経営指針確立成文化マニュアル改定作業仕事を抜けて娘の体育祭へ行ってきました。

2008年06月05日

ビル・ゲイツのスピーチ「学校では教えてくれない人生に役立つ11のルール」

bed61f8dビル・ゲイツがあるハイスクールでスピーチをした、「学校では教えてくれない人生に役立つ11のルール」というものを見つけました。




---------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.人生は公平ではない。それに慣れよ。

2.世界は君の自尊心を気にかけてはくれない。君の気分に関係なく世界は君が仕事
 を終わらせることを期待している。

3.高校を出てすぐ6万ドルの年収を稼ぎはしない。携帯電話(当時は高かった)を持っ
 た副社長にもならない。自分で両方を稼ぎ出すまでは。

4.先生が厳しすぎると思うなら、上司を持ってみろ。

5.ハンバーガーを引っくり返すということは沽券(こけん)にかかわることではない
 君たちの祖父母はハンバーガーを引っくり返すことを別の表現を使った。それは
 チャンスと呼ばれた。

6.君が失敗したらそれは両親のせいではない。文句を言わずに学べ。

7.君らが生まれる前は、君らの両親は今のように退屈な人たちではなかった。そん
 な風になったのは、君らのために支払いをし、服を洗い、君らがどんなにいけて
 るか、という自慢を聞いているうちにそうなったのだ。親の時代から生存する寄
 生虫から森を守る前に、自分の洋服ダンスのダニ駆除から始めよう。

8.学校は勝者・敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。学校によっ
 ては君が落ちこぼれないようにしてくれたり、正しい答えが導き出せるまで、
 何度でも機会をくれる。実際の人生とは全く似ても似つかない。

9.人生は学期ごとに分けられていない。夏休みは無いし、ほとんどの雇用主は君が
 自分を見出すことに興味を持たない。それは自分の時間にやれ。

10.テレビは本当の人生ではない。 現実では、人は喫茶店にいつまでもいられるわ
 けはなく、仕事に行かなくてはいけないのだ。

11.オタクには親切にしよう。彼らの下で働く可能性が高い。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

日本の文化では少し?と感じる部分もありますが・・・

自分自身のコメントを下記に記しました。
欧米と日本の文化(考え)が少し違いますね・・・

1.今の格差社会を見ると的を得ているのか・・・
2.私は、仕事への姿勢に期待します
3.社会人は、ゼロからの努力
4.同感!
5.意味?
6.まさしく同感!
7.まず自分の仕事を一生懸命に!
8.その通りだ、でも中小企業は育てていきます!
9.自分を見出す社員と一緒に喜びたい!
10.仕事を通じて人は成長します
11.オタク=ビル・ゲイツなのでしょうね。
 オタクで世界1の資産家でも、パソコンではなく経営オタクだったのでしょうね!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 20:01│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by hiro   2008年06月05日 20:19
大成功者の言葉は深い・・・深すぎるのか文化の違いか私にも意味不明のところがありました
今度、社長さんのスピーチでよく喋る法則とかあったら是非聴いてみたいです。
2. Posted by まあどんな娘(こ)   2008年06月06日 05:49
5 『11のルール』ビル.ゲイツ編と山田社長編どちらも良いですね。拡大コピーして事務所に貼らせてもらっても良いですか?
3. Posted by 山田 茂   2008年06月07日 18:15
hiroさん
こんにちは!

社長のスピーチは長い!と言う法則でしょうか?
確かに長いです。
私も長いとよく言われます。

でも、それくらいじゃないと・・・
リーダーなんだから
4. Posted by 山田 茂   2008年06月07日 18:17
まあどんな娘(こ)さん
こんにちは!

別に許可なんて・・・
私もよそのページからコピペしたものですので…

しかし、日米文化の違いをここからも
感じることが出来ますね・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経営指針確立成文化マニュアル改定作業仕事を抜けて娘の体育祭へ行ってきました。