靖國参拝今日の見学社(長野県より)

2008年02月24日

京都風にお座りやす

お雛様昨晩東京から帰宅すると、雛人形が出ていました。

この雛人形は、長女が誕生した平成3年、まだ会社員時代で京都に住んでいる時に西陣で手に入れたものです。

こだわりではないのですが、京都風にお雛さんを左に、お内裏さんを右に飾っています。

 購入のときにお店の方に質問すると、宮中(御所)では、南向に座り、日の出の方角(東)が上座で、日没の方向(西)が下座なので、天皇陛下である内裏様が右に配置すると教えてもらいました。



 しかし、なんだか 年々飾り方が簡素化していきます・・・

しかも、お内裏様の笏(シャク)を出し忘れたということで、紙を丸めたものが手に・・・


うちの三人娘達は、いいお嫁さんになれるのでしょうか?
                           心配です(汗)

yama1117 at 19:10│Comments(2)家族 

この記事へのコメント

1. Posted by ベローズ案内人   2008年02月25日 11:58
山田さん
こんにちは!

お内裏さんが向って左が正しいとばかり
思っていました。

勉強になりました。
ありがとうございます。
2. Posted by 山田 茂   2008年02月25日 17:01
 高嶋さん(ベローズ案内人)
こんにちは!

コメントありがとうございます。
関東式(洋風)に明治維新以後なったとのことです

現在、天皇陛下は左に立っておられますね。

しかし、平成になって京都御所で行なわれた即位の礼は、
確か中央に天皇陛下、向かって左奥に皇后陛下だったと
記憶しています。

ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
靖國参拝今日の見学社(長野県より)