経営方針策定会議成人の日

2008年01月13日

経営方針策定会議続編

 昨日の方針策定会議も無事終了しました。

 会議の中盤で難しいのは、3年後の外部要因を鑑み、自社の強みと弱みを照らし
合わせて、この3年間の進む方向を討議する「SWOT分析」です。 
 外部要因の討議で出された色々な項目を山田製作所にとってそれは「機会」なのか
「脅威」なのか分類していきます。そしてそれらは、山田製作所の強みと照らし合わ
せると、弱みに照らし合わせると・・・・。

 
 団塊世代の熟練技術が失われていく外部環境に対して、山田製作所の若手社員とその
OJT共育環境の強みは、高付加価値の仕事を得意とする自社にとっては、チャンス
であり、一番力を注ぐ方針であると多くの意見が交わされました。
 そしてそれらをもっともっと社外に発信することが重要なことであることを確認しあい
ました。

 会議の後半は、それらの具体的な行動項目を決める話し合いに入っていきます。

 各行動項目の担当のリーダーとメンバーも決定しました。
あとは1月末までに、各チームが項目の行動プランシートを書き上げていかなくてはいけ
ません。専務とのバトルが待ち構えますが、期待しています。

徹底した3S活動で培った「守ることを決めて、決めたことを守る」企業文化は、
ここまで影響を与えてくれています。



08新年会1方針策定会議のあとは恒例の新年会です。
若手社員の食べぷりには毎回気持ちがいいくらい圧倒されます。





08新年会2ベテラン組は、もうお腹一杯です(笑)

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 20:07│Comments(2)社員と会社 

この記事へのコメント

1. Posted by 坂本晋一   2008年01月14日 14:33
5 山田さん

こんにちわ!
素晴らしい内容の会議ですね!
こういったことも同友会の経営計画セミナーで学べるのですか?私も是非勉強して自社に取り入れたいです。
2. Posted by 山田 茂   2008年01月14日 19:36
 坂本さん
こんにちは!

そうなんです!
経営指針確立成文化セミナーで学んだそのままを
自社の会議に取り入れています。

ただ教わるだけでない、学び気づきそして実践する
ことが重要なことを学べる素晴らしいセミナーです。
ぜひとも次回お待ちしていますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経営方針策定会議成人の日