今日の見学社経営者は教育者でなければならない!

2008年05月13日

中国の大地震

中国南西部の四川省発生した大地震で死者が1万人に迫っているとテレビや新聞が伝えている。

中でも学校の倒壊による生徒や教師らの生き埋めが相次いでいるのには心が痛む。

胡錦濤国家主席も温家宝首相をトップとする地震対策救援総指揮部を発足させて、被害を最小限に止めるように号令をかけているそうだが、早く全世界に救援の要請を出すべきではないかと考えてしまう。

しかし、規模が大きすぎる。

阪神淡路大震災で、神戸は局地的な大きな被災を受けたが、報道によると今回の中国での地震の断層規模は、阪神淡路の20〜30倍の規模と報じていた。

阪神地区の方々も人事ではなくテレビの報道にやきもきしていることだろう。

中国に対して、色々な問題や不満は大いにある日常だが、しかし、今はチベット問題も横に置き、人道支援を最優先事項で世界からの援助をしなければならないと感じる。

しかし、地球は何を訴えたいのか・・・

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 20:31│Comments(1)個人 

この記事へのコメント

1. Posted by 坂本晋一   2008年05月14日 06:40
山田さん

おはようございます。
おっしゃる通りです、人道的見地からも全世界より救援せねばなりません。今朝我が家では衣類の救援物資を送る話をしたところです。私も中国には延べ日数で2年間くらい滞在していますので人ごととは思えません。昔発生した鳥インフルエンザやサーズのときも感じたのですが、地球(自然界)はあまりにも早く開発しすぎる人類に対しての警告を発しているのだと思います!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の見学社経営者は教育者でなければならない!