2013年05月

2013年05月27日

今日の見学社は、モスクワから

DSC_3071

DSC_3069

今日は、モスクワの大学の先生が集う「IKSIR」イクシールの
団体で、
ロシア モスクワの鉄鋼メーカー「OMK」 http://omk.ru/en/OMK
の日本生産管理研修ツアー、来日1番目の企業として
山田製作所で開催されました。


質疑では、社員の管理について質問が多かったですね・・・
お国柄なんですね。

日本の中小企業は、社員を管理するなんて考えていない。
教えるではない!人が育ち 育ち合う企業風土を如何につくり上げるかが
リーダーの勤め!
それが、日本企業の優位性になっている!と伝えました。



以下は、エージェントの担当者さんからいただいたその後のディスカッションでの
感想です。

全員、はじめての日本であり、御社が一番最初に訪問する企業でした。
そこで、はじめてみる日本の整然とした生産現場、御社の3S取り組みはもちろん、
社長の経営に対する考え方に感銘をうけたと話しておりました。


その他・・・

■ 入社4年目、22歳の若手が、全ての質問に答えを持っており、工場や会社の考え方を
知り尽くしていたのには、感心した
※ あのときは、自分たちの会社にも居ると、応えていましたが、ロシア人の負けず嫌いな
性格がよく出た回答だったな、と見ていて感じました。

■ 機械の管理を誰がやるのか、という質問に、従業員全員で行う、という回答があった。
最初、理解ができなかったが、最後には、従業員個々の責任感や使命感の
意識レベルが高い、という事だとわかった。ロシアには管理者がいてその管理者が
単独でやる事なので、良いと思った。

■ ロシアでは従業員に指示し、働かせる、という考えで、部下はボスの顔色を伺うのが
通例だが、山田製作所は違った。一緒に働くという考え方で、現場で従業員 のストレスを感じず、
また静かに黙々と作業をしているのが良かった。

■ 常に改善、日々改善の社長と会社の考え方が今の山田製作所と企業文化を築き上げていて、
ポリシーの強さに感銘を受けた。

■ 社長やリーダーが率先して、社員を育て、社員が会社にフィードバックをする。
まるで、家族のようだった。

■ 円盤の掃除の当番表では、経営者である社長の名前もあり、自らが動いて社員と一緒に
行動する姿勢は素晴らしいと思った。

など、その他、現場で活かされている改善の様々なアイデアを参考にしたいという話もありました。

さっそく(13年間一度も紛失したことがない)黄色の枕木は、自分の統括する工場で導入する、
といっていたチームリーダーもいます。

今回の御社訪問の経験が、彼らの母国と会社で活用される事を願っています。


モスクワ大学MBAの担当者も、生産現場を研鑽するのに非常に良い企業であると言っておりました。
また今後とも、案件に応じて、視察の機会を与えて頂ければ幸甚です。

ご感想ありがとうございました。
世界に貢献できることも私達 山田製作所全員の誇りです!



yama1117 at 15:02|PermalinkComments(0)今日の見学社 

2013年05月23日

今日の見学社

DSC_3061

DSC_3060


今日は、
カネタ鉄工株式会社 18名様(大阪府摂津市)
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 池田様(横浜市)
の19名様が見学に来て下さいました。

カネタ鉄工の佐多社長は肝っ玉母さん!
社員さんのことを暖かく見守るリーダー

慶応義塾大学大学院で学ぶ池田さんは、
本来は大阪八尾市の500名ほどの中小企業経営者(後継者)で
いまは、横浜で経営学を学んでおられます。

熱く見学していただきました!
私もいい刺激をいただきました。

 

yama1117 at 08:50|PermalinkComments(0)今日の見学社 

2013年05月15日

今日の見学社

DSC_3071

DSC_3070


DSC_3066

今日は朝早くから、
兵庫県中小企業同友会 経営労働委員会と青年部主催の見学例会
が山田製作所でおこなわれました。
(参加者=26社29名)

同友会仲間達です。
経営指針に関して質疑応答で意見交換・・・

熱心にしっかり見学していただきました!
みなさん熱いです!

人が育ちあう企業つくり・・・
大きく深いテーマで互いに頑張っていきましょう!



yama1117 at 13:26|PermalinkComments(0)今日の見学社 

2013年05月10日

今日の見学社

DSC_3059

DSC_3058

今日は、
有限会社ミノハラ製作所さま(鳥取県倉吉市)
羽衣電機株式会社さま(大阪府堺市)
ニッケンかみそり株式会社さま(岐阜県関市)
株式会社テクノ経営総合研究所さま(大阪市)
4社 23名さまが見学にきて下さいました。

今日の質疑応答でのポイントは、しくみつくりだったですね〜

社員がすべて様々なしくみを自主的につくってくれています。
そこに、感動をしてくれているのですが・・・

では、この風土を育成できるまで、重要な事は?もっとも大切な
事は?

トップダウンです!
もちろん「やれ!」ではなく「一緒にやるぞ〜!」のトップダウンです。
そこには、トップの妥協があってはいけません。あるのは、率先垂範
です。

その姿をみてくれ、信用が積み重なり、信頼に成就すると、
ボトムアップが始まるのですね・・・

ご見学ありがとうございました。




yama1117 at 17:08|PermalinkComments(2)今日の見学社 

2013年05月03日

お経の意味は、「は〜い」

DSC_3042

4/28・29と母方の祖母の3回忌の法要で愛媛県は今治市に
行っていました。

法事の時に、お寺さんが「説教」をしてくださいますね・・・

ゴールデンウイークで旅行に、「行く」という人も多いいでしょうが、
故郷に「帰る」という方も多くいらっしゃると思います・・・
と説教が始まりました。

この「帰る」が、とても大切なものなのです・・・と

帰る場所があるから人は安心して暮らせるそして生きていける。
仏教の世界でも、そのことを説いています。

極楽浄土に帰っていけるから人は安心して生きていける頑張れる。

私たちが子供のときの事を思い出してください。
家の近くの公園で遊んでいて、そろそろ夕方になってきた。

すると、お母さんが「ご飯やで〜帰っておいでや〜」って声を
かけに来てくれる。

そのときに「は〜い」って返事をしながらもまだ遊んでいる。

では、なぜ?まだ遊んでいられるのか・・・

それは、お母さんの「帰っておいでや〜」の声は、「帰っていく場所がある」
ことを暗示してくれているからなんです・・・と

だから、
お経の、「南無阿弥陀仏」(山田家は、日蓮宗ですので、南無妙法華経)は、
「は〜い!」の返事にあたることなんです・・・と

仏さんに、「は〜い」って返事をしながら、安心して生きていく暮らしていく
なぜなら、帰っていく場所があるから・・・

わかりやすいお話をしていただけました。

信心深い方ではない私にとっては、なるほど!っと思えた「ご説教」でした。

南無妙法華経 南無妙法華経 ・・・




 

yama1117 at 08:00|PermalinkComments(2)家族 

2013年05月01日

絆で結ばれる二人

DSC_3016

4/27、社員の結婚式です。

まだ、20歳と19歳のカップル。

チャペルで結婚を誓います。

新郎(社員)のお父さんお母さんの顔を見ると、子供を育て上げた
達成感と心配が少し交じった笑顔がこぼれています。

主賓の挨拶では、「絆」の意味を交えてスピーチさせていただきました。

「絆」は、糸へんに半分と書きます。
赤い糸の端っこを(半分)をいいあんばいの絶妙な力で引っ張り合っているのが
夫婦です。
緩くてもダメ、そして強すぎてもダメ・・・
共通の責任を有するパートナーですと・・・

お色直しをしてキャンドルサービスで入場してきた二人を見ていると、
武者震いがしてきました。

この二人が幸せに生きていけるためには、糧になる会社がもっともっと
強くて良い会社なっていかねばならないと!

勇介くん!遥ちゃん!
頑張るからね!
そして一緒に進んで行こう!


 

yama1117 at 18:26|PermalinkComments(0)社員と会社