今日の見学社作業日報より・・・

2008年06月11日

自分自身で掲げる目標の大切さ

「めあて」「目標」という言葉がありますが、会社や他人から与えられたモノではなく、自分自身でそれを設定しそして挑戦し やり続け やりきる人は、なかなかいません。

その目標を誰にも言わなければ、諦めても、サボっても誰にも叱られないからです。

この自分自身で目標を掲げ、やり続け、やりきる人を「自主的な人」「主体性のある人」と言うのだと思います。

さて、毎月、顧問税理士事務所さんからいただく、倫理法人会「職場の教養」の6月号に下記の紹介がありました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

脳科学者の茂木健一郎さんは、脳科学に基づいて「ギリギリの難しい目標を設定する

意義」を次のように述べています。

「脳が一番喜ぶのは、全力でやってギリギリできるくらい難しさの仕事に取組む場合

です。達成できると、脳内でドーパミンという報酬物質が出て脳が喜び、直前にやっ

ていた行動回路が強化されます。『強化学習』といって物事が上達するコツです」

また、「自分に楽をさせようと思うと成長しないため、ビジネスマンもアスリートで

あるべき。成功しているビジネスマンは、全力で疾走していって達成できるか出来な

いかというレベルを目標に設定する人が多いようです」と言います。

会計上で損益分岐点があるのと同様に、職場で働く私たちには成長分岐点がありま

す。低い目標では、力を弱めてしまいます。成長分岐点を上回る目標を達成してこ

そ、「確実な成長」を周囲が認め、自分が実感できるのです。目標を掲げたら達成し

ましょう。何歳になっても人はせいちょうできるのですから。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

山田製作所の社員(もちろん私も含む)は、

「全力でやってギリギリできるくらいの難しい仕事(目標)」

に取り組んでいますか!

もう一度、自分自身の目標チャレンジシートの真の目的を見つめなおそう!


yama1117 at 23:39│Comments(2)社員と会社 

この記事へのコメント

1. Posted by まあどんな娘(こ)   2008年06月12日 05:00
目標ですか。
年頭に挨拶と共に子ども達と今年の抱負を発表しあったのですが自分の今年の目標…なんだっけ思い出せません。

書かなくてはだめですね。
2. Posted by 山田 茂   2008年06月12日 21:49
まあどんな娘(こ)さん
こんにちは!

成文化(明文化)する事は、とても意義がありま
すね。
今からでも、後半に向けて抱負を文章にするのも
遅くはないのでは・・・

目標は、達成するためにある。
しかし、その前に追究していく
目的「何のために」が必要です。

お互い頑張りましょう!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の見学社作業日報より・・・