2011年08月

2011年08月31日

まぁ〜光栄です

会社に届いた「戦略経営者」の9月号を

パラパラっと見ていたらP62の

「あなたも「ムダどり名人」になれる!連載6

に山田製作所の写真が何気なく掲載されている。

たぶん2006年頃の社内風景・・・

今回のテーマは「気持ちのムダ」を見落とすな!

いい意味で使っているんやろね〜

まぁ〜光栄です。


追記

P13には、親しい東京墨田区の浜野社長が!

これは何気なくでは無く、正真正銘の事例紹介です!



yama1117 at 14:51|PermalinkComments(0)つぶやき 

2011年08月30日

社員にとっていい会社とは・・・

ここ数年・・・
リーマンショック以降からかな・・・
とても重たい言葉があります。

社員にとって、「生涯の設計を描ける会社」

会社に新卒で入社し・・・
結婚して・・・
子供が産まれて・・・
子供を育てて・・・
マイホームを持って・・・
子供を学校に行かし・・・
高校、大学と進学させ・・・
子供の結婚、孫との余暇・・・
たまには家族で旅行・・・

もちろん、私や共同経営者の専務はそのことを
意識しています。

でも・・・

経営理念の意味や中身を常日頃から語っています。
社内でもグループ討論などを通じて学びあいもしています。

人生とか生きる意味など・・・

でも、でも・・・

個人の日々の生活、3年後生活・・・
足元の話は、あまり話し合っていない・・・

半年に一度の個人面談ではそれらしき話もしているが・・・


あるべき姿の経営理念を語ると同時に、それを具体化した
足元の生活もしっかり話し合う・・・

ちょっとそこに注力することを忘れていないか・・・


先日、福岡県の経営者仲間が教えてくれました。

「社員満足」の高い会社は、離職率が低いのか・・・
決して満足の高さに反比例して離職率は低くないとのことです。
でも、
「生涯の設計を描ける」会社は、離職率が低いのは確かとのこと。



リーマンショックから1年後の2009年の年末、
二十歳の社員が退社しました。

退社の理由は、
決して会社や働く仲間が嫌ではない。でも残業がゼロになり
手取りの給料が本当に少なくなった・・・。父から別の会社を
紹介された・・・。

給料が原因で離職者が出たのははじめてでした。

たぶんそれ以来、重たい言葉になっています。



yama1117 at 09:34|PermalinkComments(0)

2011年08月28日

18歳



二女の誕生日です♪
おめでとう♪

yama1117 at 22:11|PermalinkComments(0)

経営労働問題全国交流会



先週の後半、福岡県は小倉にて開催された、中小企業家同友会
全国協議会の「経営労働問題全国協議会」に参加してきました。

全国から400名近い系経営者が集まり、経営指針成文化と
実践運動、企業変革支援プログラムの推進運動、労使問題、
など、四つの分科会に分かれて各地から集まった役員が
意見交換し、気づき学び合いを深めました。



小倉は、八幡製鉄所(新日鉄)の街です。
写真の奥は新日本製鉄の工場です。
その城下町として、鉄の町として栄えた都市です。

しかし、今はそのパワーは無くなったと地元の同友会仲間は
危機感を以前から抱いておられます。

だから、全国交流会を小倉で開催したかったと!元気に各地の
同友会仲間を大歓迎していただきました。

実行委員長の中川さん!
本当にお疲れさまでした!


yama1117 at 19:20|PermalinkComments(2)中小企業家同友会 

2011年08月23日

鹿児島県中小企業家同友会経営フォーラム

20110822113703494_000120110822113552870_0001

来る、
10/13(木) 13:30〜
城山観光ホテル(鹿児島市)

鹿児島県中小企業家同友会 経営フォーラムです。

第1分科会で、山田 茂が報告させていただきます!
乞う期待!!!!


yama1117 at 09:00|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 

2011年08月22日

ウォッチングは厳しい指摘をいただけます

DSC_1419


先週金曜日は、「大阪リエンジニアリング研究会」が
弊社にて開催されました。

大阪リエンジニアリング研究会については、
このブログでも何回もご紹介しています。

開催時間 3時間の中に ウォッチングタイムがあります。
メンバー企業が、3Sの目線、PIの目線、ISO9001の目線で
見てもらいます。

山田製作所では常識となっているモノがあるんですね〜
それを厳しく指摘してもらえます。
そして気づくんです。

12年前の1999年5月に結成した「大阪リエンジニアリング研究会」
まもなく150回の研究会が開催されます。



大山先生と古芝社長・・・厳しい且つ優しい指摘です。

社員にどんどん質問してくれます。
答えは言わない!社員に気づいてもらうように質問です。
これが優しさなんです。

DSC_1420



yama1117 at 11:55|PermalinkComments(2)

2011年08月18日

問題を発見する力

今年4月から、6ヶ月間の約束で経営者仲間の企業さんの
3S(徹底した整理・整頓・清掃)を指導させていただいています。

大手家電メーカー1社のアッセンブリーサプライヤーとして
ラインスタッフ含めると社員数80名ほどの会社です。

訪問時間は、15:00〜18:00までの3時間。

内容は、
・4つのチームよりパワーポイントを用いてこの1ヶ月間の改善報告
・3Sのレクチャー
・社内ウォッチング
・ウォッチングの結果を指摘と提案
です。

毎月、指摘事項全てに着手し、100%ではないにしても必ず
改善していかれる行動力とパワーには毎月感心させられます。
食堂の壁や天井をペンキ塗りしてしまうなんてたいしたもんです!

しかし・・・です。
それ以上のものが無いのです。感じられないのです。

なぜか!
問題を発見する力がまだ自分自身ではないのですね。

問題とは、「あるべき姿」と「現実」差です。

問題を発見するためには、「あるべき姿」が理解できていないと
現実との差を見つける事は出来ません。

では、3Sのあるべき姿とは、整理の定義、整頓の定義、清掃の定義です。
ようはルールです。

ここでは詳しく書きませんが、2ヶ月目にこの定義+18か条のルールを
決めました。

このルールに照らし合わせて現場をウォッチングしていくと、どんどん
問題を発見することが出来るのです。

今日は、レクチャー時に、この定義+18か条を1時間かけて復習し
現場へ・・・

皆に自ら問題を発見してもらうようにウォチィング・・・
でも、なかなか出てこないものですね〜

問題を発見できてそれが気になって気になってならない感覚
この感覚が大切なんですが、その前に問題に気づく力が必要です。

これが、「問題とは、あるべき姿と現実の差」の本質です。

あるべき姿とは、目標、基準、ルール、手順、標準・・・

あるべき姿を理解する。
問題を見つける力です。

さぁ!来月は最終研修です。
自ら問題を見つけていく訓練の総決算です!



yama1117 at 19:42|PermalinkComments(0)徹底した3S活動 

2011年08月17日

8月15日正午

今日から仕事再開です!

全員元気な顔で集合し朝礼をおこないました。
朝礼での3分間スピーチの当番がたまたま私の番でした。

今日の3分間スピーチネタです。

8月15日 正午・・・
気持ちがシャキットする時間。

子供の頃から高校野球を見て8/15の正午になると、
全員起立脱帽しサイレント共に黙祷をささげるシーン。

好きな(失礼な言い方ですが)時間です。

なぜか!
先の大戦で命を落とされた先人の御霊に鎮魂と
お礼を心の中で念ずる時間だからです。

戦争の賛否をここで言っているわけではない。

私がはっきり言えるのは、その先人達がいらっしゃった
おかげで今の日本があること、私たちが豊に生活出来ている
ことに間違いない。

その感謝の気持ちを黙祷という形で示すのが8/15の正午
なんです。

次の8/16は京都五山の送り火でした。
今年ほど何かむなしいと感じた送り火は無かったです。

確かに表面にはセシウムが検出されたのでしょう・・・
しかし、最初の意気込み思惑のとおり、あの陸前高田の松を
送り火として燃やさなかったのか!

風評被害、風評被害・・・風評被害を出さない!
と皆が口をそろえていっているのに・・・

小さなあげあしを見つけてはまくし立てる!
これこそ風評被害をまくし立てているのでは・・・

様々な力を結集してでも、陸前高田の松で送り火を
してほしかった!

今年の8/15正午は、例年より気持ちがこもる黙祷を
ささげたことだと思います。

身が引き締まるこの1分間を大切にしなければいけません。




『追記』
全国民に黙祷を勧奨する事は閣議決定されている事なんです。


1963年
5月14日閣議決定により同年から8月15日に政府主催で
全国戦没者追悼式が行われるようになり、1965年からは
日本武道館で開催された。
1982年4月13日8月15日を「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」とすることが
閣議決定された。
現在ではこの閣議決定に基づいて毎年
8月15日に全国戦没者追悼式が
行われている


戦没者を追悼し平和を祈念する日」について(昭和57年[1982年]4月13日閣議決定)

  1. 趣旨 先の大戦において亡くなられた方々を追悼し平和を祈念するため、
    「戦没者を追悼し平和を祈念する日」を設ける。
  2. 期日 毎年8月15日とする。
  3. 行事 政府は、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に、昭和38年[1963年]以降
    毎年実施している全国戦没者追悼式を別紙のとおり引き続き実施する。
別紙 全国戦没者追悼式の実施について
  1. 全国戦没者追悼式は、天皇皇后両陛下の御臨席を仰いで、毎年8月15日、
    日本武道館において実施する。
  2. 本式典における戦没者の範囲及び式典の形式は、昭和56年(1981年)の式典と同様とする。
  3. 本式典には、全国から遺族代表を国費により参列させる。
  4. 式典当日は、官衙等国立の施設には半旗を掲げることとし、地方公共団体等に対しても
    同様の措置をとるよう勧奨するとともに、本式典中の一定時刻において、全国民が一斉に黙とうするよう勧奨する。

    (Wikipediaより)



yama1117 at 16:23|PermalinkComments(2)つぶやき 

2011年08月11日

さぁ!お盆休み!







床のペンキ塗りで仕上げです。


yama1117 at 17:23|PermalinkComments(0)

2011年08月10日

やっぱり現場やね〜

DSC_1411

本日、大阪府中小企業家同友会 産業構造研究会で、中小企業での
情勢分析やデーター分析などを担って下さっている、
摂南大学 経済学部 田中先生
そして
大阪商業大学 総合経営学部 粂野先生
高知短期大学 社会科学学科 梅村先生
が、来てくださいました。

山田製作所の業界や自社のたち位置、
リーマンショック以前と以後の経営状況や経営課題解決など
2時間ほど質疑応答の形でお話し合いをしていました。

どうもしっくりこない。先生達も同じ気持ち・・・

そして、現場を見せてくださいのリクエストにお応えして
(リクエストが無くてもお見せしていましたが・・・(笑))
平永佑介君(二十歳)の案内で40分間工場を見てもらいました。

見てもらってすぐ先生達のお顔は満面の笑顔!
「はっきりと分りました!納得しました!感動しました!」

山田製作所の生産に関する考え方と手法、管理に関する考え方と
手法・・・
そしてさらに高い次元の共に育つ企業文化を実感していただけました。

やっぱり先に工場を見てもらわないといけません・・・・!

先生方、お暑い中ご来社ありがとうございました。


yama1117 at 16:12|PermalinkComments(0)社員と会社 | 産官学連携

2011年08月09日

今日の見学社

DSC_1403

DSC_1404

今日は奈良を拠点に、企業の経営サポートをされている
NPO法人チャレンジ企業支援隊(GMS)が主催される
GMS経営勉強交流塾にて
企業5社7名さま
GMS8名さまが見学に来てくださいました。

GMSの皆さんは、元大手企業のシニアの方々です。
皆さんのノウハウを中小企業を中心に指導されています。

さて、
見学していただき色々なご感想をいただきました。

私たちが訴えたいのは、「何」をしてきたかではなく
「なぜ」それをしてきたか・・・

「何のために」してきたのか・・・ですね。

ご見学ありがとうございました。
昼食の席にも呼んでいただきありがとうございました。



ご参加企業名(順不同)
株式会社エクセルインターナショナルさま
SUN共同事業体機構さま
旭光精工株式会社さま
株式会社広栄社さま
ダイシン化工株式会社さま


yama1117 at 13:40|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2011年08月06日

五十年技能の伝承

DSC_1381

写真の左は、創業者の会長です。右は鈴木係長。

山田製作所は昭和34年(1959年)に金属プレス加工から
スタートしました。

その後、時代やお客様の要望に応えながら、製缶板金加工へ
業態をシフトしてきました。

そのような中でも、50年前から続くプレス加工の仕事があります。
2年〜3年毎にくる依頼です。

その度に会長が老体にムチを打って(本人は元気に張り切って)
その仕事をしてきました。

いや!本当は・・・
「若い世代にこの仕事を継いでもらうために、会長がするのではなく
若い者にやらさせてくれ!」って何度も何度も云ってきたんです。

しかし、その度に「これは危険な仕事や!俺がやらなアカン!」って
なかなか教える側になってくれなかったのです(笑)
職人ですからそうなんでしょうね〜

でも、今回は若手のリーダーに技能継承です。
さすがに教え方はていねいです!ていねいすぎるくらい(笑)

五十年の技能を継承していく・・・
大きな事です。

日本のものづくりはこのようにベテランから受け継いでいくのです。




yama1117 at 10:00|PermalinkComments(2)

2011年08月05日

今日の見学社

DSC_1388

DSC_1394

今日は、地元企業
朝日電器株式会社 24名さま(大阪 大東市)が見学に来てくださいました。

大東市を代表する企業の見学にうれしいものを感じますね!

ところがどっこい!見学は厳しいですよ〜

リーダーの姿勢を問うレクチャーになっていきます。
私が乗ってくるんです(笑)(笑)

でもそうなんです。
トップの熱き想いがなければ絶対に事業革新は出来ません。
絶対条件ですね。

その中で、どんな仕組をつくっていくのか・・・
これが大変ですが、楽しいものなんです〜

がんばってください!
ありがとうございました。




yama1117 at 15:47|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2011年08月04日

元気の出る中小企業経営

DSC_1380

今朝一番、東京から ビジネス・コアコンサルティングの坂本さんが
取材にきてくれました。

坂本さんは中小企業診断士として、中小企業大学校などにて
中小企業経営戦略の講師やコンサルで活躍されている方です。

4年ほど前に、坂本さんが大東市の商工会議所に来られて後継者塾
の講師をされた時、私がゲスト講師で一緒に登壇したのがきっかけで
お付き合いが続いています。

北海道、山形県や東京の中小企業大学校関係の授業でもゲスト講師で
呼んでいただいています。

さて、今回は、
日本商工会議所が発行している「石垣」という機関誌に
(定期購読・大手書店を中心に4万5千部、毎月10日発行)
に「元気の出る中小企業経営」という連載があり、

その10月号の本連載に山田製作所の取り組みを紹介していただける
とのこと。
嬉しいですね!

会社説明は、樋口リーダーがしっかりとしていました。
社員が育ちあう文化つくりに坂本さっも感激してくれたようです。

発行が楽しみです。



yama1117 at 11:21|PermalinkComments(0)マスコミ関係 

2011年08月02日

大東市地域産業振興基本条例

20110730082546345
20110730082546345-2
20110730082546345-3

6/24 大東市地域産業振興基本条例が施行されました。

大東市報に条例のことが解りやすく解説されています。

私も登場です。






yama1117 at 10:00|PermalinkComments(0)