ティン・カーベル障がい者雇用について

2009年05月27日

耐えて、粘って、諦めず

090527本日は、枚岡合金工具株式会社さんで、私たちが自ら組織する「大阪リエンジニアリング研究会」の121回目の勉強会でした。

講師の大山繁喜先生から、
「耐えて、粘って、諦めず」の言葉がありました。

本当にその言葉の意味をしっかりと受け止めてこの情勢を突破していかねばなりません。

そのために
PI(プロダクトイノベーション)=製品を変える
MI(マインドイノベーション)=心を変える
PI(プロセスイノベーション)=造りかたを変える
に取組んでいます。

「製品を変える」とは、大手企業なら新製品開発なのでしょうが、私たち零細企業にとれば、新規開拓になるでしょう。

「心を変える」とは、まさしく徹底した3Sによる企業文化の構築です。これには自信があります。

「造りかたを変える」とは、いかにリードタイムを短縮させるのか。今の造りかたをもう一度考えてみよう!です。


耐えて、粘って、諦めず

この言葉を徹底的に追求していかねばなりません。


yama1117 at 23:57│Comments(0) 徹底した3S活動 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ティン・カーベル障がい者雇用について