経営指針確立成文化セミナー2日目今日の見学社

2008年03月24日

メイ・カイ・エン でとれる ホウ・レン・ソウ

 私たち経営者は、社員に対して「報告しろ」「連絡しろ」「相談しろ」と
口やかましく言っていますね。「報・連・相」は社会人、ビジネスマンの常識やろ!
と・・・。

 でも、なぜ満足いく報告や連絡がこないのか、ましてや相談なんて皆無。

それは、「的確な命令」「わかりやすい解説」「相談しやすい援助的な姿勢」が
まず先にあるからこそ、報告・連絡・相談が返ってくるのであって、上役に
ほとんど責任があるのでは無いか?と教えてもらった事があります。

 
一番顕著なのが「相談」

どうです?

「社長、話があるんです・・・」と社員がきた場合、ほとんどが「辞めさせてください」
と結論を持ってきませんか?

 なぜか?それは、「相談したくても聴いてもらえない」ましてや「私のことなん
か何も解ってくれていない・・・」と経営者の日頃の態度姿勢を見て判断しているので
は無いでしょうか。


【命解縁でとれる報連相】(メイカイエンでとれるホウレンソウ)

出来ているつもりでもほとんど出来ていないのでは・・・?



 今日、社員A君が、あることで相談に来てくれました。
相談しやすい姿勢の証明? ちょっと嬉しかった一日でした。


yama1117 at 23:56│Comments(0)社員と会社 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経営指針確立成文化セミナー2日目今日の見学社