by kumikichi   2009年09月01日 12:47
こんにちは。
当社にも中島様よりお便りを送っていただいています。
当社の今朝の朝礼で、この一言を披露し、今月は自己の可能性をいかに発揮するか考えようと提言しました。朝礼の議事録にも添付してもらいました。
第8期の第一四半期のまとめの月柄です。
数字は横に置いておいて、まずは行動から変えようと言いました。
来月はにっこりできるといいのですが・・・・
2. Posted by 山田 茂   2009年09月03日 22:11
kumikichiさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。

「リンゲルマン効果」
考えるところが多くある問題提起ですね!

自己の可能性をいかに発揮するか・・・
リーダーの大きな仕事ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
HappyBirthdayやっぱり、採用活動