経営者の仕事を考える大阪ものづくり優良企業賞2008に挑戦

2008年09月11日

事業継承と相続問題

昨晩、中小企業家同友会東大阪東支部の幹事会終了後、多くの役員と共に、幹事で一緒に経営の学び合っている H金属工業 Hさんの先代(会長)のお通夜に参列させていただきました。

その後、12名ほどの役員で食事をしました。
話題は、相続や事業継承の話になります。

数年前に先代が亡くなり事業継承した人、まだ私みたいに先代が元気にしている人、次の継承を考えなければならない人・・・
すでに継承した場合でも、闘病期間に継承できた人、突発的な継承だった人・・・

そして事業継承だけでなく、親子の相続、兄弟との関係など・・・
様々な体験や、予想されることなどの話が出てきます。

信頼関係で結ばれた経営者仲間だからこそ、突っ込んだ話ができます。


Hさんも、同友会仲間の経験から色々と学ばれ準備をしたと言われています。
生きた体験は、本当の学びになります。


Hさんは、支部内では増強部長というリーダーです。
6月に先代のご病気が発覚したのですが、日々の経営を進めながら、事業継承の準備、そして同友会活動も先頭に立って活動されていました。
「責任者」という真の意味を私たちに見せてくれた3ヶ月です。

先代社長の御冥福をお祈りすると同時に、Hさんの姿勢に敬意を表意ます。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ








Hさんは、東大阪東支部では、増強活動の要である増強部長をされています。


yama1117 at 19:33│Comments(0) 経営の勉強会 | 中小企業家同友会

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経営者の仕事を考える大阪ものづくり優良企業賞2008に挑戦