2008年03月

2008年03月31日

岡本先生一年ぶりに

岡本先生1本日、大阪府立松原高等学校の岡本好行先生が一年ぶりに訪問して下さいました。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
岡本先生の紹介
《2006年9月16日付け日本経済新聞夕刊記事より》
◇先生の勉強
大阪の府立高校で社会と商業を教えていた岡本好行先岡本先生2生。一年間の休みをとって中小企業のメッカ、東大阪で経営者の聞き取り調査を始めた。新米教師時代の教え子の中には60歳近くになって入学した商店主や卒業後に金型工場を創業した若者がいた。「この二十年間、彼らが度重なる不況をどう切り抜けたのか、長い間気になっていた」地域とモノ作りにこだわり、知恵と汗を絞った先輩たち。「彼らこそが我々の住む東大阪や日本を支えてきたことを授業で生徒に話したい」。来年四月、岡本先生は高校に戻る
岡本先生3─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


岡本先生との出会いは・・・
同友会の高校求人活動で大阪府中小企業家同友会に深く関係をもたれていた岡本先生が、私が司会をしていた2006年度同友会大学開校式にオブザーバー参加されていたのが初めての出会いでした。

そして、私が東ブロックの経営委員長時に開催した「経営姿勢を学ぶ会」にも参加していただき山田製作所に興味を持っていただいたのが深いお付き合いの始まりです。

 山田製作所が毎月行なっている社内勉強会にインタビューを兼ねてその勉強会に参加していただいたのがきっかけで、2006年9月から2007年の3月まで毎月社内勉強会に講師として来て下さったのです。

しかも、社内勉強会当日は、始業時から来社され勉強会が始まる18:00まで社員と一緒に作業をして頂く徹底ぶりで、社員との関係もすぐに深まっていきました。

それは、楽しい授業でした。
ノアの箱舟の話や、アリとキリギリスから西洋的考えと日本的考えの違い
『世界の日本人ジョーク集』から日本人を学んだり
真のプロフェッショナルとはどういう事をいうのか
小関智弘さんの本から学んだり・・・・
社員も私もワクワクしながら話を聴いたものでした。


 今年、春休みになり。。。
先日、私がリーダーを務める、大阪府中小企業家同友会大阪東ブロック経営指針確立成文化セミナーに是非とも参加したいとお電話をいただき、オブザーバー参加いただきました。
 「学校の授業で「経営の科学性・社会性・人間性」を柱にした取り組みを展開していく見通しを持つことが出来ました。4月からの新年度に具体化していきます」とご感想をいただいています。

そして、今日、我社に来て下さり社員との再会です。
社員の嬉しそうな顔が印象的でした。

岡本好行先生のような教師が、我々中小企業家の支えでもあります。
今後も色々と御指導をいただきたいと切に願うと共に、高校生の子供たちに「学ぶとは」「仕事とは」「働くとは」の本質を教え続けて下さい。

岡本先生、ありがとうございました。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 19:47|PermalinkComments(2)社員と会社 | 経営の勉強会

2008年03月30日

今日も日曜出勤

 昼前から冷たい雨が落ちる日曜日
今日も、8名の社員と共に日曜出勤をしています。

3週間連続にはなっていないものの、20日も含めれば、
3月は3日間も休日出勤をしている状況です。

2月下旬あたり、3社の新規顧客から相次いで受注をいただきました。
少し無理があったのですが、新規顧客の為無理して受注した事が
要因となっています。

社員の家族含め、申し訳ないことです。
特に小さな子供たちは、春休みなのにお父ちゃんと遊べなくて
ごめんなさい。

でも、会社では、全員が笑顔でがんばっています。
なぜならば、私達はプロだからです。

顧客の満足と信頼関係を追究し続けるために、がんばっています。

でもやっぱり、今日は早く帰ってもらうね・・・

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 16:14|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年03月29日

今週末の3S活動

0803293S2今日は、土曜日です。
土曜日恒例の4時から5時までの徹底した3S活動です。

Aチームは、数週間かけてのシャッター裏の塗装。



0803293S3Bチームは、プレスブレーキ金型の整理と、収納台車改造






0803293S5そして、油圧リフターの保守作業






0803293S6Cチームは、工程管理ボードの塗装メンテです。






0803293S1専務もコツコツ、文具収納共用ラックの改造に取り掛かっています。






実を言いますと、納期対応のため土曜日の今日もかなり遅くまでの残業が決定しています。
そんな忙しい中でも、一旦仕事を止めて、3S改善活動に取り掛かります。
「徹底とことん」に例外は、ありません!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ


yama1117 at 17:45|PermalinkComments(2)徹底した3S活動 

2008年03月28日

ビジネスパートナー

フジムラビジネスパートナーという言葉があります。
中小企業ましてや当社のような零細企業にとってビジネスパートナーという言葉にピンと来なかったのが正直な気持ちでした。
 外注企業さんは、ビジネスパートナー?

しかし、ここ最近ビジネスパートナーという言葉が具現化してきています。

パートナーという限りは、お互いが一緒の責任を共有しあい、尊敬しあう相互関係でなければいけません。

そんな中、信頼しあい尊敬しあう経営者であり会社があります。
その一社が株式会社フジムラさんです。山田製作所とほぼ一緒の規模で、仕事内容もほぼ一緒。
お互いが信頼しあい仕事のやり取りをしている関係に育っています。

信頼関係の中で行う援けあいは、「安心」があります。「満足」を超越したものを「安心」と山田では定義しています。

お互いが仕事を通じて人を育てるという、責任を共有しあう。
すばらしい仲間。

この連携は大きく育てて行きたいものです。




yama1117 at 23:55|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年03月27日

かけがえの無い命

 岡山県でなぜ!というような事件が昨日発生しました。
加害者の少年は、当社が操業する同じ大東市の市民とのことです。

なぜ、この様な事件ばかりが起こるのでしょうか。

 よく同友会で学んだ2の25乗の話をします。

 私は、父一人と母一人から生まれてきました。
その父母もそれぞれ一人の父親と一人の母親から生まれています。
私からみて、その祖父二人祖母二人も、それぞれ父親一人と母親一人から
生まれているのは間違い事実です。
 この様に、どんどん世代をさかのぼり25代祖先まで行くと、3300万人以上の
人数に達します。更にさかのぼると6600万人以上の人数に更にさかのぼると。。。

 もし、仮にその中のたった一人でも存在しなかったら、私はこの世に生まれて
来なかった訳です。
 これは、すごいことだと感じます。

 これほどまでの命をつないできた、私の命。そして未来に向けつないでいかなけれ
ばならない生命。決して粗末にする訳にはいきません。

 人間はそのかけがえの無い生命を大切にする責任があるのです。

 社内を見渡せば、山田製作所には15名が所属しています。
その社員たちの生命も、2の25乗から命をつないできた、かけがえの無い生命です。
平等に尊重される大切な生命です。

 この様な、かけがえの無い生命が集まって事業活動しているのが会社なのだと
強く感じます。

 高校を卒業したばかりの加害者18歳の少年。
地元の少年です。
地域の雇用を守る中小企業経営者として、深く深く考えてしまいます。

 人間尊重の経営を実践する中小企業は、たくさんあります。

 もしこの少年がそのような中小企業に就職してくれていたならば
生命の尊厳性、個人の尊厳性、そしてあてにしあてにされる社会性の尊重を、
会社という砦の中で、経営者と先輩社員と一緒に学ぶことを経験できていれば・・・


 この様な悲しい事件が無い世の中にする事を担っているのが中小企業経営者
だと感じているのですが、間違っていますか?


 文面の最後になってしまいました。
なくなられた被害者の御冥福を心よりお祈りいたします。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ





yama1117 at 20:45|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年03月26日

中小企業の経営戦略についての調査

日本立地今日の夕方から2時間ほど、経済産業省の外郭団体である(財)日本立地センター 地域調査部 研究員の加藤 譲さんがインタビューに来られていました。
中小企業が今後どのような戦略を持って事業展開していくのか、を中心に全国を調べておられるとの事。
一昨日までは北海道のオホーツク海方面、今日の午前中は広島、そして明日も大阪でインタビューとのことです。

色々な会話をさせていただきましたが、加藤さんの話しで気になった事がありました。
「この様に全国を回っていますので、東京から大阪方面に向かう新幹線をよく利用します。一昔前は、新大阪駅で下車する乗降客が圧倒的に多かったですが、現在は明らかに名古屋駅で降りる客ほうが多いいです・・・」

解っているつもりですが、やはりショックですね!
大阪が一地方都市になっているのがわかるお話です。



今日は、大阪府中小企業家同友会の理事として、増強活動で動いていました。
現在大阪同友会は約2800名の会員数ですが是非とも3000名にしていく努力をしています。
それは、
 同友会は、「よい会社をつくろう」「優れた経営者になろう」「経営環境を改善しよう」の三つの目的を追究しています。

 今時代は、自社ではどうしようも改善できない、中小企業をとりまく社会、経済、政治的な環境を改善していこう!という事がクローズアップされています。

 大阪を元気にしていくためにも自治体や他団体・地域の人々と連携した取り組みが必要です。その為には会員の数が大きな力となるのです。

インタビューでは、中小企業の地位を上げる必要性を訴えさせていただきました。

加藤さん、がんばってね!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今、中小企業家同友会が推し進めているのが「中小企業憲章の制定運動」です。

経済のグローバル化が進む今、産業や地域の空洞化、地域経済の衰退が顕著になってきています。日本経済を草の根から再生するには、中小企業が元気になり、その本来の力が発揮できるような環境づくりが必要です。
 「ヨーロッパ小企業憲章」が制定されたEUのように、わが国でも中小企業を正しく評価する気運が起こりつつあります。「国民や地域と共に歩む」ことを目指す同友会では、「中小企業憲章」の制定を広く国民運動として提起していこうと考えています。
 これによって現行の中小企業基本法をはじめ、諸法令を整備・充実させる道筋を指し示し、中小企業の役割を正当に評価し、豊かな国づくりの柱とすることを目指します。
 また、同時に地域経済の活性化を促す「中小企業進行基本条例」の制定、あるいは時代に即した条例の見直しを各自治体に呼びかけていこうと活動しています。
(大阪府中小企業家同友会HPより)

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ




yama1117 at 21:02|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 

2008年03月25日

今日の見学社

晴美1今日は、朝から華やかな雰囲気につつまれました。それは、昨年暮れに見学に来て下さった、「学校法人泉新学園(晴美台幼稚園・三石台幼稚園)」の松井直輝園長先生はじめ42名の先生方が見学に来て下さいました。

 その時から御依頼をいただいていた先生方が来てくださったのです。
晴美2それはそれは、気持ちの良い挨拶をされます。立腰教育はじめ態度教育のプロたちですから、お辞儀そして「よろしくお願いします!」の声がバッチリ42名そろわれます。お見事ですね!

 見学されている時の姿勢(態度)もやはり違います。
私たちも日頃は、しっかりとした挨拶を心がけていますが、やはり教育のプロたち恐るべしです。
晴美3

 冒頭に述べましたが本当に華やかな雰囲気で見学が進みました。3Sのレクチャー時でも内容のある御質問もいただき嬉しかったです。


晴美4
当社の社員も嬉しそうな顔をして工場内説明をしています(社員からは、毎回しています!と叱られそうですが・・・) 
 



晴美5当社のような、鉄工所に見学に来ていただき、それが少しでも子供たちの教育に影響を与えることができるのなら、この上ない喜びですね!




晴美6「・・・文化型企業を創ります」と掲げる弊社にとってはその一翼を担えた喜びです。





晴美6







よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ




yama1117 at 17:20|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年03月24日

メイ・カイ・エン でとれる ホウ・レン・ソウ

 私たち経営者は、社員に対して「報告しろ」「連絡しろ」「相談しろ」と
口やかましく言っていますね。「報・連・相」は社会人、ビジネスマンの常識やろ!
と・・・。

 でも、なぜ満足いく報告や連絡がこないのか、ましてや相談なんて皆無。

それは、「的確な命令」「わかりやすい解説」「相談しやすい援助的な姿勢」が
まず先にあるからこそ、報告・連絡・相談が返ってくるのであって、上役に
ほとんど責任があるのでは無いか?と教えてもらった事があります。

 
一番顕著なのが「相談」

どうです?

「社長、話があるんです・・・」と社員がきた場合、ほとんどが「辞めさせてください」
と結論を持ってきませんか?

 なぜか?それは、「相談したくても聴いてもらえない」ましてや「私のことなん
か何も解ってくれていない・・・」と経営者の日頃の態度姿勢を見て判断しているので
は無いでしょうか。


【命解縁でとれる報連相】(メイカイエンでとれるホウレンソウ)

出来ているつもりでもほとんど出来ていないのでは・・・?



 今日、社員A君が、あることで相談に来てくれました。
相談しやすい姿勢の証明? ちょっと嬉しかった一日でした。


yama1117 at 23:56|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年03月23日

経営指針確立成文化セミナー2日目

セミナー2昨日からの経営指針確立成文化セミナーの2日目です。

受講の経営者の皆さんは、ほとんど徹夜で理念を書き上げました。
そしてそれを40分間でその想いを語り、他の方々から指摘や質問を受けます。

           その中で経営者の本質について熱い魂がお腹にドスンと落ちていくのです。

yama1117 at 20:05|PermalinkComments(0)徹底した3S活動 | 経営の勉強会

2008年03月22日

経営指針確立成文化セミナー

セキナー1今日、明日は、大阪府中小企業化同友会の経営指針確立成文化セミナーの経営理念コースにリーダーとして参加しています。

今日明日と二日間、経営者の経営姿勢の確立のためにそして自社の経営理念を成文化するための討論と指摘が飛び交う熱い熱い二日間です。

                     頑張っています。

yama1117 at 15:16|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 | 経営の勉強会

2008年03月21日

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密

古芝本1先ほど、枚岡合金工具株式会社 古芝保治社長より 著書『儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密』が届きました。

ざっと拾い読みさせていただいたのですが、9年前古芝社長と立ち上げた「大阪リエンジニアリング研究会」発足当時を思い出し涙が出そうになりました。

 俺たちは「改善」をしてるんじゃない!
   「改革」をしてるんや!

この言葉だけを支えにがんばっていたのを思い出します。

古芝社長はもちろんの事、現場の先頭に立って走り続古芝本2けた古芝義己副社長のリーダーシップと、それを理解し納得して改革をすすめられた、枚岡合金工具社員皆様に「おめでとうございますそしてありがとうございます。」の言葉をお送りします。


さすが古芝さんらしい!
お言葉を添えていただいています。

これからも大阪の中小企業発展のために、そして中小企業に集う全ての人々の為に「徹底した3S」で発信していきましょう!

ありがとうございました。


yama1117 at 14:42|PermalinkComments(1)徹底した3S活動 | 経営の勉強会

2008年03月20日

あなたと私と花たちと 休日出勤

 今日も昨日の日曜日同様、6名の社員が納期対応の為に休日出勤です。
本当にお疲れ様です。
私も、専務も会社に出て残務処理を行ないました。
休日は電話もなく事務処理がスムーズに進みました。



そして2時からは、また合唱団の練習のため抜けさせていただきました。
今日はバスのパートが私一人で心細かったですが、まあ何とかごまかしながら歌えた感じです。
CMF3







              もう一度、混声合唱団コールモンフレールの宣伝を!

CMF案内

yama1117 at 19:06|PermalinkComments(0)個人 

広報戦略は恋愛と似ている

MBS大谷昨日は、昨年12月10日に初版発行された「挑戦する中小企業in OSAKA」つぶしてたまるか−社長の失敗談・成功話−の掲載企業を中心に勉強会がありました。内容は、いつもこの会合でお世話になっています、毎日放送ラジオ報道部長 大谷邦郎さんを講師に、「広報」についての心得やプレスリリースのコツなどを、実際の事例と実名をあげて可笑しく楽しく少し真面目に講義していただきました。広報戦略の奥深さを少しだけ解った
                       感じがします。



 終了後は、産業創造館でしたので、お決まりの堺筋ドルフィンズ中井さんのところにお邪魔しおいしいベルギービールと食事を頂いてきました。
 中井さん、事務所でお仕事中、お店に出てきていただき申し訳ありません。
2年〜3年後のビジョンを熱く聞かせていただきました。
 中井さんが語る、経営課題に対しての内容は、目の前の課題にも数年先の課題でも視点(切り口)が高いです。さすがですね!この2・3年中井さんのレベルアップをすごく感じます。学ばせていただかないけません!


yama1117 at 18:56|PermalinkComments(0)経営の勉強会 

2008年03月19日

今日の見学社

北斗1今日も、朝7:45からの見学に、株式会社北斗型枠製作所さまと有限会社先崎印刷さまが、なんと福島県から来て下さいました。

 弊社の専務(山田雅之)が、2月23日 福島県中小企業家同友会の後継経営者塾の10周年念例会にて報告させていただいたのがきっかけです。

北斗2しかし、すごい行動力ですね!
山田製作所を見学するためだけに幹部社員さんと若手社員さんと一緒に前泊してまで大阪に来られたのです。本当に頭が下がる思いです。
遠藤社長の熱い想いをひしひし感じました。

カリスマ的な親父さんから事業を継承したばっかりで、大いに悩む後継経営者とのことですが、この行動力が悩み
                        の何もかもを吹き飛ばすのでないでしょうか!

先代からいらっしゃるベテラン幹部さんの助言を大切に今後は第2創業がんばって下さい!

福島









よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 17:14|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年03月18日

静岡県中小企業家同友会

 昼からは、静岡県中小企業家同友会富士支部の小林支部長と外田副支部長が
山田製作所を訪ねて下さいました。

 4月10日の富士支部総会での記念講演をさせていただくための報告打合せです。

総会後の90分の時間をいただき、同友会での学びを通じてどのように山田製作所が
変化していったのかを中心に話させていただきます。

 楽しい打合せのひと時でした。

4月10日は、全力で報告させていただきます。

交流がある沼津支部秋山支部長とお会いできるのも大きな楽しみです。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 19:33|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 | 経営の勉強会

今日の見学社

繁原1今日は、朝早く7:30から株式会社繁原製作所さん10名が見学に来て下さいました。
朝の清掃と朝礼にも参加していただき「徹底した3S」を見ていただいた次第です。

 見学後の、3Sレクチャー時に、真剣に私の顔を見ながら聴かれている、次期後継者の眼差しが頼もしい限りでした。繁原2

嬉しいですね!







よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 19:14|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年03月17日

ヒヤリハット

 朝礼で連絡事項の最後に、ヒヤリハット(昨日作業中にヒヤリとした、ハットした事柄)を報告する時間があります。

今日の朝礼で、シンナーがしみこんだウエスが燃えたと報告がありました。

内容は、入社4年目のN君が、乾燥機の特殊扉を製作中、タップ(ネジキリ)油を除去するために、シンナーをしみこませたウエスで拭き、そのウエスをそのまま作業場所近辺に置いたまま溶接加工したため、溶接の火花がウエスに引火し燃え出したのです。

ぞうきん程度大の綿布ですし、回りに可燃物はありません、足で踏めばすぐに消えるので、そうあわてることは無い出来事です。事実、過去からよくあることでした。


しかし!
ヒヤリハットの報告をする様になり、皆で是正を考え意見を出し合うようになってから、同じ内容の報告が4回目です!

 今日は、大きな声を上げました!
「課長!そして主任の2名!何を監督してるのや!これで何回目や!環境不適合処置票にて是正を徹底させろ!」

「徹底とことん」がスローガンの山田製作所です。
しかし、安全に関してはまだまだ意識レベルが低いことは、今回の事が証明しています。

ハインリッヒの法則で、労働災害1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300のヒヤリハットが存在すると言います。

小さな災害をなめてかかっている事に全員で深く反省をしなくてはいけません。


よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 21:49|PermalinkComments(3)小さな積み重ねの朝礼 | 社員と会社

2008年03月16日

あなたと私と花たちと日曜出勤

 今日は日曜日 しかし、納期に対応する為5人の社員さんたちが
日曜出勤をしています。

私も2件の見積依頼が入っておりPCに向かいエクセルを開いて
キーボードをペコペコと打ってきました。



そんな中、
途中、9:30〜12:00まで、会社を抜けださせていただきました。

CMF練習理由は、混声合唱団コールモンフレールの練習です。
2年前まで3年間、長女次女が入っていた混声合唱団に誘われ歌っていた合唱団です。

この4月6日(日)に定期演奏会(解散演奏会)があり、私も
OBとして、3部の11曲を一緒に歌わせていただきます。
その練習でした。



CMF案内4/6(日)13:15〜
東大阪市立男女共同参画センター(イコーラム)
6F 音楽ホール
近鉄奈良線・若江岩田駅前
演奏会を行ないますので、もしお時間がありましたら是非とも来て下さい。


yama1117 at 18:00|PermalinkComments(0)家族 | 個人

2008年03月15日

八尾市と阪南大学シンポジューム

阪南しんぽ1阪南しんぽ4阪南しんぽ5






本日、阪南大学で開催された「八尾市における製造業の現状・事業継承実態調査報告」シンポジュームに参加してきました。

これは、行政施策の一つで、八尾市の中小企業製造業36社ほどが「八尾マイスター研究会」を立ち上げ、地域振興を産業の視点から課題を学びあっているなかで、会員外の意見も聞くために阪南大学の山内先生と関先生と各ゼミ生たちが協力し八尾の中小企業製造業を調査した報告会とパネルディスカッションです。大阪府中小企業家同友会も協賛しています。

阪南しんぽ3


八尾市の田中誠太市長も駆けつけモノづくり八尾市をしっかりPRされていました。



 まずゼミの学生からの報告では、電話でアポイントを取り、現地に出向き、「創業の経緯」「事業内容」「社員規模」「企業の強み弱み」「仕入れ地域、販売地域」「事業継承問題」「技術継承問題」など聞き取り調査の結果報告です。

かなり苦労して情報を集めた努力が伺えます。しっかりと中小製造業の問題点をあぶりだしていました。

報告の中で一番盛り上がったのは、インタビュー調査の体験談です。

熱く自社の加工製品の説明をしていただいた、製造現場を丁寧に見学させてくれた、オンリーワン技術の説明を受けた、駅までやさしく送ってくれた、などなど良い話もありますが、

しかし、中小企業経営者に対して苦言もありました。
アポイントを取る為に電話を入れるが、話すら聞いてもらえず電話を切られた、約束して訪問したのに断られた、製品に関して質問すると経営者が何の用途で使用される部品か知らなかった、部下を叱るワンマン経営者、作るものに自信が無い経営者・・・の話が出ていました。
「私たちは、大学で社会人としての最低限のマナーをいつも云われています。しかし、社会人である経営者の方が約束を守らないのには非常に悲しかった」「技術はすごいと感じるが、正直就職先の選択肢にはならない」という言葉が印象的でした。



阪南しんぽ6阪南しんぽ7第二部は、大槻学長をコーディネーターに行政・モノづくりサポートセンター・経営者・先生・学生でのパネルディスカッションです。

先出の問題も含めて色々とディスカッションが進んでいきます。

まとめは、中小企業の経営者の情報発信がまだまだ少なすぎる。社会通念の弱みを正面で受け止めそれを事業革新の基礎にしていかなければいけない事などが出されていました。


私も、大学などに講義をここ数年毎年行いに出かけています。もちろんその講義のなかで中小企業の素晴らしさを語ってきたつもりです。

今日の気付きは、ここ数年中小企業の経営者も大学に出向き中小企業の良さを語っていきましたが、反対に大学生が自ら足を運び中小企業を調査した率直な意見を聞くのは初めてでした。
素直な意見がとても刺激になりました。
この意見をしっかりと自社の課題と位置づけ、どれだけの企業が自助努力するかにかかっています。これが事業革新です!

 大槻学長が最後に言われました。
地域振興が叫ばれる今、地域を守る中小企業と地域振興の担い手として大学卒業生が活躍するのは、大きな価値ある仕事だと思う…。

 学生が来てくれる企業作り地域作りに励みたいと心に決めた一日でした。

是非とも、地元大東市でも開催したいものです。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 19:37|PermalinkComments(3)経営の勉強会 | 大東市

「儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密」がいよいよ出版!

枚岡本日本実業出版社より3月20日(木)に全国発売される本は!

「たかが掃除で奇跡のV字回復!」
「儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密」

著者は、一緒に徹底した3Sを追及してきた同士、
枚岡合金工具株式会社 古芝保治社長です!

カッコイイデザインですね!さすが!

早く読みたい!待てません!

本当に心から嬉しいです!

                           古芝さん!ありがとうございます。


よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ

yama1117 at 10:33|PermalinkComments(0)経営の勉強会 | 徹底した3S活動

2008年03月14日

信頼がなかったら心が折れていた・・・

 今日朝礼の3分間スピーチで、大阪にて男性が痴漢に仕立て上げら府警に逮捕された事件の話が出ていました。


これは、昨日ニュースで取り上げらた事件ですが・・・、

 大阪堺市58歳の男性が今年の2月1日午後8時ころ仕事帰り市営地下鉄に乗っていた時、隣に立っていた女(31)と肩が触れた瞬間「触ったわね!」と声を上げ泣きながら女がしゃがみこんだ。
そこへ男(24=大学生)が駆け寄り、いかにも女性をかばうように「触りましたね」と男性に迫った。

 男性は、誤解を解こうと自ら電車を降り無実を訴えたが、しかし、駆けつけた警察官には「触ったやろ!」と耳も貸してもらえず現行犯逮捕され所轄に連行されてしまいました。

 男性は、男手一つで育てた結婚前の娘さんたちの顔を浮かべ「犯罪者にされたら娘たちが悲しむ…」と薄暗い留置場で一睡もせず頑張ったそうです。
そして翌日の夕方に弁護士と接見してまだ容疑が晴れないまま釈放されたそうです。

 容疑が晴れたのは2月中旬、女が自首してきたことで急展開します。
女は、交際相手の男から示談金を取ろうと持ちかけられ、痴漢にあった芝居を共謀したのです。

男性なら誰でもこの“痴漢冤罪”という状況に陥る可能性を持っています。
男ならとても考えさせられる事件です。


 男性が事件の翌日釈放された時、迎えに来た3人の娘さんたちが駆け寄り、抱きついてきたそうです。「こんなことになってごめん」と初めて娘さんたちに涙を見せた。その時「いいよ、信じてるから」と言葉が返ってきたそうです。

 容疑が晴れたとき、新聞記者の取材に対して、100%犯罪者扱いされる警察の取調べに対して「もし、周囲の信頼がなかったら心が折れていたかも知れない…」と事件を振り返られたそうです。


  このニュースで学んだことがここです!

 信頼とは誰が築いていくのでしょうか?
信頼は、自分自身がコツコツと積み重ねた日々の生き方や、姿勢で信用残高を積上げ、その集積が信頼として周囲から得るものなのです。

 この男性は、この信頼を周囲から得た自律した方なのです。だからこそ心が折れず無実を勝ち取ったのだと感じます。

このニュースに接して、
自分自身の“自律性”はどうか?
心の足元をもう一度確かめた私でした。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ








yama1117 at 23:55|PermalinkComments(0)個人 

2008年03月13日

大東市産業振興市民会議

 地元大東市で産業施策に係る産学民と行政が連携した
企画・推進体制を構築して大東市の産業振興をまちぐるみで
進めるために、地元にある大阪産業大学、商工団体、大阪府、
市民、そして市内商工業者8名と大東市産業労働課で
「大東市産業振興市民会議」が開かれ、私は市内工業経営者
の代表として選ばれ、市民会議に出席してきました。

これから2年間中小企業経営者の立場から、地元大東市を
どう盛り上げていくか。

そのためには、私たち中小企業家が地元の方々の雇用を守り、
会社は仕事を通じて人を育て経営者も共に育つ砦である事を
強く認識していく事を熱く語っていかなくてはいけません。

近い将来、大阪で「人材育成」といえば大東市と言われるような
まちにしていきたいと思っています。

まず、私たち中小企業家が自助努力を絶えず行い、経営理念を
追究している姿勢を示さないといけません。
そして中小企業地域産業振興条例制定に向けて意見を多く述べたい
ものです。

がんばらねばいけません!



yama1117 at 20:00|PermalinkComments(1)大東市 | 経営の勉強会

2008年03月12日

今日の見学社

ウエキン1今日は、朝7:30より株式会社ウエキンさまの社長さん、専務さんはじめ10名の3Sリーダーの皆さんが見学に来られました。

朝の清掃と朝礼にも熱心に参加していただきました。


質問タイムでは、次のような質問がありました。
ウエキン2『当社でも当番制で3分間スピーチをしています。しかし、「何もありません・・・」という方が多くいています。その点の克服手段はありますか?』

回答は、以前ここで書いた、「小さな積み重ねの朝礼」を説明させていただきました。

                    大切なのは、聴く側の姿勢が大切ですね!

始めは、30秒しか話せなくても次45秒話せたら、皆で「記録更新やなぁ〜」としっかりと反応していく・・・。

このような積み重ねで全員が3分間スピーチ出来る様になっていくのだと感じています。
全ての人間は、褒めてもらったり、また叱ってもらったりして動機付けが出来ていくのですね。

何も“褒めてくれない”何も“叱ってくれない”では、やる気なんてなくなっていきますね。


 さぁ!明日から新入社員が入ってきます。
彼は、何回目で3分間に届くスピーチが出来る様になるのでしょうか、
楽しみです!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホーム





yama1117 at 17:44|PermalinkComments(1)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年03月11日

「満足」と「安心」、どちらが上位 の結論

 今日は、毎月恒例のYMS会議(ヤマダマネジメント会議)でした。

前半は、3SやISOなどの議題について報告事項や討議審議事項を行い、その後は例のごとく討論が始まります。

当社の品質方針「図面の向こうに見える最終ユーザーの満足を追究する」をテーマに2年以上続けている討論は、昨年の12月に「満足」と「安心」はどっちが上位かになっていました。

この討論は、グループ討論を2回挟み3ヶ月間論争が繰り広げらました。

今日は、「満足>安心」派と「安心>満足」派に分かれてディベートが行なわれたのです。

激論の末、出た答えは=「満足の積み重ねを経てお客様から安心される会社になる」ということです。

零細企業でこんな論議をしている我が社員を誇りに感じます。
この積み重ねが文化型企業を高めているのです。




※山田製作所においての安心の定義
★満足と信頼が導く安心★
 安心を得る前提として、顧客満足を提供する山田製作所と満足を得るお客さんの間に信頼を醸成することが必要である。お互いの信頼がなければお客様は安心する事は困難である。

よって安心とは、山田製作所がお客様に対して社会的レベルの満足を提供し続け、信頼関係を構築した状態である

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホーム

yama1117 at 00:05|PermalinkComments(0)社員と会社 

2008年03月10日

今日の見学社

三洋2本日は2回目となる三洋ホームズ株式会社さんの若手社員の方々が中心となり18名で見学に起しになられました。

前回は、中堅リーダーの方々が中心で見学に来られ、すぐに現場改善に取り掛かり見る見る変化をされているとのことです。

三洋1改善過程の写真なども御持参いただきました。

当社のような小さな会社が大手住宅会社さまに影響を与えれるなんて本当に恐縮ですが、しかしすごく嬉しい事でもあります。

後ほどいただけるご感想文が楽しみです。
                   いっぱい指摘事項も書いていただく様にお願いいたしました。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホーム

yama1117 at 21:05|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年03月09日

「諦めなければ夢はかなう・・・」

高橋尚子選手が北京五輪の代表になれるかどうかが注目された名古屋国際女子マラソンでしたが、残念ながら27位でその夢は叶いませんでした。

夕方のニュース番組でその高橋尚子選手の話題を特集していました。
 昨年の夏に膝の半月板を手術していたと発表していました。

「諦めなければ夢はかなう」と云うことを伝えたかった。 と明るい笑顔としっかりした口調で話す彼女。
 Qちゃんのファンが多いのに納得したしだいです。

まだ、引退せずに走り続けるとの事。

資生堂の弘山晴美選手のように頑張ってもらいたいですね。
(私は、この弘山さんがお気に入りです)



yama1117 at 18:59|PermalinkComments(0)個人 

2008年03月08日

まさしく長男で末っ子の待遇

アルト1

ポカポカ陽気の午前は、1時間ほどブラブラ






a2

近所の公園では、リードをはずしてボール遊び





a3

きばっています。ちょっと失礼





a44

家に帰ってお昼寝





a5

風呂に入ったら、お女中4人掛りでドライヤーがけ






           休日は、ワンコながら長男で末っ子の、こやつの天下です。





yama1117 at 20:06|PermalinkComments(0)家族 

2008年03月07日

経営理念による企業革新セミナー

 今日は、「経営理念による企業革新セミナー」というセミナーを受講してきました。

日頃は、同友会で「経営指針確立成文化セミナー」の理念のコースを講義し、自社でも理念追究型経営をしている自負があるのですが、しかし、初心に戻ってそして謙虚な気持ちで受講しました。 

内容は、経営理念とは何ぞや?
というより、有名大手企業の理念を紹介しながら、理念が出来た時の企業の状況などを解説しながら理念の表面を説明する感じでした。

総論のその総論的な切り口でしたので仕方がない感じがしましたが、受講しているのは中小企業の経営者が中心でした。

経営理念とは企業の最終「目的」とその目的を追求するために決して外れてはいけない道を示す行動の決意が成文化されています。

それを成文化する前に、その経営者達は経営者の経営姿勢の確立を必ずしたはずです。この経営姿勢の確立がなければ現在も歴史を刻む企業には発展しなかったはずです。
この点が一番大切なとこだと言うところをぜひとも聴きたかったのが私の気持ちです。

ここ数年、ライブドアー問題から始まり昨年の偽装問題へと理念を忘れた経営者が退場を言い渡されています。

中小企業の経営理念は、経営者の生き様、人生哲学が必ず含まれます。
真の顧客を見据えた事業領域に対して自社の存在意義を示し、それらの行動を経営者と社員がパートナーの信頼関係で目指す、“坂の上の雲”が経営理念だと考えています。


えっ!?
謙虚な姿勢で受講したのと違うの・・・・?
ですか・・・・

そうなんです、私の欠点です。反省です。

でも、「経営理念」となると熱くなってしまうのです。
申し訳ありません(汗)


よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホーム



yama1117 at 16:34|PermalinkComments(0)経営の勉強会 

2008年03月06日

昨年の作業日報を見ながら・・・

日報1
おかげさまで忙しく今週から3時間の残業で20:00まで稼動しています。

終業し全員で片付けと清掃した後、各人が作業日報を書いて1日が終了します。
私は社内にいる時は、必ず全員を玄関で見送るようにしています。

そこに、昨年入社の清水君がやってきて、「もう少し居てもいいですか?作業日報を見たいのです・・・」と。。。。

何かな?と思い少ししてから覗きに行くと、昨年度分をファイルした先輩社員の日報を眺めています。

近づくと「自分が入社した時の話を専務としました。すると主任たちが日報に書いていたぞ言ってくれたのでそれを見ています」との事。。。。

日報2日報3.1














内容読めるでしょうか?(サムネイルをクリックして拡大して下さい)

新入社員に対する期待と育てていく責任を書いてくれる先輩社員のコメント
それを見守る専務の返事のコメント
そしてそれをしっかりと感じてくれる新入社員

こんな企業文化が山田製作所にはあります。
私の一番の自慢です!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホームページ



yama1117 at 21:23|PermalinkComments(2)社員と会社 

2008年03月05日

今日の見学社

オキツモ1今日の見学社は、三重県から特殊塗料で有名なメーカーさんの工場長はじめいろいろな部署の若手リーダー達が見学に来てくださりました。

現在社内で5S委員会を立ち上げ基本に戻り活動を推進していく為に、見学先をHPで探していて山田製作所に出会ったとの事です。

オキツモ2 当社も乾燥機を製造している関係で、見学に来てくださった企業の特殊塗料をよく使用させていただいています。
そんな関係でとても親しく感じた見学会でした。
 やはり今日のテーマも、「理にかなった生産の仕方」が中心でした。
製造業である以上、リードタイムの短縮に着眼する事はとても重要で、だからこそ徹底した3Sで気づくモノづくりがあることをお話しました。

                  見学ありがとうございました。

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホーム

yama1117 at 23:00|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2008年03月04日

企業運営の主役は「人」、モノづくりの主役は「製品」

 今日は、同じ大東市の企業明星金属工業株式会社13名さまに見学していただきました。
自動車金型では大手で有名な企業です。
 本日は、次期係長や主任になられる若手リーダー達が来てくださいました。
感想文が楽しみです。どんな指摘事項をいただけるかを期待しています。


 さて、今朝現場に立ってすぐに感じたのは、
工場の様子がおかしいな?です。

 現在工場では、5製番(五つの仕事)ほどの物件が製作されています。
そのほとんどが、切断→穴あけ・切欠→折曲が終わり溶接の工程に入っている状況です。
折曲げまでの加工では、あまり感じないのですが、溶接組付け工程に入ると立体物に製品は変化していきます。
そうなると仕掛品の停滞場所が目立ってくるのです。

現在工場の中央で大きな組付け溶接をしている関係で、別の物件が、2箇所に分かれて仕事をしている状態になっていました。
 
 ここで問題になるのが「移動」です。

私たちモノつくり屋が一番着眼しなくてはいけないのが、いかに「停滞」と「移動」を無くしていくかです。

その着眼点で工場を見渡すと、今工場は正常なのか異常なのかがすぐに判断できるのです。3Sはそんな職場にするためにするのです(効率的な職場)

今朝は、異常と感じました。しかし、3時にはしっかりと正常な状態に戻っていました。
 
 皆も感じていたんですね。

仕事を一旦止めて、レイアウトを変更していました。
スッキリな現場に戻っていました。

 30分仕事を止めて、レイアウトを見直す。
この30分を損と見るのは能率主義です。必ずこの30分はリードタイムを2時間短縮してくれます。これが効率主義です。

主役の製品がいかにスムーズに停滞なくそして移動が少なく流れるかをいつもいつもウォッチングしながら仕事を進める。
 こんな着想の能力を高めてくれるのが「徹底した3S」なんですね!

 まだまだ全社員がこの様な感性を持っているとはいえませんが、しかし着実にリーダーを中心に広がっています。

 たいしたもんです!頼もしい限りの社員たちです!

よい現場は最高のセールスマンの山田製作所ホーム

yama1117 at 22:46|PermalinkComments(2)今日の見学社 | 徹底した3S活動