5年後の理想像社内勉強会

2009年01月25日

判官びいき?

今日は、大阪女子マラソンでした。
マラソンファンではないのですが、やはり舞台が大阪だけに興味がわきます。

昨年は、福士加代子選手が最後転倒しながらもゴールしたシーンが思い出されます。

今年は、30キロ手前から、渋井選手と赤羽選手がデットヒートを繰りひろげました。
しかし、すぐ渋井選手脚力が勝り赤羽選手はついていくことが出来ませんでした。

私は、赤羽選手を応援していました。
5千メートルと1万メートルのオリンピック選手が、子供が生まれたのを機会にマラソンを走る決意をし、専属コーチであるご主人と二人三脚でこの大阪女子マラソンに挑戦しました。

もう、この話だけで私は応援してしまいます。
途中、専属コーチでご主人のアドバイスと声援が飛んでいるシーンもテレビに映るとこちらも一緒になって「がんばれ!」です。

でも、渋井選手の脚力が勝りました。
残念ですが・・・。
でも、立派な2位です。ゴールしてご主人の胸にとび込みました。嬉しいシーンでした。

本当は、選手ひとり一人に色々な物語があるのでしょうね。

精一杯自分の限界に挑むアスリートの姿はカッコいいものです。


PS.
白鵬も本割では、快勝したのですが、決定戦では…
一生懸命練習をしている横綱に、3場所休場している横綱を倒してほしかった

しかし、勝った朝青龍も立派です!


yama1117 at 23:00│Comments(0)つぶやき | 個人

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
5年後の理想像社内勉強会