判官びいき?大阪ものづくり優良企業賞2008表彰式

2009年01月26日

社内勉強会

090126a月1回開かれる社内勉強会です。
専務が講師になって、図面の見方や重量計算など全社員が残って勉強し合っています。

今日は、専務が現場でスケッチしてきたポンチ絵を三角法の図面に書き直す想定です。


090126c黙々と方眼用紙とホワイトボードに視線を向けて鉛筆を走らせています。

40分かかって全員が書き終えました。

それから専務の解説が・・・


材質の指示が無い、寸法線の太さが紛らわしい、中心線は突き抜けているか、
径の違う穴は別の寸法線が必要、などなど・・・

細かな(意地悪な(笑))指摘がなされます。


それだけでは、終わりません!
図面が正式に書けた後・・・

図面を見るのではなく、図面を“読む”のブレーンストーミングです。
山田製作所では、図面は“見る”ではなく“読む”といいます。

図面をみて、
曲げれるのか?、曲げれるのなら先にあけた穴は変形しないか?、仕上げは?、
マイナス公差はどの範囲で?

情報から注意しなければいけないところや、組み付けで予測される不具合なども出し合っていきます。

感性を高める練習ですね!


毎月行なわれる
カンニングもOK!和気あいあいの勉強会です!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 18:48│Comments(0)社員と会社 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
判官びいき?大阪ものづくり優良企業賞2008表彰式