同友会東大阪東支部2月公開例会靖國参拝

2008年02月22日

東京に来ています。


市ヶ谷同友会全国協議会経営労働委員会で東京に来ています。

会場は市ヶ谷で外堀通に面しています。市ヶ谷駅を降りて目に飛び込んだのは、釣堀です。都会のど真ん中に釣堀があるのもいいですね。大阪も大阪城の堀に釣堀を作れば楽しいでしょうね。

経労2さて、委員会ですが、15の都道府県から33名の経営労働委員が参集し労働問題に関する全国への課題などを話しって行きます。

 一日目の前半は、同友会でおなじみの日本大学教授の永山先生から「鮮明になったグローバリゼーションの変調と雇用・労働関係の展望」の問題提起を受けグループ討論です。
コスト優先の考えだけで、派遣社員、外国人労働者を大企業が人を道具として利用雇用する現在、私達中小企業としての対応、経営者団体の同友会として考えるべきこと、社会全体の問題として考えるべきことなどを話し合いました。

 企業に働く社員にとって「人生の設計が見通せる」ことが安心につながり、私達経営者にとって努力していかなければならないことであると考えました。



この記事へのコメント

1. Posted by 坂本晋一   2008年02月23日 09:30
山田さん

おはようございます。東京まで出向いての同友会活動お疲れ様です、貴殿の情熱に敬意を表します。
なにか難しそうなテーマですね。また機会ありましたらお話して下さい!それではお気をつけて帰阪して下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
同友会東大阪東支部2月公開例会靖國参拝