障害者雇用地元の産業振興

2008年06月19日

毅然とした姿勢

080619家に帰ると、写真の本がありました。
ペットのしつけの仕方の本です。
パラパラと走り読みしました。
要は、飼い主が毅然とした姿勢で接することを書かれています。


今日、経営者仲間の話を聞いていました。
昔、不用意なそして中途半端な姿勢で社員を攻めた事がきっかけでその社員が辞めたことを悔いているとの事です。

犬と人間を一緒にする訳ではありませんが、
毅然とした姿勢で、なぜダメだったのかを理解させ納得させる努力が絶対大切な事だと感じます。

その為に経営者は、公私共に自分を律する姿勢が不可欠であると思うのです。

yama1117 at 23:39│Comments(4)経営の勉強会 

この記事へのコメント

1. Posted by まあどんな娘(こ)   2008年06月20日 04:54
主人と衝突する度に…いろいろ考えてしまいます。

少し疲れてしまいました。
2. Posted by hiro   2008年06月20日 20:32
社長さんこんばんは

仰るとおりですね
自分が毅然とした姿勢を私の部分でも持ってるかと言われたらかなり微妙なんですが・・・

3. Posted by 山田 茂   2008年06月21日 07:24
まあどんな娘(こ) さん
こんにちは!

どうしたんですか?

色々と手法に関しては、考え方も違ってくる
と思います・・・
しかし、目的(何のために経営しているのか)
は、同じはずです。

家庭でのパートナー、会社でのパートナー
大変でしょうが・・・人生です。
4. Posted by 山田 茂   2008年06月21日 07:26
hiro さん

こんにちは!
体調どうですか?

御商売は順調のようですね!
たいしたもんです!

「社員との信頼関係」
経営者にとって永遠のテーマですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
障害者雇用地元の産業振興