経営計画危機感を伝える

2009年01月22日

環境経営運動の全国展開

本日14:00から17:00まで、西は九州大分・福岡から東は東京から、委員が大阪の同友会事務局に集まり、中小企業家同友会全国協議会(中同協)地球環境委員会 CO2削減作業部会に参加していました。

全国40000名強の同友会会員を通じて、環境経営運動をどう広めていくか、
そのために行なう、DOYUECO-ACT(ドウユウエコアクション)(仮称)をどうアピールしていくか、などを委員長、部会長のリードで意見交換を行ないます。

※DOYUECO-ACT(ドウユウエコアクション)(仮称)とは、
 事業所で使用された「電気」「燃料」「水道」「自己の取組」を1年間記録し、エコ活動計画を立てて、次年度どれだけCO2が削減出来るかを、企業の体質改善につなげようという活動

山田製作所もエコアクション21の認証企業でCO2削減に取組んでいますが、しかし、まだまだ内容は甘いです。

本日の委員の皆さんの意見を聞いて反省しました。
方針展開の中で行動計画に環境経営への再取組が上がっています。

私が旗を振ってリダーシップを発揮しなければいけません。






090121昨年10月に発売された「新よくわかるエコアクション21」に山田製作所が紹介されています。(本の宣伝です)







よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経営計画危機感を伝える