2008年08月

2008年08月31日

おじさんブルースバンド!

080831今年の春まで、私も活動していた混成合唱団の指導者で、また娘たちの小学校の先生としてお世話になりましたK先生のバンドのライブに行ってきました。
(K先生は、ピアノ・キーボード)

私は、普段はジャズの弾き語りをしているようなバーを想像していたのですが、お店についてみると、まさしくライブハウス!

ステージには、エレクトリックギターが並び、まさしくロックのステージです。

クラシックしか聴かないと思っていたのに…

イーグルスやデレク・アンド・ザ・ドミノスそしてザ・バンドまで、おしゃれな楽曲を聴かせてくれるではないですか!

K先生も、クラプトンをシャウトしていました。ご機嫌に!

昨年、高校卒業以来33年ぶりに活動を開始したとのこと。
本当に楽しそうでした。うらやましいくらいご機嫌に演奏されていました。

昔の仲間たちとライブハウスを貸切、そして同級生たちも集まり、ご機嫌…

50歳代前半ですが、今も青春している素晴らしい光景でした。

yama1117 at 23:11|PermalinkComments(2)個人 

2008年08月30日

定年

来年創業50年になる山田製作所ですが、来月はじめて生え抜きの社員さんが定年を迎えます。

当社の就業規則では、60歳を迎える該当月の給料締め切り日(20日)で定年となります。

今日、中退共でかけていた退職金請求や雇用継続給付の手続きの説明で、本人と私そして会長にも同席してもらい懇談を行ないました。

昭和44年の設立前に入社された方です。今の山田製作所の基礎を会長と一緒に築きあげてきた功績があります。

もちろん、継続雇用の形で、今まで通り勤務していただけます。
まだまだ、若手に技術継承をしていただく活躍を期待しています。

私が幼稚園の時からいてくれている元工場長、今でも仕事を離れると「○○兄ィ」と呼んでいます。

色々とセンチメンタルになった日でした。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ




yama1117 at 18:06|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年08月29日

生涯の社員教育体系図

昨日、同友会経営本部人材部主催で大阪府商工労働部協賛の社員教育体系を策定するセミナーに参加しました。

2007年問題で団塊の世代が定年を迎えていますが、本格的な技術人材不足が顕在化してくるのは、雇用継続が終了する2012年。
そして、若年層の人材が枯渇するのが2025年。

それまでに、若者が「入社したい」と思う会社にするためにはどうすればいいのか?

講師の話では、入社動機は、
大昔=会社に魅かれて  昔=会社の製品に魅かれて  
今=自分はどのように成長できるのか?
に変化してきているとのことです。

なるほど!納得します!それは感じているとこです。

だからこそ、求人の段階から、自社の生涯教育体系(新入社員から経営参画まで)の教育体系図を示すことが重要になるとのことです。

山田製作所には、社員教育体系が大まかにあるだけです。
いや、しっかりと明文化されたものはありません。

これは、経営者にとって大切な仕事ですね!
社員教育力のある企業を目指すという当社です。しかし、まだまだ…

大いに反省するセミナーでした。

次回は、ひな形を使用し、その体系図を作成していく内容になります。
楽しみなセミナーになりそうです。


yama1117 at 23:18|PermalinkComments(0)社員と会社 | 徹底した3S活動

2008年08月28日

同友会大学で学ぶ

今朝、大阪府中小企業家同友会の同友会大学で学んでいる、樋口主任が朝礼の3分間スピーチでした。

同友会大学とは、幹部社員の育成を目的に、激動期を生きるための経済・歴史等の基礎を学ぶこと、大阪について 理解を深め社会と経営の発展方向を洞察する力を培うこと、「共育力」を養うこと、を目指しています。

講義は、大阪大学・京都大学・神戸大学・慶應大学はじめ10以上大学からの教授が行なう本格的なもので7単元29講義があり、5月に始まり卒業式は1月という社員教育としては長く深いものです。

8/26は、阪南大学 山内准教授の講義で「マーケティング基礎理論」です。

その内容と感想を今朝の朝礼で少し披露してくれました。

ASKUL(アスクル)の戦略を題材に、マーケティングの本質を学びました。
顧客は何を望んでいるのか?顧客の満足とは?最終顧客(エンドユーザー)(松島)で、それをどう高めるのか?
講義を聴きながら、山田製作所の品質方針「図面の向こうに見える最終ユーザーの満足を追求する」の深い意味や、本質、そしてまだまだ気付いていないものがあることなどを学べた。

このような内容です。

学びは本当に大切です。
しかし、自らが「その気」になることが大切なのです。
そのためにも、学びは大切です。

文化型企業を創る!この想いをもっともっと発信していかなくてはいけません。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 19:32|PermalinkComments(0)社員と会社 | 中小企業家同友会

2008年08月27日

OJT 匠の技

一昨日と昨日の作業日報から、二人の若手社員の内容を紹介します。

8/25 永田達輝君
リベットの穴を明ける時の明け方を吉岡課長に教えてもらった方法で明けたけど、前まで1枚する毎にキリが切れなくなって研いでいたのが、一日中使えるようになりました。良かったです。

8/26 清水一刀君
今日のキリは、今まで自分で研いだキリの中で1番の切れ味でした。この前吉岡課長にキリのOJTをしてもらいましたが、課長の一言だけで僕達のレベルはすごく上がったように感じます。一言だけで仕事のスピードも何倍も早くなったと思います。
匠の一言はすごい力を持っています。


どこの会社でも、OJTはしっかりと行なわれていると思います。
もちろん山田製作所も盛んにOJTは行なわれています。

ドリルキリの研ぎ方は、新入社員の時から続いているものですが、ポイントポイントで継続して行なうことが重要なのですね。

今年の「目標チャレンジシート」(経営計画書の行動計画)で、
「ベテラン社員は、意識してOJTを行なう。そして受けた若手社員は、それを受講報告書に記録し、経営会議で発表する」
が、あります。

匠の技を、伝承していく・・・

私たちモノ作り屋にとっては、大きな経営課題であります。

このような社風が息づく我社を嬉しく思う次第です。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ








yama1117 at 19:00|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年08月26日

宇津木妙子元全日本監督

オリンピックも終わり、今テレビではオリンピックの名場面集を多くやっています。
中には、名実況アナウンスや名(迷)解説者の言葉などの特集までありますネ。

それを楽しく見させていただいていますが・・・、やはり今回のオリンピックで心に残った名解説者は、優勝のときに感極まって号泣する、宇津木妙子元全日本監督の解説です。こちらももらい泣きしそうなほど感動しました。

そこで思い出したのが、2年ほど前にメルマガで送られてきた、大阪の元信用金庫常務の中川さんのお話です。

少し長くなりますが、中小企業経営者にとってはとても参考になる話ですので紹介します。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

私の小中高校の同窓生にMという男がいる。彼は美大を出て美術の先生になり、卒業後外務省の嘱託として三年間インドの日本人学校で美術を教えてきた。彼はその地でアメリカの軍人さんを中心として盛んだったソフトボールを教わり、3年目には、年一回インドで行なわれるアマチュアのソフトボールのオールスター戦に出場してきた名選手である。

彼は帰国して地元の中学校に美術の先生として赴任し、同時に女子ソフトボール部を創設し、生涯に片手の指を超える回数日本一になった名監督でもある。当時私は支店長として苦悩の中にあった。どうすれば生き生きと人は動くのだろうか? 成果を上げられる職場をつくれるだろうかと悩んでいた。そして彼を訪ねたのであった。「中学の女子だったら、公立でもあるし入部時には満足にキャッチボールも出来ない人が多いんやろ。それを三年間で日本一にするのにどうしたらいいんや」すると彼はこう答えた。

「それはそんなに難しいことではない。長所を見つけて誉めることと、ダメなときは叱ることをしっかり出来たら、人はみんな伸びるもんや」そしてこんな話をしたのである。教育の仕方には大きく分けて二つある。一つは短所を指摘してそれを補完し、その人を伸ばす方法と、長所を認めそれを誉め、自信を確信にしてしまい、短所を補完しなければならないという自助努力が始まり、その人を伸ばす方法である。しかしこれ、二つとも正しいんや。お前はどっちの方法とって貰ったらやる気が出る?

「俺はやっぱり誉めてもらったほうがやる気になる」そう答えた私に対し、彼はこう言った。「そうやろ。部下や下の者はその8割がそう思っているンや。上司や先輩から認めてもらいたい。いいところを誉めてもらいたい。そう思っているのに、その本人が上司になると、その8割が部下のいいところが見えなくなり、短所ばかりを指摘してしまっている。この大きなギャップがあるから、会社でも学校でも劇的に化けるように成長する人が出てこないんや。これはわが国の文化にもなっている」(それよく分かる)と私は思った。

第一この俺がそうや。下の時は上司から先輩からどう見られているかと気になり、認めてもらいたいとこいねがっていたのに、自分が上の立場になると、部下を怒鳴ってばかりいる。そしてもっと出来る人間を送ってきてくれと人事に文句を言っている。

「それはよく分かった。では具体的にはどう指導するンや」と更にきいてみた。例えば・・と彼は切り出した。ショートの選手を鍛えようとする。人間は生まれつき右に強い人と、左に強い人がある。彼女がもし左に強いとするならば、短所を指摘してそれを補い成長させるという教育論の持ち主は、不得手な右側、すなわち三遊間側に強い球をノックし続ける。不得手なところへ強い球がくるのだから、当然はじいたり逃がしたりする。その時、間髪入れずこう言う。「下手くそっ・・」また強い球を打つ。また逃がす。「しっかりせぇ。代わりはあるんや」彼女は一層自信を失っていく。

「しかしなぁ。俺はそんな手法は取らんぞ」と彼は言った。俺は得意としている二・遊間側に強い球を数多く打ち続ける。自信があるし得意だから、強い球でも取れないまでも叩き落とすことが出来る。そんな時間髪入れずこう言う。「惜しいっ」「もう一歩」「もう一寸っ」たまにはスパッと救い上げることがある。「上手いっ」特に大きな声でそういう。その選手は自信を深めていく。次に不得手の三遊間側に少し弱い球を打つ。それでもポロッと逃がす。俺はこう言う。「もう一歩」「上達してきたっ」と・・。

私はしばらく言葉がなかった。ややあってこう聞いた。「分かった。しかし試合に勝たなければならん。その選手をどう使うんや」「そこや。実践では不得手の三遊間側に一歩寄って守らせる」「・・・・」さすが7回も全国制覇している監督の言うことは違う。「まぁ。一回練習を見に来いよ」誘われて練習を見に行った。

さすがに強いチームは違う。観衆が鈴なりである。みんな固唾を呑んで選手や監督の一挙手一投足を睨みつけるようにしてみている。私が行った時、彼はサードの選手を鍛えていた。プロテクターとレガーズをつけさせて、5メートルほどの距離から猛烈な強いノックを雨あられのようにしていた。まともに掴む球はほとんどなし。身体で当てて前に落とすか、はじいてしまう球ばかり。その一つ一つに彼は厳しいそして優しい言葉を添えていた。「そうや。もう一歩や」「上手い。そうや」

ノックが終わって私は質問した。「あんな強い球は試合中に飛んでくるのか?」と・・。彼はこう言った。「中学の女子ソフトの場合、引っ張る力が弱いから、一試合でサードに飛ぶ球は、多くて三球。時には飛んでこない時もある。しかし何かの拍子に予想も出来ない強い球が飛んでくることがある。そんな時、強い球を受ける訓練をしていると、取れないまでも身体に当てて前に落とし、拾って矢のような送球をして一塁でアウトにすることが出来る可能性がある。その時のために常日頃からああして強い球を受ける訓練をしているんや」「・・・・」私は感心と得心を一緒にした。

ノックの仕上げに外野に軽い平凡なフライを打ち上げた。レフトの選手は難なく取ってホームへ投げ返すと同時にベンチに向かって全速力で帰ってくる。次はセンターである。軽く上ったフライをセンターはポロッと逃がした。彼の持論からすると逃がしたときは「惜しいっ」と言うのではなかったのか。なのに彼は鬼のような顔になり、「来いっ」と怒鳴った。センターの選手は全速力で監督のもとに駆け戻り、「すみませんっ」と言うとサッと帽子を脱いだ。「ばか者っ」彼は言うなりバシッと横面を張り倒した。「イケッ」「ありがとうございました」言うなり選手はもうセンターのポジションに向かって駆け始めていた。

練習が終わった後、職員室で彼に聞いた。「殴ったらアカンのとちがウンか/?」「第一、球を逃がしたときは、惜しいっと言うのと違うかったんか?」彼は平然と答えた。「厳しい強い球をノックした時は、逃がしたら、惜しいっというのは当たり前や。しかしあのセンターへのノックは気を引き締めていたら誰にでも捕れる球や。気が抜けているから逃がすんや。もし7回裏でツーアウト味方が一点リード。ランナー二三塁としょうか。ワシは一球一球ベンチからピッチャーとキャッチャーに投げる球をサインで指示している。サイン通りに投げ込んだインコース低めの球に詰まって、ふらふらとセンターに上り、勝ったと皆が思ったとき、もしもポロッと落としたとしょうか。二三塁のランナーがホームに帰って逆転サヨナラ負けになる。そうやから、練習から気を抜いて逃がしたら殴らな分からんのや」「う〜ん・・・」気を取り直して尚も聞いた。

「確かにそう言われればそうやな。しかし生徒を殴ったらクビニなるで。第一見学している父兄が黙ってないと思うで・・」「俺はなぁ。愛情の範囲内でしか怒らないんや。今の世の中、誰も心を込めて叱ってくれない。父兄だって納得してくれると思うで・」それはどうかは分からないが、愛情を込めて叱ってみせる彼の態度に、胸が熱くなる思いがした。殴ることの賛否は、無責任ながら、我存知せざるなりであるが、そんなにも熱く選手を成長させようとする同級生を持ったことに誇りを感じていた。そしてリーダーの在り方を心に刻んでいたのであった。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

この当時、宇津木監督は、愛知代表の監督をされていたようです。

このような名監督の指導の下、ソフトボールが育ち、金メダルを取るまでになったのですね!

「人を育てる」
中小企業家も名監督でなければなりません!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 21:20|PermalinkComments(0)いいお話し 

2008年08月25日

今まで・・・勘違いしていた(汗)

080825b今日は、月に一度の社内勉強会(学科編)です。
専務が先生で進める勉強会です。







080825さて、今日は図面の読み方です。
これは先日、お客さんの図面で同じようなモノがあり、
お客さんも間違っていた事例を専務が、改めて説明
しました。

今日の例題は、左の写真の図面(三角法)です。





平面図、正面図の下に、“A矢視”が書かれています。



では、平面図、正面図、側面図に描かれている破線の穴は、
aの位置?
bの位置?
cの位置?
dの位置?

勉強会では、ほぼ bとc に分かれました。

私は、ず〜と c と思っていました。

へっ! 答えは b

専務の解説では、正面図も平面図も側面図もすべて「矢視」
そう理解すれば間違えない・・・
でも、まったく違う位置(斜め上など)に描くならまだしもこんな場所にA矢視を書くことがおかしい・・・

しかし、答えは b
この位置に書かれる事もありうる!

言訳ですが・・・
当社でよく見る図面は、天と地(上と下)を明記して、天を図面の上にして
書いているものばかり・・・

それで、そう思い込んでいたのですね!
長い間、間違って理解していました!

まだまだ勉強ですね!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 21:05|PermalinkComments(2)社員と会社 

2008年08月24日

IKEAに行って来ました

080824a大阪の鶴浜に8/1オープンした、スエーデンの家具屋「IKEA」に行って来ました。






080824b午後3時に家を出て、駐車場に到着。
スムーズに駐車場に入れたので、空いていると思ったら・・・。
入場制限!40分間並ぶことに・・・





080824c家具も色々ありますが、雑貨の種類も数も半端ではありません。






080824dセルフサービスで、組立式家具をピックアップするのですが、その棚(倉庫)の大きさがすごい!

しかし、店内でかなりの距離を歩きました。ちょっと疲れます。

yama1117 at 23:24|PermalinkComments(2)個人 

2008年08月23日

毎週末は3S改善活動

080823c恒例の週末改善活動です。
消耗品の新しいアイテムが増えたので標識の新作です。
定量管理(決めたMAX〜MINの数)のシールも貼られます。




080823b玄関周りの整理のために、掲示板や鍵掛けの新作です。







080823a

yama1117 at 16:57|PermalinkComments(0)徹底した3S活動 | 社員と会社

2008年08月22日

経営者の仕事は?

080823本日は、私が経営を学ぶ中小企業家同友会東大阪東支部の例会です。

報告者は、株式会社ソリッドツール(製造部門:(有)コーエイ産業)の代表取締役、田中さんです。

経営母体である(株)ソリッドツールは、父が創業者でもちろん現在もバリバリ代表取締役を努められています。


29歳の時に、父親から「(有)コーエイ産業の代表取締役にしたぞ」と告げられるも、その事は、社員には口に出せなかった・・・自他とも認められる自信がなかった。

数年後、自ら社長だと社員に告げた時、社員から帰ってくる言葉は、信頼も尊敬もまったくないものばかり・・・

それからの10年間、悩んだこと、そして気付き学び実践してきたことなどを、精一杯報告していただき、グループ討論を行ないました。

経営者の仕事ってなんやろ?
社長と経営者は違うぞ!社長は誰でもなれるけど経営者は努力が・・・
社員は、経営者の決断を待っているのでは・・・
会社の方向を示すことが大切
目標を決めることが必要

でも、一番大切なのは「目的」だろう!「何のため・・・」が一番

報告者の田中さんの言葉の中にも、「経営理念」(目的)を腹に落とした時から、自信が出てきた!エネルギーが湧いた!と語られています。

とても、良い例会でした。


yama1117 at 23:57|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 

2008年08月21日

今日の見学社

080821a今日は、岡山県からゼノー工具株式会社 社長はじめ5名の3Sリーダーが見学来社されました。

特殊超鋼切削工具の素晴らしいメーカーさんです。

過去から現場改善の活動や小集団活動には熱を入れてきた実績があるとのことですが、さらにステップアップを目指すために、山田製作所を訪れてくださいました。
080821d理にかなった生産の仕方を追及するために、お互いがんばていきましょう。

遠方からのご訪問、ありがとうございました。

yama1117 at 22:48|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年08月20日

行政との懇談会

080820本日、大東市と中小企業家同友会の懇談会でした。

私が経営の勉強をする中小企業家同友会は、理念に基づいて同友会運動を行なっている経営者団体です。

理念は、
よい会社を作ろう 優れた経営者になろう 経営環境を改善しよう
この三つの目的を
自主・民主・連帯の精神で、
国民や地域と共に歩む中小企業を目指す

現在、「地域」がキーワードの時代です。

私達、一事業者も経営理念を掲げて経営しています。

その理念には、顧客のため、社員のため、そして社会(地域)のため の内容が成文化されているはずです。

だからこそ、今だからこそ、行政と共に地域産業振興について語りあうことが必要なのだと感じます。

昨年に続いて、2回目の懇談会でしたが・・・

産業労働課課長さんから、「色々な経営者団体と懇談を持ちますが、こんなに建設的な、高い次元の意見を出される団体は初めてです」とお言葉が出ていました。

それと同時に、私たちが心したのは、行政の産業施策で「主体力の育成」という言葉が出ています。この主体力とはまさしく「企業」のことです。

主体者である企業一社一社が、「よい会社を作ろう 優れた経営者になろう 経営環境を改善しよう」を実践していかなければなりません。

yama1117 at 23:13|PermalinkComments(0)大東市 | 中小企業家同友会

2008年08月19日

機械要素技術展〈関西〉出展します

080820c


来る10/1〜10/3の3日間、インテックス大阪で開催される「第11回機械要素技術展」に出展します。

今日、配付する招待状が到着しました。

5月の東京ビッグサイトに続いて今年2回目の出展です。
株式会社山田製作所をしっかりと発信していきます。
080820b




080820a









よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 15:51|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年08月18日

終戦記念日

この話は、同友会で一緒に学ぶ静岡の経営者仲間のブログで紹介されたお話です。
8月15日の終戦記念日に投稿したかったのですが、少し遅れてしまいました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

《ニッケルの指輪》
お隣の息子さんは19歳の若さで戦死した、昔の神風特攻隊であった。飛行機ごと敵艦に突っ込むのだから、当然、何も残らない。だから遺骨の箱は空っぽのはず。なのにその遺骨箱は、傾けた拍子に、ことりと音がした。何か入っているらしい。
 
好奇心にかられて「開けてみようか」と言いましたが、ご主人より妻の政子さんが「遺骨箱を開けるのは、お墓を暴くのと同じで仏を侮辱することです、やめてください」と目の色変えて反対したそうである。
 
戦死した息子さんの生みの母は、息子さんが3歳の時に亡くなって、今の政子さんは継母だったのである。つまり、生さぬ仲の母子で、神経質に気を使っていると思った。それで、遺骨はそのままで50年が過ぎた。
 
この地方の慣例で、遺骨箱は50年は仏壇に供えておくが、50年忌がくると、先祖累代の墓地に移されることになっていた。法要の長々とした読経のあとで、墓に移す前に、遺骨の箱を開けてみようと提案された。
 
ご主人はすでに亡くなっていたので、継母の政子さんも、多勢に押されてしぶしぶ同意した。こうしてお坊さんの手で箱は開けられた。出てきたのは1枚の便箋紙にくるまれた、ニッケルの女物の指輪だった。
 
「あら、それは若い頃に紛失したまま、忘れていた私の指輪やが」と政子さんが言った。そして便箋には、ペン字の走り書きで、次のようなことが書いてあった。
 
僕は3歳の時から育てられて、心の中ではすまないと思いながら、ついにお母さんと呼べなかった臆病者でした。出生する時お母さんの鏡台から、そっと持っていったこの指輪、お母さんと思って肌身離さず大切にしていましたが、出撃命令を受けた今、修羅の海に沈めたくないので、お返しします。そして今こそ、呼ばしてもらいます。お母さん!僕は19年3ヶ月と、短い命でしたが、お母さんは僕の分まで長生きしてください。これが最初で最後です。お母さん!さようなら。
 
強烈な感動が、みんなをおし包んだ。息子さんが頑なに、お母さんと呼ばなかったことは皆も知っていた。「冷たくするからなづかんのか、なづかんから冷たくするのか、生さぬ仲とは妙なもの」ぐらいに、傍は思っていたが、子どもの心はそうではなかった。
 
初めて知った継子の純情に政子さんは手放しで泣いた。みんな泣いた、私も泣いた、あの感動は今も忘れない。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

63年前の戦争には、いや今までの戦争には、このような話が多く隠されているのだろうと思います。
このような尊い命が今の日本を築き上げていただいたのだと感謝します。

同時に、戦争の愚かさを感じます。

そして、いとも簡単に自分の命を、また他人の命を粗末にする現在の日本人に憤りを感じさせるお話です。

8月15日、命を考える深く重たい一日でありたいものです。

yama1117 at 23:47|PermalinkComments(0)いいお話し 

2008年08月17日

気合だ!気合だ!気合だ!

浜口京子選手が、銅メダルを獲得しました!

本当は、金色のメダルがほしかったのですが、でも頑張りました!

浜口選手のお父さん「アニマル浜口さん」が大好きです。

純粋に、レスリングと娘を愛し、その愛し方は中途半端では

ありません。

「気合だ!、気合だ!気合だ!」の掛け声は、伊達や酔狂ではないものです。

無心に娘を応援する心だと感じます。


0808173位決定戦に勝ち観客席に走りよりお母さんに抱きついた浜口選手、

それを見守るお父さん、アニマル浜口さん。

本当にお疲れ様でした。

でも、京子選手に抱きついてもらいたかったですね・・・

メダルは、一番最初にかけてもらったかな?






yama1117 at 20:52|PermalinkComments(4)つぶやき | 家族

2008年08月16日

オリンピックを見ながら

お盆休みも後1日・・・

吉田沙保里選手が先ほど金メダルを獲得しました!

今日の昼まで吉田選手の実家がある三重県に行っていました。


さて、

今年は、家族でオリンピックを観戦する時間が多くあります。

昨日、女子体操の団体戦を家族全員で見ながら・・・


長女:アメリカの選手達かわいいな〜

三女:ほんまやなぁ〜

二女:うんうん

長女:髪の毛なんかつやつややもんなぁ〜

三女:はじめから金髪やで〜

二女:うんうん

長女:うらやましいなぁ・・・

長女:脚、細っ!

三女:めちゃ長っ!

二女:ええな〜、自分なんか、太いし 蚊に噛まれまくりやし・・・

家族全員:大爆笑!

おもろいやん!

オリンピックは、まだまだ家族を楽しませてくれそうです。

yama1117 at 19:37|PermalinkComments(0)家族 

2008年08月15日

暑い日

山手には、入道雲が…63年前のこの日も暑い日だったのか。
平和を祈る一日です。


yama1117 at 15:34|PermalinkComments(0)つぶやき 

2008年08月14日

高速道路一区間で一日遊ぶ

有料高速道路を約400KM走っても一区間料金・・・
新名神高速道路が開通してそれが可能に?
噂で聞いていたのですが・・・、そこで実際に走って来ました。



080814a朝6:12 バイクでスタート



阪神高速で名神豊中ICへ、ここから実験スタートです!
080814b








080814d名神高速⇒新名神高速道路へ 土山SA

スタートより2:00 118.6KM
080814c








080814e新名神高速⇒東名阪道へ


そして伊勢湾岸高速へ
080814f








080814g豊田JCTを名古屋方面 東名高速道路へ


名神に入って、多賀SA お昼の食事
080814h








080814i名神草津PAまで帰ってきました。
となりは、専務(雅之)と専務が衝動買いしたSR400
30周年記念車


実験のゴール吹田ICで下ります。
080814j








080814k 近畿自動車道400円+350円で750円の支払い


スタートから約9時間、走行距離434KM
話のネタつくりとしては、楽しいツーリングです。 
080814l









高速道路を約400KM走っても、一区間料金の350円(軽車両)!
多分、日本の数箇所にこんなルートがあるのでしょうね・・・



yama1117 at 17:17|PermalinkComments(0)個人 

2008年08月13日

一本!

北京オリンピックが熱くなってきています。

昨日の女子柔道63キロ級 谷本歩実選手

やりましたね!アテネに続いて連覇です。

昨日の決勝の試合は何度見ても気持ちがスッとしますね。

「一本」にこだわった柔道。

相手に組ませず、それにより「指導」を誘発させて反則勝ち

するような柔道ばかりが目立つ世界柔道。。。

そのような柔道ではなく、日本らしい柔道にこだわる日本選手たち。

その姿をしっかりと見せてもらいました。

決勝相手のフランス「ドコス」選手も、一本にこだわる選手とのこと

谷本選手が、最初で最後のすばらしい選手とたたえたのもうれしい

コメントでした。


yama1117 at 18:46|PermalinkComments(0)つぶやき 

2008年08月12日

今日の見学社

080812a今日は、興和工業株式会社 社長はじめ10名様が見学に来てくださいました。

お聞きすると、ここ半年で経営理念、経営方針を学び事業革新に燃えているようです。

社風を作り出すには、「徹底とことん」が必修の条件ですね。
080812b金城社長は、女性の力を大いに採用したいと語られました。
その為にも作業環境や就労条件を改善し、安全で快適な、そして働きやすい会社を作りたいとビジョンを語ってくれました。

お互い頑張っていきましょう!
ありがとうございました。

yama1117 at 16:31|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年08月11日

ものづくりスキルアップ講習

080811本日、地元大東市の施策である「ものづくりスキルアップ講習」の企業実習編を当社で開催されています。

この講習は、未就労者にスキルを身に付けてもらい就業チャンスを高める事を目的に、3年前から行なわれているものです。
「旋盤」「フライス」「溶接」のクラスに別れ、今年は20名ほどの方々が参加されています。

講習の前半は、地元工業高校で、図面の見方、CAD講習を行い、溶接の基礎を学ばれます。
そして後半は、企業に出向いて実技に基づき実際の現場で行なわれているものを目で確かめ、実作業も行なうものになっています。

当社も「溶接」のクラスを開校当初から担当させていただいています。

昨年までは、若年層の受講者の方々でしたが、しかし、今年は・・・
69歳・60歳・42歳・40歳の方々です。

先ほど開催の挨拶と各自自己紹介に参加させていただきました。
69歳・60歳のお二人が元気です!

今日一日講師を務める専務も「若い子なら、なぜ働くのか?などを中心に話をするのやけど・・・。さて今回は、どのように進めようかな?」と戸惑っていました。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 11:55|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年08月10日

久々に親子でツーリング

080810a久々に親子でツーリングを楽しみました。
父(会長)と父の単車仲間お二人と4人でツーリングです。

おじさんライダーです。

080810c実は、新車の納入だったのです。
長年乗った単車(1450cc)を下取りに出し、1200cc エンジンの単車に入れ替えです。

父も今年73歳になり300kgを超えるバイクの扱いに苦労し出したとのこと。
しかし、まだバイクを下りたくないと…。
まだまだ現役の親父でがんばっています。
たいしたもんです!

yama1117 at 21:43|PermalinkComments(0)家族 

2008年08月09日

誕生日は両親に感謝の言葉

仕事も一段落した夕刻メールをチャックしますと、件名に「感謝」と記されたメールを受信しました。
発信者は、一緒に学ぶ経営者仲間です。
何かな?とメールを開くと下記の内容です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

皆さん、こんにちは。

さて、皆さんに質問!  本日は何の日でしょうか?
そうそう、オリンピックの競技開始日。 う〜ん、正解!!
長崎の原爆の日。   それもまた正解。
盆休みの4日前。  う〜ん。微妙に正解。

実は、本日は私の42回目の誕生日なのです。

午前中、事務所にてそういう話しをしていたら事務員が私に一言、
『42歳になって、誕生日ってそんなに嬉しい!?』って言われました。
確かに、年を取るのは徐々に墓場に近づいてきているので嬉しくはないのですが、
でも私がこの日に毎年思うのは、生きている事への感謝、そしてこんな私でも信用をし支えてくれている人への感謝の気持ちです。
そういった話しをしていたら色々な事が頭の中を駆け巡り、昼休みに思わず両親にメールをしてしまいました。

『親父とお袋へ。  本日で私は42歳になりました。 現在、決して楽ではないですが心は幸せです。普段言う機会がないのでこの日に一言。 生んでくれて有難う。』

面と向かって言えばいいのですが、照れくさいのでメールにて御礼を言いました。

そして皆さんにメールをさせて頂いているのは、その事の報告ではありません。

私にとって、皆さんは大切な仲間であり、人生の財産だと思っています。
その素晴らしい仲間と出会えお付き合いさせて頂いているのも、42年前の今日という日が有ったからだと思います。

今日という日に感謝!
私と出会いお付き合い頂いている事に感謝!  
有難うございます。
そして、こんな私ですが今後も宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

思わず胸が熱くなりました。
涙が出ました。

そうなんですよね・・・
誕生日という日は、母が命を掛けながら私たちを生んでくれた日なんですよね。
その感謝の気持ちを一年に一回言葉にしなければいけない日・・・

そんな気持ちをすっかり忘れていました。
このメールで、大きな気付きをいただきました。

親父に対して、なかなか素直になれない自分・・・
心ではいつも反省しています。

Uさん!
ありがとう!
そしてお誕生日ありがとうございます。

私こそ、これからもよき相談相手でいて下さい。
よろしくお願いします。


yama1117 at 18:40|PermalinkComments(2)いいお話し | 家族

2008年08月08日

Beijing 2008 Olympic games

北京オリンピックの開幕です!

鮮やかなそして、大人数でのアトラクション鮮やかですね。

福原愛ちゃんの笑顔がとても素晴らしいです。

さて、聖火はどんな感じで点火されるのか?

楽しみですね・・・

しかし、雨が降らなくてよかったです。 


〈追記〉
日本選手が入場した途端、寝てしまいました。
そして、タイミングよく目を明けた時が聖火を点火する瞬間でした。

寝てしまった方も結構多かったのでは?


yama1117 at 23:55|PermalinkComments(0)つぶやき 

2008年08月07日

今日の見学社

080807a今日は、京都から朝一番に株式会社ミツワ製作所の常務はじめ5名の企業変革リーダーが見学に来て下さいました。

山田製作所とも同業で、事業規模は大きな会社です。
今後、若手リーダーたちが企業をどう変革させていくのか・・・
大きなテーマですが、「能率」より「効率」をキーワードに、080807bお互いがんばっていきましょう!とエールを交換しあいました。

今日の説明者は、大西君です。
今日が説明担当のデビュー戦です。ところどころヘルプサインが出ていましたが、しかし、堂々と説明していましたよ!
大きな学びがあったと思います。


yama1117 at 16:41|PermalinkComments(2)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年08月06日

原爆忌

今日広島は、63回目の原爆忌を迎えた。

今年までに25万8310名の被爆し亡くなった方々の慰霊を祈る。

日本は世界で唯一の被爆国です。

だからこそ世界に発信する声は力があるはずです。

しかし、なぜ声が小さいのか…

核保有に関して、アメリカと北朝鮮の協議に対して、モノを申すことが

なぜできないのか。

もっと大きな声で世界に発信していかなければいけない。

yama1117 at 23:09|PermalinkComments(0)つぶやき 

2008年08月05日

どうやって撮ってるの?

皆さん、Googleの地図→ストリートビュー を見ました?

びっくりですね!
山田製作所の前も周辺もしっかり映し出されています。

映像は、今年3月25日の午前9:00過ぎの映像です。

ちょうど晴美台幼稚園さんの先生方が見学に来られた時が映っています。
西側の通りでは、会長が幼稚園バスを誘導している映像が出てきます。

「大東市新田中町2-41」を検索していただくと山田製作所が見れますよ

皆さんの住所で試してみてください。
(まだ東京や大阪・仙台・函館などの一部周辺ですが)

しかし、360°の映像を映すことが出来ますが、どうやって撮影しているのでしょうか?
解説していただける方います?


yama1117 at 23:44|PermalinkComments(4)つぶやき 

2008年08月04日

不思議なことに同じようなことが重なりますね。

一本の電話をきっかけに、電話が数本たて続けに掛かってきたり、
仕事でも同じような内容や、同じような形状のものが続いたり…

このようなことは皆さん経験されていたり、いつもそのような傾向があることに同意してもらえると思います。

今日、7月29日ブログに書きました中学生の職業体験に関して、担当の先生が来社されました。それに関して、当社の考えやそれの位置づけや、計画の話をしていました。

そして先生が帰ったあとすぐに、ある大阪府立高校の先生から電話が入りました。
11月に、理系の大学に進学する生徒数人を対象に、ものづくり授業をしてほしいと…。もちろん開催場所は当社です。
うれしい電話です。

しかし、
なぜなんでしょうね…、同じようなことが重なりますね。


受け身ではなく、この機会をどう自社(社員)の成長に結びつけるか…

この考え方が、機会をチャンスに変えていくコツなんだと感じます。

yama1117 at 23:00|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年08月03日

夏休みの宿題

060803小学校5年生の三女が絵を描いています。夏休みの宿題のようです。
聞くと、学校ではエコ委員会に入っていて、その委員だけの宿題で、コンクールに出す作品とのこと。
エコ委員会では、地球温暖化とはどうゆうことなのかを調べたりして勉強いるらしいのです。

この作品を通じて、地球環境を考える活動がもっともっとひろがればいいですね。


yama1117 at 18:41|PermalinkComments(0)家族 

2008年08月02日

女子高生に囲まれながら…

080802千葉からの帰り、品川駅から乗り込んだのぞみ号。
なんと修学旅行の女子高生ばっかりの車両でした。
20列×5席=100席の内、98席が女子高生そして2席だけが私とたまたま乗り合わせた若い男性だけ…。

検札に来た車掌さん(女性でした)が、「喫煙席でよろしければ、席が空いています。移動されますか?」と気を使ってくれましたが、
「いや、平気ですよ」とそのまま。

しかし、なんとまぁ〜賑やかなこと。
でも、なぜか嫌じゃなかったです(笑)

もし、男子校だったら…、
もちろん車掌さんにお願いして移動です(笑)


yama1117 at 20:33|PermalinkComments(0)個人 

2008年08月01日

千葉市に来ています。


080801今日は、私が経営を学ぶ中小企業家同友会の中心運動である、経営指針確立成文化運動の運営リーダーが全国の同友会から集まりこの運動の推進に関していろいろな意見交換を行っています。
私も大阪の代表者として参加し熱い意見で討論に参加です。

経営指針成文化運動は、自社経営を科学的に把握し、自社の存在価値の社会性を認識し、社員と共に実践していくことを中心に、そしてその成果で企業つくり、そして地域つくりにつながる大きな目的でもあるのです。

yama1117 at 17:27|PermalinkComments(0)中小企業家同友会