展示会出展案内です!「半ケツとゴミ拾い」

2009年05月09日

厳しい経営会議

今日は、経営会議でした。

会議の冒頭に、月次決算の報告と質疑応答が終わってから

経営指針書の中の、目標チャレンジシート(行動プランシート)

の進捗報告が各委員会と個人から発表されます。


発表は、口頭だけではなく、資料を伴う発表でなければなりません。

実践の証拠を示すためです。


今日の発表に対して、私はいつも以上に指摘をしていきました。

クレームをつけていった訳です。


「なぜ、いま口頭で述べた事が資料に書かれていないのか!」

「指導者は、報告書にしっかり目を通したのか」

「○○の表が出来たではダメ!仕組み作りが目標でしょう!」

「完成した手順書を、なぜ早く掲示しない!出来ていないのと一緒だ!」

などなど・・・

社員の皆は、いつも以上に厳しい〜と感じていました。


最後に、なぜ厳しい指摘をしたのか?を説明しました。

本業のモノづくりでも、間延びした仕事が目につきます。

仕事量が激減し時間がある為に、追われることなく進むため

時間がかかっている気持ちは理解できます。

しかし!

こんな時期だからこそ、最高のスピードに挑戦していかねばならないのです。

毎日のように「今だから出来る事をしっかりしていこう!」と皆が言っている

のに・・・

「出来ること」とは、整理をした、整頓をした、清掃をした ではありません。

「仕組み」を作るのが大切なのです。

山田製作所の徹底した3Sは、この「仕組み」を評価していただいているのです!

もっともっと高い次元で職場の改善を考えてないと!!


この事をしっかり確認し合う為に、今日の会議だったと思います。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ







yama1117 at 19:39│Comments(0) 社員と会社 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
展示会出展案内です!「半ケツとゴミ拾い」