一泊方針策定の準備41期経営方針策定会議 1 日目

2009年01月09日

娘からインタビュー

 昨晩、高校2年生の長女がインタビューしたいので応えて欲しいと依頼がありまし

た。

 なんでも、「変化」というテーマで、英文で作文を書く学校内のコンテストがある

とのことです。

そして選んだ題材が、「骨髄移植ドナー経験者として何を感じ変化したのか」との事

です。

昨年、このブログでも紹介しましたが、私は骨髄バンクに登録し、過去2回骨髄移植ドナーとして

骨髄を提供しています。


インタビューは、なぜドナー登録をしたのか。そしてバンクから適合候補者として

の通知が来たときの心境。コーディネートが進む時にわかること。そして移植手術入

院の5日間で感じた事。移植後半年たったある日届いた患者さんからの手紙に嬉涙を流

したこと。そして10年余りたった時に再度移植の機会が訪れ2度目の手術に挑んだ心境

と気付いたこと。など等・・・・を話しました。


患者さんからの手紙のくだりでは、涙して聞いてくれていました。

私も決して忘れない事柄なのですが、しかし、日常では頭から離れている思い出です。

昨晩、インタビューのおかげで、あのときの気持ちを思い出すことが出来ました。

インタビューも嬉しかったし、回想できたことも嬉しかったです。


PS、
私の話に聞き入って、メモを取っていない長女・・・

一通り終わってからも聞き取り調査が再度続きました・・・

寝たのは24:30過ぎてからです・・・(オイオイ)


【追記です】
この数日後、なんとサプライズです。「ここを見て下さい
へぇ〜たいしたもんやね・・・


yama1117 at 19:07│Comments(3)家族 

この記事へのコメント

1. Posted by hasimoto   2009年01月10日 09:32
何度も、読み返し1回目より2回目、2回目より3回目と涙を止めるのに難儀しました。骨髄バンクの内容もさることながら、親子の関係、やり取りなどを想像するだけでも感動しました。ブログを拝見していつも思うことは、家族愛、経営観、社会観、など
多岐に渡り私には考えも及んでいないことを痛感に
感じております。今後も心の師として勉強させて戴きます。
2. Posted by 坂本晋一   2009年01月10日 09:49
山田さん

おはようございます。遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。私も橋本先輩と同感です、「素晴らしい人間力」の一言で片付けたくないです。「世の中のお役に立つ人生」私が目指していることです。それを実現することがこの世に生を授けてくれた両親への最高の親孝行になると思います、コメント書いてると眼から汗が出てきたのでこのくらいにしときます。
何を食べたら山田さんのような人間力が身に付くのか教えて下さい。
3. Posted by 山田 茂   2009年01月11日 17:40
橋本さん
坂本さん
こんにちは! 今年もよろしくお願いします。

コメントありがとうございます。

骨髄移植は、私もいい話 と思っていますが・・・
これに関する親子の会話ですが、文字にするとカッコよく見えますが、実際は・・・?(笑)
凸凹親子でお互い頑張ります

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一泊方針策定の準備41期経営方針策定会議 1 日目