2013年07月

2013年07月19日

今日の見学社

DSC_3187

DSC_3186


今日は、
山中産業株式会社さま(滋賀県野洲市)
丸一株式会社さま(三重県亀山市)
株式会社三栄金属製作所さま(大阪市)
の3社16名様が見学に来て下さいました。

質疑応答で、
「なぜ、山田製作所さんはこのように見学を受け入れているのですか?」
「それは、モチベーションを保つためですか」
「社員が説明員になっておこなうことによって自己を高めるためですか」
「社会貢献のためですか」
と、質問をされながらお答えを言ってくださっていました。

まさしくその通りなんですね〜

やはり一番は、社員が成長していくためのツールなんですね!
胸を張り、自分の会社を自慢げに説明する・・・
自信を持ってその時の質問に自分で回答していく・・・
もちろんその回答には飾りつけはない正直な返答を・・・

社員が先頭に立っておこなう工場説明。
いい共に育つものになっているのです。。。。

 

yama1117 at 14:07|PermalinkComments(0)今日の見学社 

2013年07月17日

「強靭」とは、strongではなくresilience

image

先週末は、中小企業家同友会全国協議会の総会にて
宮崎市に行っていました。

総会ですので、同友会運動=企業つくり・地域つくり・組織つくり
に関わる議案書を基に17の分科会に分かれて様々な切り口で
学びあいます。

今年のスローガンは、
「情勢を切り開く強じんな企業づくりを地域に広げよう」
〜企業づくり・地域づくり・同友会づくりを一体として地域の再生と復興を〜
です。

さて、今回の二日間を通じて一番心に残った言葉は、
「Resilience」(レジリエンス)です。

経済産業省中小企業庁次長の挨拶の中で出てきた言葉です。

スローガンの中でも謳われる「強靭」を英訳した言葉です。
私達は、よく「強靭な企業を作ろう!」など、この言葉を
発しています。

強靭=強い(ストロング)と云う意味合いで口にしていました。

違うんですね!
Resilience(レジリエンス)=しなやかさの意味だったんです。
困難な状況に陥っても、へこたれず変化にしなやかに対応していく
しなやかで折れない心という意味だと学びました。

私達、中小企業を取り巻く経営環境は本当に厳しいものです。
その状況にあっても、情勢の変化にしなやかに対応していく・・・
これが「強靭」と云うことです。

我社も問われています。
強靭な経営体質をしっかりつくっていかねばなりません!

 

yama1117 at 09:27|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 

2013年07月03日

今日の見学社は、韓国から

image

image


今日は、韓国から光陽湾圏経済自由区域庁の方々が
日刊工業新聞社さんのアテンドで見学にきていただきました。

韓国では、若者が3K職場に就職しないらしいです。
日本でも一緒ですけどね・・・

だからこそ、先生が自信を持って「あの会社はいい会社だ!」
と推薦してしてもらえる会社にしていかないといけませんね〜

互いに頑張っていきたいものです。 

yama1117 at 13:57|PermalinkComments(0)今日の見学社 

2013年07月02日

元気な大学生がゼミの研究で来てくれました!

DSC_3174

関西大学 商学部の3回生の皆さんが、ゼミの研究にて山田製作所を
訪ねてくれました。


インタビューの主旨を彼らの依頼メールから・・・

日本のものづくり中 小企業を取り巻く諸課題について経営学の
見地から実証研究を進めています。

特に現在は、大阪府内における中小製造業の、新規顧客獲得に関する
事業展開について研究しております。

具体的にはITを活用した顧客の開拓方法や、外部団体(同業・異業種の他社、
またはその他大学や行政などといった各組織)との協力関係について関心を
深めております。

貴社は2010年度に関西IT活用企業百撰を受賞されており、またいち早くHPや
ブログによる情報発信へ取り組むなどWebを積極的に活用されている企業様であ
ると理解しております。
これまでどのように取り組んでこられたのか、ぜひお話を伺わせていただければ幸いです。

具体的には、
「ゝ社のIT(特にWeb)をもとにしたご発展の経緯について」
「IT活用のメリット・デメリットについて」
「3杏団体とどのような協力関係を築いていらっしゃるのか」の3点について、
お尋ねしたいと思っております

こうしたインタビューを通じて、「大阪府にある中小製造業の情報発信や外部団体との
協力関係」の現状を把握し、中小製造業の課題と可能性について勉強させていただければ
幸いです。

ですって・・・!

しっかりと100%回答させていただきました。(が・・・しっかり伝わったかな?)

中小企業を切り口に、研究をしてくれているのが嬉しいですね〜
もっともっと他の大学や学部において「中小企業」を切り口に研究をしてくれる機会や
場所が増えたらいいですね・・・

ちなみに、彼ら彼女らはこの研究発表を、アメリカに渡りマイクロソフトの本社でおこなう
らしいです!

すごいですね!私たちの時代とはえらい違いです。
羨ましいかぎりですが・・・ 親御さんの負担もたいへんやろな〜と、同じ大学生の娘を
持つ当事者として想像してしまいます(笑)

頑張って素晴らしいレポートをまとめて下さいね〜
期待してますよ〜 

yama1117 at 13:12|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 産官学連携