環境・地域に優しい循環型企業つくり誰?

2008年05月17日

役員研修会

本日は、朝の10:00〜夕方17:00まで中小企業家同友会大阪東ブロック役員の研修会でした。

毎年、新役員やベテラン役員が一緒になっての研修なのです。
(けっして大変なものではありません。楽しい内容です)


新役員には、役員とは、役員に期待されるもの、自社経営にどう結びつくのか等を学ぶのですが・・・

では、ベテラン役員は何を学ぶ?


ここが、大切なところです。

同友会には、理念がしっかりと成文化されています。
その理念からぶれずに活動していたからこそ、全国で40000名の経営絵者が学び、51年(大阪は今年50周年)の歴史を持っているのだと感じます。

これを自社経営にそのまま当てはめると・・・

自社で、毎年幹部社員はじめ社員研修を行なっているか?

山田製作所も考えて考え抜いた経営理念があります。
それを毎年、社員に向けて研修を行なっているか?です。

わかっているから・・・、知っているから・・・

人の理解は、いろいろな経験や知識でどんどん膨らみ変化もしていきます。

それは、それでいいことです。

しかし、それを1年に1回は全員で確認しあうことが必要なんですね。


年々、研修会にベテラン役員の姿が少なくなっています。
しかし、研修会を通じて、何のための研修会なのかを深く学ぶと、
自社はどうなんだ?と、反省もし、明日からの実践する力を養う事が出来るのです。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
環境・地域に優しい循環型企業つくり誰?