「経営ってなに?」を教える?決死の覚悟 必死の覚悟

2008年12月18日

社員は、あなたの会社でなければダメだと思って働いていますか?

タイトルは、本日の同友会の例会で行ったグループ討論のテーマです。

さて、どんな会社でしょうか?と討論がはじまりました。


社員が生き生きと働いている会社
なぜ?生き生き?
社員がこの会社でなければダメだ!と思うと同時に経営者が今いてくれている社員じゃなければダメだ!と思っているか?
信頼関係が出来ているか?
信頼関係とは相互関係だからお互いが信頼し合っている関係でなければならない。
では、そんな経営者とは?
カリスマを持っている?
方向を示すことができている。
夢を語る事が出来ている。

では、カリスマとは?方向を示すとは?夢とは?

そのためには、
経営者自身が、自社の存在価値に自信を持っている。
自社は何を担って社会に存在意義を示している。
私たちの仕事は誇りある仕事だと自信を持っている。
これらの事がないと、社員はやりがいや生きがいなんて感じることなんてできない。

その為に、経営者の経営姿勢が出発点になるのではないか!


このような経営環境の今、もう一度、経営理念を見つめなおし、自社は何を担っているのか!をしかりと確認しなければなりません。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「経営ってなに?」を教える?決死の覚悟 必死の覚悟