2008年04月

2008年04月30日

大阪ものづくり研究会(OPS会)

080430b本日、「大阪ものづくり研究会」(略称OPS会)のキックオフ大会に来賓として参加させていただきました。

この会は、中小企業5社が集まり、株式会社OYM 大山繁喜先生の指導で現場改善(3S)から生産革新(PI)を学び事業革新を実践していく研究会です。

080430aそう、山田製作所が事業革新してきたその学びと同じものに挑戦される新しい5社が集まったのです。

ぜひとも、挫折せず頑張って継続していただきたい。

その為には、経営者の熱き想いだけです。

080430c1年後のOPS会の姿と実践内容を楽しみにしています。
だから、参加企業名は、1年後に書くことにしますね。

今日、キックオフされた企業さんは、この意味わかりますよね。。。




yama1117 at 23:08|PermalinkComments(1)経営の勉強会 

2008年04月29日

のんびり久々にツーリング

080429b一人で丹波方面に走りに来ています。ドコドコとのんびり、のんびり。

9:00に出発し、宝塚から、三田、丹波笹山経由で、青垣へハーレーで下道をのんびり。。。

【追記】
青垣から北近畿豊岡自動車道〜播但道路経由、で南に向かい中国自動車道で大阪へ。

とてもお天気も良く、気持ちよく走ってきました。

バイクは、いろいろなことを考えながら走れます。


080429c約7時間、270kmの行程 ちょっと疲れましたが久々にのんびりした休日です。

yama1117 at 12:48|PermalinkComments(1)個人 

2008年04月28日

社内の当たり前が、世間での非常識

080428YMS仕事が終わってから、18:00から21:00まで、今日はYMS会議でした。


今日は、昨年入社の清水君から「安全」に関する件で問題提起がありました。
彼は、職業訓練校の卒業生です。「安全」については、徹底的に学んで来た経緯もあり、また自負もあります。

「山田製作所は、他社より2ランク上と良く言われるのに、安全に関しては
入社以来ずっと疑問に感じています。」

「トイレに行くとき、機械を停止させず 回りぱっなしで離れる」
「冬場、石油ストーブを使っている時期、アセチレンガスのトーチに点火するのに、そのストーブの火で点火する」
「プレスブレーキのバックゲージを跳ね上げる時、金型の下に手を入れている」
等など・・・。

金型の下に手を入れるなどは論外ですが、その他は指摘されてはじめて、気付いているのが事実です。


すぐに全員で話し合いをしました。しかし、まだベテラン連中はじめ数年勤務している者は事の内容の重大さにピンっと来ていません。


先日、パートナー会社である株式会社フジムラ 橋本社長からも電気配線やエアーホースを踏みつけながらの作業に対して指摘を受けました。
「工具を踏みつけるのは、親の頭を踏みつけているのと同じだ!」と。。。

コードまで意識していませんでした。

徹底的な3S工場だと、世間からお褒めの言葉を頂いていると言っているが、恥ずかしい限りです。

大いに反省です。むちゃくちゃ反省です。

この二つの指摘事項の本質を論議しました。

『「安全」は、すべてに優先する』徹底していきます。


yama1117 at 20:15|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年04月27日

ゴルフコンペお天気良ければすべて許せる

gorufu1今日は、同友会の東大阪東支部のゴルフコンペに参加です。
今年初めてのラウンド。天気も良く気の合う経営者仲間たちと楽しくラウンドしてきました。

まぁ…スコアーの方はいつもながらの高値安定です。
年末以来クラブも触っていないのですから、ゴルフの神様が許してくれるはずがありません。

でも、ショートホール(165ヤード打ち下ろし、フォローの風)を8番アイアンでナイスショット!ワングリップ(約30cmピン奥)のニアピン!これだけは、気持ちが良かったですね!

昨日の結婚式、今日のゴルフ、
お天気が一番のご祝儀ですね。



yama1117 at 23:07|PermalinkComments(2)個人 | 経営の勉強会

2008年04月26日

とっても素晴らしい結婚式

fujimura3無事に、そして しっかりとお祝いの言葉を述べさせていただきました。

とても、素晴らしい披露宴が進行しています。





【追記】
hujimura1久々に素晴らしい結婚披露宴に招待いただきました。

新郎・新婦は、幼稚園の頃から7軒隣の幼なじみ同士、中学生の頃から意識しだし18歳頃から正式にお付き合いが始まったということです。
そして、お互いが33歳になる今、やっと結ばれました。
(いろいろあったんでしょうね・・・(笑))

fujimura2新婦が、お色直しで退場する時、お母さんがエスコートされるのですが、ここでも泣かせるナレーションが

お二人が席に帰ってくれば、新婦のご両親が前に出て、お父さんからお母さんへ今までの苦労をねぎらうスピーチが

そして、最後は定番の新婦からお母さんへの手紙の朗読・・・。もう感激もピークです
  3回ハンカチを出して目を押さえる事に。

そうとう苦労されたご両親をご存知の皆さんも同じくハンカチで目頭を押さえます。

ご両親への感謝をすごく感じる、素晴らしい披露宴でした。

そう言う歳なんですかね・・・、涙腺がメチャクチャゆるくなってしまいました。



ところで、本当に主賓挨拶はしかりと出来たのかって?

会社は今日も仕事でした。
いつも通りに出勤して、朝の清掃もこなし朝礼もしかり参加して結婚式に向かいました。

ここで裏話
3分間スピーチの当番がちょうど私だったのです。

社員の皆にお願いして、主賓挨拶のリハーサルをしっかり行い。ダメだしやアドバイスももらって、出陣したわけです。

今、ホッとしています。



yama1117 at 12:09|PermalinkComments(4)経営の勉強会 

2008年04月25日

大阪府中小企業家同友会定時総会

受賞昨日は、大阪府中小企業家同友会の第51回定時総会に参加しました。

ここで、トピックスを!

大阪府中小企業家同友会が(社)大阪中小企業診断士会の協力のもと作成した、「大阪版中小企業変革支援プログラム」に基づき企業活動評価を受けた結果「平成19年度大阪同友会経営品質賞」ブロック賞を受賞しました!(大賞があり、その次の賞です)

財務分析も含めて、そして成果も評価されての受賞です。
嬉しいですね!今朝の朝礼で、表彰状を披露社員全員で喜びました。



よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ


yama1117 at 17:30|PermalinkComments(0)経営の勉強会 

2008年04月24日

今日の見学社

星王1今日は、始業前の7:30より、静岡県富士市から、有限会社星王工業12名様が見学に来られました。

先日4/10に静岡同友会 富士支部総会の記念講演をさせていただいたのがご縁です。

朝の清掃から、朝礼、工程ミーティング、KYT(タッチアンドコール)にも参加していただき、
星王2工業見学→3S講義と11:00までの見学会です。

しかし、行動力にびっくりしますね!
「よし!見学に行くぞ!」と決めたらすぐに実践(行動)
ぐずぐずなんてされませんね。

さすがだなぁ〜と感心させられます。

星王3
今日、晩の0時に富士市を車2台で出発され山田製作所に到着、そして休憩もなしに11時まで見学、そしてすぐに富士市に向かって帰路につかれました。

「すぐ実践!」=勉強させていただきました!

お気をつけてお帰り下さい。。。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ




2008年04月23日

これが大阪のものづくり

2008大阪ビジネスEXPO案内来る5月22日(木)23日(金)
東京ビッグサイト西3ホールにて、
「大阪ビジネスEXPO2008」が開催されます。

(株)山田製作所も出展します!

是非とも御来場よろしくお願いします。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 08:52|PermalinkComments(0)展示会案内 

2008年04月22日

ISO9001更新審査

ISO審査1昨日のブログでも紹介しましたが、本日2回目の更新審査(6年目)を、弊社認証登録業務をお願いする、高圧ガス保安協会ISO審査センター(KHK)さんにて行なって頂きました。

写真は、審査前の全体ミーティングのシーンです。当社では全社員も審査前及び審査後のミーティングには参加して意識を高めています。
ISO審査2
更新審査ですので、3年間のQMSの動きも監査されます。

午前中一杯は、経営責任者である私への監査が中心に行なわれました。
・経営者のコミットメント
・顧客重視
ISO審査3・品質方針/品質目標
・マネジメントレビュー など

これは、毎期作成する経営指針書を説明すれば全てOKです。
社員全員で作り上げる経営指針書は、まさしく方針展開シートであり、また有効性の確認をしっかり網羅したものです。



6年前認証取得時の審査は、私と専務の二人だけが色々な部署の兼任をして二人だけが解っているISOでした。
でも、スタートはそれでも良いと思っています。

体制が整ってから・・・と言いながら、結局スタートしない会社は何も得れません。

今は、私や専務は楽なものです。なぜなら社員に権限委譲が出来ているからです。

会社の仕組み作りで大切なのは、「まずやろう、そして走りながら考えよう」です。



今日の審査は、おかげさまで指摘事項(不適合及び軽微な不適合)は、無しでした。

審査員からもお褒めの言葉を頂きました。
そりゃ・・・今も全員で走りながら考えているのですから当然の姿でしょう(ちょっと自慢(笑))

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 20:21|PermalinkComments(2)社員と会社 

2008年04月21日

ISO9001更新審査準備万端!?

ISOzennjitu明日は、ISO9001(品質マネジメントシステム)2回目の更新審査です。という事は、認証取得6年が経過することになるわけです。

認証取得した当時は、経営責任者もその他責任者全てを兼任し、管理責任者である専務と二人だけで審査を受けていたようなものでした。

今では、ほとんどを社員に権限委譲出来、楽になりました。
そして、年々良いQMS(品質マネジメントシステム)に変化していっています。

高い審査料を払うのですから、徹底的に審査してもらわないといけません!
(6年前の認証審査は、この反対の気持ちですが・・・(笑))


写真は、明日の準備に取り掛かる管理責任者(専務)と品質管理責任者(鈴木主任)です。では、明日よろしくお願いしますネ・・・。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

2008年04月20日

来週結婚式の新婦さんより手紙が

 来週の土曜日、仕事でのパートナーでもあり、お互いに経営者の勉強を一緒に学ぶ仲でもある社長さんの娘さんの結婚式に招待されています。

 お父さんの会社の総務関係をお手伝いされていて、そして親父さんの一番弟子である、工場長とご結婚されるのです。

 その、お二人から昨日お手紙をいただきました。

内容は、まだ付き合いの短い私に主賓の挨拶をお願いした理由がしたためてあります。
 そうなんです。なんと主賓の挨拶を仰せつかまりました!
正直、結婚式での挨拶は数回ありますが、主賓は初めてです。

 嬉しいですね!
互いに、経営理念で人の幸せを追求する事をうたう企業であり、その信頼関係でつながる間柄です。
 そして、幸せな門出に一緒にお祝いが出来る。こんなに嬉しく華やかな事はありません。しっかり挨拶を務めさせていただきます。

 お手紙の件に、「・・・・必ず幸せになりますこと、約束します」と書かれてあります。
 大きな幸せと、大きな未来、そして固い決心を感じる言葉です。

ありがとうございます。


yama1117 at 10:07|PermalinkComments(5)個人 

2008年04月19日

今週末の3S活動

0804193S今日は土曜日、3S改善活動の日です。
Bチームは、先週に引き続き管理板の塗装のメンテを行なっています。







さて、今日は社内でバーベキューパーティーでした。(写真を撮り忘れました)
 予定開始時刻は17:00でしたが、出荷しなくてはいけない製品の組立に手間取ってしまい、業者さんのトラックに積み込み荷作りが終了したのは19:30でした。
立会に来られたお客さんも、トラックの運転手さんも一緒に食べていただき、21:00過ぎまでウダウダとやっていました。
 楽しいひと時です。

さぁ・・・、明日は少し寝坊をさせてもらいます。
では、また・・・

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 21:40|PermalinkComments(1)徹底した3S活動 

2008年04月18日

大阪リエンジニアリング研究会

 今日は、第108回大阪リエンジニアリング研究会が山田製作所で行なわれました。この研究会もまもなく10年目に突入です。

大阪リエンジニアリング研究会とは、ここをもう一度見て下さい。

13:30から16:30まで、山田製作所の全社員とメンバー5社から各3名とオブザーバーの2社に参加していただき、大山繁喜先生(株式会社OYM)の指導で進んでいきます。

     時事経済情報
       ↓
     各社月間の活動報告 
       ↓
     現場ウォッチング
       ↓
     グループミーティングと発表
       ↓
     レクチャー


各社の活動報告の質問タイムに、課題の本質を見抜いて
どのような質問をするのか。。。
これも、楽しい時間です。

現場ウォッチングでは、メンバー各社からのお褒めの言葉と、キツイ指摘が
ありがたい励みと反省になっています。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 20:54|PermalinkComments(0)徹底した3S活動 

2008年04月17日

「知行合一」

総会ああ今日は、大阪府中小企業家同友会 東大阪東支部および大阪東ブロックの総会でした。

ブロック総会では、議長を務めさせていただきました。
無事、提出された議案すべてが承認され、新しい年度が始まりました。

通常、月例会では、会員の中から報告者を選出し報告が行なわれるのですが、
年一度の総会では、アカデミックに大学の先生など、文化人にきて頂き記念公演を
行なっています。

本日は、講師に大阪市立大学大学院医学研究科教授 廣橋一裕先生に来頂いて
「生活習慣と肝臓病」のお話をしていただきました。

内容は、メタボリックシンドロームに関してでしたが、要は、日頃の努力をしていますか?です。

お話の中に、陽明学の「知行合一」という言葉を紹介されていました。
これは、知識と行動が一体にならなければ、決してよい結果が生まれないという意味です。

“知っている”は、誰でもしています。そして同時に、それに対しての行動もしていますか!ということですね。

私たちが学ぶ同友会でも、「学要実践」という言葉があります。
学びとは実践が必要。実践が無ければ学びではない。ということですね。

経営の勉強は誰でもします、しかし実践をしているか!

 簡単な言葉ですが、とても重たい言葉ですね・・・。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ


2008年04月16日

社員を育てる

 本来なら明日出荷の物件、納期を2日遅らせていただき、今必死になって製作している状況です。
 
 専務は、弊社窓口のK君にお客さんに納期の遅延申請を早く連絡しておけと4月上旬から口頭で何回も言っていました。

しかし、今週月曜日、検査に来られたお客さんは、当初の予定通りのつもりでいらっしゃる。後手に回ってしまったのです・・・・。

「あれほど何回も言うたやろ!」「何でや!」・・・。

月曜日の出来事です・・・。

そんな中、下記のメルマガが届きました。
筆者は、元信用金庫の常務で今は、全国各地を講演で飛び回っている方です。

=====================================================================

リーダーが部下を変身させる方法にはいくつか上げることができる。まず私は、リーダーの条件の中に、「褒めると叱る」がしっかり出来ることを上げているが、どちらが先かとあえて聞かれたら、まず褒めるを先に上げている。

大体人を褒めるということは、口では簡単だが実行は難しい。特に最近実力をつけてきたと認める部下に対しては、素直に褒めることができないものである。但し褒めるといっても、その部下の現在の力に応じて褒めることが大切である。褒める基準をリーダーの力を基準としていたのでは、まだ力不足の部下の小さな成功を褒めることができない。例えばお客さんから苦情があって、それを解決すべく訪問したあとの報告の時を想定してみよう。

結果的にはその苦情は、その時点では解決できていない場合とする。それでも、まず褒める箇所を見つけてそれを先に褒めるのである。「うん。なかなかよく頑張って交渉したね。しかしお客さんのおっしゃることも一理あるから、解決には至らなかったが、真意は充分伝わったと思うね」と言うのである。これがなかなか言えそうで言えない。

つい「なにを言ってるんだ。こうも言ったのか。もっとなぜ厳しくお客さんの勘違いではないかと言えなかったんだ」と言ってしまいがちなのである。それは、この問題が長期化したら、自分が出て行かなければならなくなるからであり、それが無性に嫌だからである。

だが、それを露骨に前面にだしてしまうと、部下は心の鎧の紐をグッと締めて、自分を守ろうとしてしまうものである。(まだまだ交渉が下手だなあ。交渉になっていないなあ)と思っても、「これは長期戦だね。実は昔私もね」と、自分の昔のあやまちを語り聞かせ、その上で部下の至らないところをさりげなく注意し、部下自身でそれを悟らせるのである。(上司が自分の失敗談を聞かせてくれている。こんなに怖い上司でも、若いころは自分と一緒で、失敗もしてきたし、困難な仕事からは逃げたいと思っていたのだな)と気づき自然と心を開くのである。

そして、もう一度仕切りなおして交渉してみようという気になってくるものである。そこに持っていくまでには、このような回り道を覚悟しなければならない。「ばか者。これでは子供の使いと一緒だ。もう一度行って解決して来い」とつい言ってしまいがちなのだが、そこはグッと堪えるのである。ここが人を育てるリーダーの踏ん張りどころである。

=====================================================================

グッと堪える
     グッと堪える
          ここがリーダーの踏ん張りどころ
                              あぁ!難しい!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ




2008年04月15日

今日の見学社

今日は、和歌山県から印刷の会社株式会社ウイングさん7名が見学に来られました。

ウイングさんは、今年の1月に続いて2回目の見学会です。

今日は、工場関係の方々が中心とお聞きしています。

徹底した3Sが生産革新につながる切り口でお話をさせていただきました。



★午前中は、日本経済新聞社 大阪本社 編集経済部のI次長が、当社に来られ、

徹底した3S導入の経緯や、その成果(生産革新)などを取材されました。

 「中小企業の企業戦略」のような特集を考え中との事。

記事になれば嬉ですね。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ








2008年04月14日

静岡同友会 富士支部記念講演追記

 4月10日、静岡県中小企業家同友会 富士支部総会の記念講演をさせていただき
その後、富士支部の皆様よりメールをいただいています。

同友会は全国全ての都道府県にあります。
全国行事も年に数回ありそこで出会う同じ中小企業の経営者の方々と懇親をもてる事はとても良い刺激になっています。

今回の、富士支部総会には、お隣の沼津支部の秋山支部長が来て下さいました。
秋山さんとは、全国総会で同じグループ(テーブル)になったのがきっかけで、今では経営の考え方について色々と情報を頂く尊敬する経営者となっています。

この様に、100人100様の考え方を同友会理念に照らし合わせて学び、自社経営に活かせる素晴らしい仲間が同友会仲間です。



秋山支部長が自社のブログに記念講演の事を書いてくれています。嬉しいです。

=====================================================================
 先週の木曜日は同友会・富士支部総会、また土曜日は静岡県同友会総会、そして明後日は我が沼津支部総会と、いよいよ総会シーズンの幕開けです。この他にも19日は同友会新静岡支部設立総会、21日法人会5支部総会、26日野球部OB会総会と続き、なかなか気の休まる暇もないほどです。
 
その中で既に終了した富士支部総会の記念講演について触れさせていただきます。この講師として大阪同友会、山田製作所代表取締役・山田茂さんが遠路・大阪からはるばる駆けつけてくれました。
 
講師の山田さんとは旧知の間柄で、富士支部から今回招かれるや否や、ご本人からもその話をいち早くメールで知らせて頂いたほどです。
 
山田さんとの出会いはまさに一期一会とも言えるもので、ちょうど5年前、中小企業家同友会、福岡全国総会がきっかけで、その後週1回のメルマガを送付して頂いたりして、そのお付き合いを大事に続けているものです。
 
ですからこの講演はとても待ち遠しいものでした。山田さんは以前、同友会全国新聞にも取り上げられるくらい会社も素晴らしい取り組みをされており、売り上げが95%ダウンしたのにもかかわらず、3S(整理、整頓、清掃)活動で業績を回復し、さらに発展、拡大を遂げているという会社の社長です。
 
このような話は新聞や本等で知ったというものの、そこまで至った経緯を実際にお聴きするのは初めてでした。そして迫力ある山田社長の講演は想像以上に大きく胸を揺さぶられるものでした。
 
良い現場は最高のセールスマンという確固たる信念で、当初その思い入れの強さから反対していた創業者の父親や、社員さん達の強い抵抗にもめげず、この活動を敢然と進めていくトップの熱い思い、また今では年間130社以上の見学者が訪れるという、徹底された3S活動の集大成にまで至った仕組みづくりや社員さんの意識の大きな変化に、とても真似できない経営者の強い執念を感じさせられました。
 
ちょうど講演に向かわれるその日の朝、この山田さんからメールを頂き、貴重な今期の経営指針書を送っていただきました。さすがは大阪同友会の経営理念の部会長に就かれているだけの立派な経営指針書です。
 
しっかりとその中には会社の存在意義や、何のために経営しているのかといった根幹から、それぞれの目指すべきもの、まためざす5年後の会社の姿に至るまで、はっきりと明文化されています。おそらく社員さんと一緒になって作られているのでしょう。
 
報告や指針書から窺っても羨ましい限りです。お話を聴いて勇気をいただきました。そしてまだまだ至らない弊社の改善しなければいけないことや、あるべき姿についても大きく考えさせられたものです。
 
また今回、お隣の富士支部に先を越されるような形で、山田さんの記念講演を計画されてしまい、お付き合いのあった私も正直、面目ないところですが、このような素晴らしい経営者の取り組みを是非、近い将来、我が支部でも聴いていただきたいと思ったしだいです。
 
(株)山田製作所の益々のご繁栄と山田社長のご健勝を心より祈念申し上げます。ありがとうございました。

=====================================================================

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

2008年04月13日

ワンコの親戚たち

tinyi1tinyi2








和歌山マリーナシティーでのエピソード
家のワンコを譲っていただいたブリーダーさんと偶然お会いしました。

家のワンコにとって、おばあちゃんを筆頭に親戚たち総勢7匹と出会うことが出来ました。


aluto11
一番左の手前が家のワンコ、その後がおばあちゃん。そして親戚たち(どう親戚かわかりませんが・・・(笑))

yama1117 at 22:39|PermalinkComments(2)家族 

2008年04月12日

一家でドライブ

kurosio1会長家族、専務家族と総勢11名で和歌山のマリーナシティへ。

kurosio2黒潮市場で、マグロの解体ショーを見て、おいしいにぎり寿司を買っていただきました。

yama1117 at 23:30|PermalinkComments(0)家族 

2008年04月11日

床塗装

0804111床の塗装は、年に2〜3回は、塗りなおします。
 
約500屬旅さですが、どれくらいで塗ると思いますか?
 製作途中の製品や小型機械等があるので一気には塗れませんが、しかし都合4時間で
塗ってしまいます。

 まずモノを工場の半分に寄せてしまいます。ほとんどの0804112モノにキャスターが付いているので、簡単に移動出来ます。

それから、隅っこは刷毛で塗り、中央はローラー刷毛でスイスイです。
1時間半あれば半分完成です。

そして、次の日の終業時に今度は反対側にモノを寄せて0804113同じ繰り返し。

3日目は、1時間かけて安全通路の白線を塗れば完成です。

合計4時間!9年もやっているとこんなもんです!



出張帰りで疲れていても、「そんなの関係ねぇ」もちろん私も一緒に塗装作業です!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ


2008年04月10日

静岡富士支部にて講演

4aef4b90.jpg静岡同友会富士支部総会の記念講演で報告するため、富士市に来ています。せっかく富士山のふもとまで来たのに雨で富士山が見えません。日頃の行いが悪いのか?

《追記》
富士2支部総会にも最初から出席させていただきました。
活動報告や収支決算そして来期の方針など、議案書通り読み上げての内容のある議事でしたね!たいがい質問は無しで「異議なし!」の声が上がるのですが、質問も委員会活動に叱咤激励の意味を込めた内容で上がるなど、緊張感のあるものでした。
 最後は、来期の役員さんたちが前に出て挨拶をされ総会は無事終わりです。


ふじ5さて、記念講演ですが・・・
しっかりと熱き想いを語れたと思います。
聞いてくださる皆様は、私以上に苦労をされて来られた先輩経営者達です。
しっかりと自社に置き換え、胸の中で大きく問題提起として捉えていただけたと
感じています。



富士3帰りの新幹線に乗った時、富士山のてっぺんが雲の切れ間から少しだけ見えました。


2008年04月09日

育てた選手で勝つのが醍醐味

 月曜日、家に帰り何気なく点けたテレビに、星野仙一さんが
出ていました。

 経済番組で、星野監督の選手育成を切り口に、過保護に育てられ自立心の乏しい
社員(シュガー社員というらしいですね)と、どうやって部下を叱れば良いのか解
らない管理職、をテーマに語っていました。

 

 その中で・・・

オリンピック代表選手(星野ジャパン)は、日本最強のチームでしょうね。
日の丸というモノを背中に背負って戦っているから燃える。。。

しかし、もしこのメンバーでペナントレースを戦うことになれば、これほど
面白くいないものは無いでしょうね。

だって、育てた選手でペナントレースに勝つのが監督の醍醐味ですよ!・・・

 
 とても興味深い言葉だと感じました。
コツコツ社員共育をやり続け、そして一歩一歩階段を上った社員と共に成果を
出していくのが、中小企業経営者の醍醐味ですね!


よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ


2008年04月08日

新学期

yumeka 4月になりました。
小学校も新学期を迎え新しい年度が始まりましたね。

工業地域にある山田製作所の前を、一人の小学生が通学しています。
名前は、「ゆめかちゃん」です。


今日、新学期を迎え2週間ぶりに山田製作所の前を「おはよう!」と元気に
通学してくれました。

今朝は、「今日から3年生やねん」と笑顔でうれしそうに声をくれました・・・

1年生から3年間の付き合いです。
はじめは、こちらから「おはよう!」と声をかけたのが付き合いの始まりです。

毎日、社員全員がゆめかちゃんとの「おはよう!」を楽しみにしています。

そして、山田製作所はじめ近隣の中小企業が毎朝無事に通学していく姿を
見守っています。

これも“地域”に根ざす中小企業と地域住民のふれあいの一場面ですね。

私たち中小企業は地域の子供たちが安全にそして安心して成長するコミュニティを守っていかなければいけません。それが私たちの存在意義でもあるのです

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 23:55|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年04月07日

先輩 後輩

 今日も、個人懇談が続いています。

今日は、25歳のN君 そして28歳になったY君それぞれと
話をしました。

今日、話題になったのが、“後輩からの相談”です。
二人とも、ちゃんと後輩から、仕事のことも含めてプライベートの
事まで、なんやかんやと話は受けているようです。

仕事の技術的な質問相談
ISOを含む社内のシステムに関して
3Sのすすめ方
等など・・・

それらに、的確に答えることが、先輩としての役割でしょう・・・
 


しかし、もっともっと高い次元で、先輩としての答えは・・・?

それは、後輩に「○○先輩のようになりたい!」「□□先輩のような人間に
なりたい!」と後輩に尊敬されるような先輩になることが、高いレベルの本質的な
後輩への教育(共育)では無いか・・・



と言うような事を、話していました・・・・

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 19:37|PermalinkComments(2)社員と会社 

2008年04月06日

いよいよ最後の演奏会

05e02926.jpg

娘たちと参加していた、混声合唱団 コール モン フレールの第7回定期演奏会兼解散演奏会が、今日開催されました。







DSC0058313:30開演に向けて、リハーサルが9:00から始まりました。
7年間の想い出を歌にのせ奏でていく準備が進んでいきます。





DSCN1962本番が始まり、後半の第二部はOBである私も加わり、歌わせていただきました。
 
第2回定期演奏会から参加させていただいた、コール モン フレール、中学生小学生の合唱団に、親たちも加わり本格的な混声合唱団になっていきました。


DSCN1944 指導してくださった、K先生、O先生の優しさに皆が引き込まれ歌ってきた合唱団。

最後の曲、団歌でもある「マイフレンズ」を演奏している時は、全員が涙を流しながら精一杯歌いました。
そして活動に終止符が打たれました・・・


会場からかかった歓呼の叫び声
              Bravo! Chor Mon Frere!
 
私も、一緒に歌ったすばらしい「モン フレール」にBravo!。。。



yama1117 at 22:11|PermalinkComments(2)家族 

2008年04月05日

毎月第1土曜日は、経営会議

会議11今日は、第1土曜日 経営会議の日でした。

2月は期初の為、準備のまとめになってしまいますが、3月は、今期の目標チャレンジシート(行動プランシート)が動き出す月でもあります。

4月の会議は、その初回の実践チェックの日に当たります。

カイギ22全員に対して各委員会から実践の報告が行なわれます。
年々、内容が良くなって来ています。




yama1117 at 23:28|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年04月04日

個人懇談

 4月に入ったので、社員一人一人との懇談をはじめています。
これは、私と専務が交代で偶数月に行なっているものです。

社内の話、自分自身の目標の話、会社の夢や考え、そしてプライベートの
話などを最低40分間掛けて行なっています。

極力、こちらからの話は少なくして、社員さんからの意見や、その他の
話を喋ってもらうようにしています。

今は、1日2人のペースでしていますが、始めた8年前は、1日でほとんどの
社員と懇談をしていました、結構体力がいります。こちらがフラフラになって
いました。

今後も、大切にしたい当社の決め事(ルール)です。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 20:00|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年04月03日

東北大学金属研究所夏期講習で山田製作所に・・・

 本日、大阪府商工労働部 商工振興室ものつくり支援課産官学連携推進グループ様が弊社をお訪ねになりました。

 内容は、来る8/1に東北大学金属材料研究所が開催する夏期講習の一貫で、山田製作所を見学に来られる件の打ち合わせでした。

東北大学金属研究所さんは、現在東大阪のクリエーションコア内でも出先機関を設け大阪府とパイプを持って材料研究のシーズなどを発信されています。

お聞きすると50名強の方々が来られるとの事!
受入が大変ですが、がんばって大阪のモノづくり現場の元気よさを発信したいと今から張り切っています!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 19:00|PermalinkComments(0)徹底した3S活動 

2008年04月02日

社員教育か、それとも社員共育か

 今朝、経営者仲間のある社長さんから新入社員のことについて相談がありました。

内容は、最近採用した新入社員が、簡単なミスが多く困っている、能力が無い。
先輩(熟練)社員から、「こんな奴、教えてられへん、仕事にならへん、もう辞めさろ」という声まで出ている。と言うことでした。

中小企業経営者なら誰もが経験し、また今でも悩んでいることだと思います。


その当人の能力不足、もしかすれば向上心無さと、会社の不利益だけの視点でその問題を見ると、「もう解雇しよう」という結論になってしまいます。

しかし、その当人、教える先輩社員、そして経営者すべての視点で考えると、「その新入社員をどう成長させるか?どこまでやる気にさせるか?」
 経営者と先輩社員は、それに挑戦していく、自分の能力を試すという観点で考えれば、考えも変わってくるのではないのか・・・という討論を行ないました。

私たちが学ぶ、中小企業家同友会では、社員“教育”を社員“共育”と書き、その意味、本質を経営体験から学びあっています。

試用期間の新入社員に本採用不可を通達する事は出来ます。(注意:3ヶ月間の雇用契約を文書で行なっている事が原則)
問題解決には、それが手っ取り早いでしょう。

でも、会社に何が残るのでしょうか?何を経験出来たのでしょうか?

現時点で能力を見出せない新入社員を育てる事に、まだ見えない潜在能力、見えない可能性を当人と一緒になって見つけていく努力をすることによって、教える側もいろいろな経験もし悩みもします。

それは、教える側にとっても大きな成長でもあります。

それが、「共育」(共に育つ)だと考えています。

経営者は、そのような環境、風土を会社内に作っていくことが大切な仕事です。

人を育てるということは、本当に難しいことです。
経営者である以上、すべての経営者に共通する普遍的な永遠のテーマでもあります。

この「共育」に真っ向から挑戦し続ける経営者でありたい。そしてそれを社風とする企業を追求していきたいと強く想っています。



2008年04月01日

新入社員まだ来ず・・・

 本来なら今日は、大阪府中小企業家同友会の合同入社式に
新入社員と一緒に参加しているはずなのに・・・

この3年間は、4/1の合同入社式に参加していましたが、
今年はそれが途絶えてしまいました。

本当なら3月13日に二十歳の新入社員が入社予定だったのですが、
本人の家庭の事情でそれが保留になってしまいました。

会社を維持し発展させていくためには、新しいそれも若い社員を
雇用していかなくてはいけません。

先輩社員が会社の社風を新しい社員に吹き込み共に育つ関係が
必要不可欠です。

入社式には間に合わなかったですが、是非とも求人に力を注ぎ
すぐにでも若い人材を雇用していきます!

一緒にビジョンを追おう仲間よ!(株)山田製作所に来たれ!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 19:00|PermalinkComments(0)社員と会社