2007年12月

2007年12月31日

大晦日

 いよいよ、あと数時間で2007年も終了です。 
今年1年、全社員無事に怪我もなく仕事が出来ました。
 本当にありがたいことです。

 来年もお客様はじめ社会に貢献する文化型企業を目指して
全社員で邁進していきます。

 新年もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

yama1117 at 17:22|PermalinkComments(0)社員と会社 

2007年12月30日

12月30日恒例・・・

ここ数年、毎年12月30日の行動は、家の掃除と散髪と年賀状印刷

掃除と言っても妻がせっせせっせと台所周りの拭き掃除やカーテンの
洗濯などをしているところに、私が「何か手伝いましょうか?」とご機嫌を伺い、
それなら・・・と指示を仰いで照明など高い位置の拭き掃除にかかります。

そして、一様 指示を受けた仕事は、それなりにこなして、
散髪屋さんへ避難(笑)

家では指示待ち人間になってしまっています
そして、今頃年賀状の印刷に取り掛かっているしだいです。(反省)
年賀状印刷

yama1117 at 20:07|PermalinkComments(0)家族 

2007年12月29日

キャンドル 4本と5本

ケーキ1 今日12月29日は、私の誕生日です。
子供たちが、ケーキを買ってきてくれました。
 大きなローソクを4本と小さなローソク」が5本・・・
いつの間にか本数が増えています。
 来年も元気にこの日を迎えなくてはいけません。


yama1117 at 23:59|PermalinkComments(0)家族 

2007年12月28日

仕事納め

 今日で2007年の仕事は終了です。
いつもなら29日まで仕事ですが、12/24を出勤にして1日早く年末年始休暇に入り
ます。

 1時間ほど前、全社員を見送りました。1年間で一番ほっこりする時です。
中小企業経営者の皆さんは、全員同じ気持だと思います。

 今回の正月休みは、いつもより3日長い休みになりました。
ゆっくり、のんびりそしてしっかりと新年の抱負を考えます。

お歳暮分け






お歳暮をくじ引きし全員で分けているシーンです。

yama1117 at 17:58|PermalinkComments(0)社員と会社 

2007年12月27日

零の会


零の会1お互いの経営指針の実践を確認しあう、零の会を12:00から開催しています。厳しい意見が飛び交っています。 






〜追記〜(28日)
 「零の会」とは、2000年に中小企業家同友会 経営指針確立成文化セミナーで一緒に
学びあった6人の経営者仲間です。

 毎年、6月には一泊で、12月は1日をかけて自社の経営指針実践状況と財務諸表を
用いて業績報告、そして今後3年間の方針を発表しあっています。
零の会2零の会3零の会4
 
 




社員さんのことまでわかり合っている関係です。社外取締役的な役目をしている
のがこの「零の会」です。
 だからこそ、厳しい意見や指摘が飛んできます・・・。大変な日です(汗)!

 
 終わったあとは、忘年会。
半年後の報告会でも胸を張って報告できる様にがんばらなければなりません・・・
零の会5零の会6零の会7


yama1117 at 18:08|PermalinkComments(0)経営の勉強会 | 中小企業家同友会

2007年12月26日

今年最終の見学社

スイングキッヅ1スイングキッヅ2






今日の午前中は、有限会社SwingKidsさん16名がご見学に来られました。
 女性が多いお会社です。徹底した3S会社で素晴らしい会社は、女性が多い会社
多い会社です。少しでもご参考になれば幸いです。お昼からは、社員さん全員で来期の経営方針検討会議を行うとおっしゃっていました。素晴らしいですね!


技術1技術2






午後、15:30からは、先週講演をさせていただいた大阪技術協会での勉強会ご参加、
12社20名が見学に来て下さいました。
 御期待通りの内容だったでしょうか?アンケート(ご感想)が楽しみです。




 さて、今年のご見学社は今日で終了です。
2007年1月〜12月まで、39回の見学会で、154社(海外からの団体の2回は2社として)の方々が
山田製作所の見学に来て下さいました。
 本当にありがとうございます。この出会いを大切にしていきます。 

yama1117 at 18:55|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2007年12月25日

今日のご見学社

 今年もあとわずかな稼動日となりました。
今年も、多くの企業さんが弊社を見学に来ていただきました。
 ご見学に来ていただく企業さまの多くは、やはり製造業の方々が大半です。

 その中で、今日の見学は幼稚園の園長先生と幹部の先生方が見学に来てくださいました。
学校法人泉新学園(晴美台幼稚園)」:松井直輝園長 
 
 今日の印象的なことは、3Sで生産性が飛躍的にあがる話をする場面で、松井園長は
「私たちの生産性とは、子供(園児)たちの成長です。」とお話をされました。
先生やスタッフの成長が、すぐに子供(園児)たちの成長につながる。ということです。

 さすが、園長先生。私が話す製造業の話を、普遍的に受け止め自社(園)に当てはめて聴
かれます。その謙虚さに意識の高さを感じました。そして学びました。

 来年度の方針として、整理・整頓・清掃を取り入れ教育に活かしていくとお話をされて
います。
 またお会いし、“教育”について色々とお話を伺いたいものです。
 ご来社ありがとうございました。

 余談ですが・・・。
園長先生以外は、女の先生が来られると想像していたのですが、男性4人でした。
社員も期待していたはずですが・・・ちょっと残念(笑)
 でも、「是非とも教育の一線にいる先生方を順次見学させて下さい」という事です。
次回を期待します!


 明日の午前中には、1社 午後に1団体のご見学を受け入れて、今年のご見学来社の予定は
終了です。

yama1117 at 23:14|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2007年12月24日

サンタさんって パパ?

 今日12月24日は祝日なのですが、全員出勤でした。
小さな子供がいる若い社員たちには申し訳なく思います。
今日はクリスマスイブですから17:00には急いで家路に
ついてもらいました。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆
 そう、今日はクリスマスイブ・・・

 半月ほど前の日曜日、二女(中学2年生)と二人でワンコの散歩を
している時、このような会話をしていました。

二女:「彩(さやか)ちゃん(小学4年)が、パパにサンタさんってパパなん?って
    聞いてたやん・・・もうサンタさんのこと疑ってるなぁ〜」

私:「そやな・・・、でも、「えっ!サンタさんってフィンランドにいてはるねん
   やろ」って答えといたで・・・」

二女:「ふ〜ん、いつまで信じるんかな〜」

私:「もう今年のクリスマスが最後かな?自然とわかればいいよ・・・」

二女:「そやな、もう4年生やし友達と話すやろしな・・・」

私:「ところで葵(あおい)ちゃんは何年生まで信じてた?」

二女:「六年生!」

私と二女:爆笑・・・!


 みなさんのお宅ではどうでしょうか? 
できれば、このような夢は出来るだけ長く続くといいですね・・・

 明日の朝は、日本中の小さな子供たちが笑顔に・・・

我が家も三女の笑顔が楽しみです。
クリスマス1

yama1117 at 17:45|PermalinkComments(3)家族 

2007年12月23日

年末になると思い出す事

 夕方テレビを見ていると「有馬記念」が映し出されました。
少し興味を持って見ていると、上位人気でない馬が先頭でゴールを駆け抜けま
した。

ギャンブルにはほとんど興味のない私ですが、有馬記念と聞くと思い出す事が
あります。

 2001年の暮れの会社の忘年会でした・・・
もうお開きになる時、若手の社員と専務(弟)がスポーツ新聞を開きながら明日の有馬記念について、「ああやこうや」と話しています。
 
 専務(弟)は、偉そうな口ぶりで「有馬記念は、その年の世相を現す競馬(レース)や!今年はなんと言ってもアメリカの同時多発テロ・・・、だから馬の名前を見てみ!“マンハッタンカフェ”こう言う名前の馬がくるんや!“そしてアメリカンボス”、こういうのをか買なあかん!」と吹いていました。
 
 そこに通りかかった私は、「それやったらそれ買うといて」と遊び心で明日場外馬券売り場に行くと言う若手社員に1000円を渡して帰ったのです。

 次の日の夕方、家族で買い物に出ていた私の携帯電話が鳴り「入ったで〜…!」
47万円あまりの配当!やはりうれしいものです!買い物していても「自分のために何を買うか…」と目は高額な商品を追っています(笑)

 でも、うそはつけない私です。
結局、嫁さんに報告…、そのお金は食器洗浄器や嫁さんのブランドバックなどに
変化しましが…。

 年末になると思い出す事柄です。
今日の勝利ジョッキーは、そのマンハッタンカフェに乗っていた人らしいですね。

 ところで、教えてくれた専務は?ですか…。その馬券を買っていないんです。
その日以来、「俺には競馬の才能が無い!」と一切馬券は買っていないようです。(笑)

yama1117 at 16:10|PermalinkComments(2)個人 | 家族

2007年12月22日

コミュニケーション

 11月22日にブログを初めて今日で1ヶ月が経過しました。
ここまで何とか毎日書き込みが出来ました。
ブログもコミュニケーションを取る良いツールの一つですね・・・

 
 お客様とのコミュニケーション、お取引先さまとのコミュニケーション、
家庭でも夫婦のコミュニケーション、子供とのコミュニケーション・・・等など
いろいろなコミュニケーションがあります。
 

 その中で、
私たち中小企業経営者にとって一番大切なコミュニケーションは、社員とのコミュ
ニケーションだと思っています。
 このコミュニケーションで大切な事は、まず経営者の想い、姿勢をしっかりと
社員に伝え語ることを一番最初にしなければならないことです。
聞くことからはじめるのではなく、熱い想いを語ることがスタートだと確信しています。

 もっともっと語らないとダメですね!「あんうんの呼吸」と言う言葉がありますが
労使の関係では“無い”と思います。夫婦でも怪しいのに・・・。
 だからこそ、まず語りそして聴いて、互いが理解し合いそして納得し合うのが真
のコミュニケーションだと思っています。

 さて、今年の仕事もあと1週間・・・。
今年は、語りつくしましたか? まだまだ不十分です。反省です。

 週明けの朝礼で私の今年最後の3分間スピーチ当番が回ってきます。
熱く語らなければいけません。  

yama1117 at 20:20|PermalinkComments(2)社員と会社 

2007年12月21日

枚岡合金工具さんがNHK出演

 山田製作所と一緒に苦労して現場改善進めてきた枚岡合金工具さんが、12/23 PM23:00 NHK総合チャンネル『つながるテレビ@ヒューマン 』「[S]大掃除でモノを捨てる知恵」に出演されます。ご期待ください!

yama1117 at 20:00|PermalinkComments(0)徹底した3S活動 

持続可能な社会を目指して

 今日は、大阪府中小企業家同友会 東大阪東支部の12月例会でした。

環境経営に取組む3名の経営者(パネラー)と環境に特化した中小企業診断士(コーディネータ)のパネルディスカッション形式の報告で、テーマは、「いよいよ本番、中小企業の環境経営」〜来年は「環境」をテーマにして経営を組み立てませんか?〜です。

 「社員が自主的に活動を進めるシステムつくり」「環境活動を発信しCSR(企業の社会的責任)につながる」「環境を意識し続けることにより環境ビジネスが開花」等など、事例を紹介しての興味深い内容でした。

 その後のグループ討論では、「もったいないは、環境活動」というキーワードで意見交換を行い、更に深い環境経営について論議した次第です。
 私たちは、今すぐにでも環境活動に参加できます。いや、もう活動していることに気づきそれを強く意識することが大切です。それを絶えず意識することが環境経営の入り口であると感じます。
 
 持続可能な社会を目指し、中小企業の地域的役割とは何か?
私たち中小企業家が先頭に立ち、社員や家族に伝え続け少しづつ環境に対する意識を広めていくことが、地域に根ざす経営だと思います。

=====================================================================
今日の
パネラー
株式会社仁張工作所 仁張正之氏
株式会社チトセ工業 中西啓文氏
マツシロ株式会社  松城幹夫氏

コーディネーター
株式会社ナイトウ経営 内藤秀治氏
07年12月例会

yama1117 at 16:37|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 | 経営の勉強会

2007年12月20日

明るい宣言システム:AKS0041

今日、明るいセミナー(第5回AKS0041認証企業認証式)に招待をいただき参加してきました。
 明るい宣言システムの協力者である「日本一明るい経済新聞」竹原編集長の“最近出合った明るい企業話”もあり楽しい時間を過ごしてきました。 

 当社は、推薦をされ明るい宣言システム:AKS0041の認証を3番目に取得した企業です。
で?ところでその明るい宣言システムとは?・・・ですが、ここを見て下さい。


 関西の中小企業を明るくしたいと立ち上げたNPO法人「明るいシステム倶楽部」代表芦田さんが中心となり、「日本一明るい経済新聞」の竹原編集長とコラボレーションされ、明るい企業を応援されています。

 少しずつサポートする方々も増え、今日は100名くらいの人が集まっておられました。
周りに比べるとまだまだ厳しい大阪の経済を、明るい話題で大いに盛り上げていっていただきたいです。

明るいセミナー1明るいセミナー3明るいセミナー2


                         
                   


                            竹原編集長                芦田代表

yama1117 at 16:23|PermalinkComments(0)経営の勉強会 | 社員と会社

2007年12月19日

和泉イブニングセミナー

技術協会1 今日は、大阪府立産業技術総合研究所、(社)大阪府技術協会、和泉市ものづくりサポートセンター主催の和泉イブニングセミナーの講師をおこなってきました。

テーマは、「職場の安全・整理整頓」です。
 参加されている方々は、大阪府技術協会に入会されている企業さんで和泉市内の企業を中心に12社20名の中堅ものづくり技術協会2企業 若手リーダーの方々でした。

 1時間30分の時間をいただき、「3Sの目的、深い目的、そして真の目的」「なぜ3Sが継続できるのか」「3S活動の苦労話」を語ってきたのですが、夕方18:30から始まるセミナーです。
若い社員さんが仕事を終えてから参加されている訳で、正直眠そうな顔をされている方も見受けます。でも、そうなると俄然ファイトが沸くのが私です。誰一人眠らせません!

でも、さてさて・・・、どれだけ理解していただけたか?

 来週は、今日の参加の皆さんが山田製作所を見学に来られます。
今からたのしみです。


yama1117 at 22:15|PermalinkComments(0)徹底した3S活動 | 経営の勉強会

2007年12月18日

新しい手帳に一番最初に書き込むことは

手帳1朝起きて着替える時に手帳を確認するのが習慣になっています。
手帳のカレンダーを見ると今日12月18日は、何も記入がありません。

今日は何も予定がない・・・。10月5日以来です・・・。
なぜか、のんびりする気分でした。


 さて、先日来年2008年の手帳を購入しました。
手帳の更新時期です。
皆さんも来年の手帳をもう購入されたと思いますが・・・


 私は、新しい手帳を購入すると、まず最初に書き込む予定があります。
しかも、その予定だけ赤色のインクで書き込みます。

それは、社員の奥さん(未婚者はお母さん)の誕生日にその方々の
名前を書き込みます。
これは、2001年2月に代表取締役になった時からず〜っと行っている事で、
奥さんの誕生日にお祝いのお花を届けているからです。

 お花にメッセージカードを添えていただくために、数日前には、お願いしている
お花屋さんにそのカードを郵送しなくてはいけません。

私が絶対忘れてはいけない日なのです。

お花が届いた翌日は、必ずお電話をいただけます。
私自身が嬉しい瞬間でもあります。

私たち中小企業にとって、社員さんの御家族はサポーターです。
時には残業で深夜近くまで・・・、時には日曜日出勤・・・。
家族も巻き込んで仕事を遂行しているのが会社なのです。

だから・・・
このお誕生日のお花は、絶対忘れてはいけない私の仕事なのです。

追記
同友会の仲間でもある「MIOフラワーデコ」水迫さん。
いつも綺麗なアレンジメントありがとうございます。


yama1117 at 20:00|PermalinkComments(2)社員と会社 

2007年12月17日

行動(実践)が早い!

先週、「月曜日に訪問します」とお電話をいただき、そして今日来社されたのは、
株式会社三共鉄工所 社長の坂本さん。。。

目的は、3Sの事だろうと想像していたのですが、それが大ハズレ!

なんと、「山田さんのブログを見て、これは!と思い、私も早速はじめました。
でも、少しわからないところがあるので・・・。」と。
坂本さんのブログ


この坂本さんは、今年の10月初旬、山田製作所のHPを見つけて「3S活動を
見せてほしい」と、AM7:30に全社員で来られ朝の一斉清掃と朝礼にも参加さたのが
初めての出会いでした。

それから、
1週間後、私が中小企業家同友会の紹介で会社にに伺い工場内を見たときびっくり!
社長の坂本さんはじめ手の空いた社員さんがペンキの刷毛を片手に工場の一画を塗装
していました。

その数日後には、同友会の新入会員オリエンテーションに参加されそして入会。

それからも吸収されるスピードはますますスピードアップされ、経営者仲間の輪を
どんどん広げていっておられます。

そして今日のブログについて・・・。

本当に学びになります。坂本さんには私が見習うことが一杯あります。

学びには実践が必要と教わります。実践しなければ、何も学びにならない。
「学要実践」

坂本さんのようなすばやい“実践”が出来る経営者にならなくてはいけないと、
強く感じた一日でした。



追記、
 ブログに関してまだまだ初心者の私と、はじめたばかりの坂本さんの二人。
パソコンに精通していない おっさん二人が「ああや、こうや」と・・・。
訳のわからん会話になっていました(笑)

yama1117 at 19:30|PermalinkComments(0)経営の勉強会 | 中小企業家同友会

2007年12月16日

中之島 光のルネサンス

中之島4中之島2






「OSAKA光のルネサンス」
中之島イルミネーションストリートの散策です。
寒くとても冷える夜ですが、クリスマスの雰囲気をかもしだしています。
人出も多くなくそして少なくも無く2時間ほどの楽しい散歩です。
中之島1中之島3


yama1117 at 19:21|PermalinkComments(0)家族 

2007年12月15日

今日の見学者は

今日は、2社の企業さまにご見学をしていただきました。

明浄金属1明浄金属2






午前は、同友会で一緒に学ぶ、摂陽観光藤原さんが、お得意さんの社外研修先に
山田製作所をチョイスしていただいて開催した見学会でした。見学企業様のお昼か
らの予定のため、通常より少し短めの説明になってしまいました。満足していただけ
たでしょうか・・・。そしてその後の温泉での忘年会は、盛り上がったでしょうか?



三洋H1三洋H2






午後は、 三洋ホームズ株式会社
枚方事業所様です。以前大阪工業会さんの勉強会で、幹部の方が見学に来られ、是非
もう一度ということで今回、製造課、資材課のチーフ・リーダー17名様が見学に来られ
ました。
 さすが大手の製造部門の方々です。見学時の学ばれる姿勢は、一切気を抜かれる様な
事はありません。私たちがその姿勢に学ばせていただきました。

 ありがとうございました。 


yama1117 at 12:20|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

地元 大東市

 山田製作所が位置するのは、大東市
東大阪市と門真市に挟まれ、少し影が薄い大東市です。
正直、大阪の人でも「大東市ってどこ?」っていうのがいまだにあります。

 有名な企業では、「アート引越しセンター」「船井電機」「フレンドリー」などが
あるのですが・・・。
 製造業的には、東大阪地区になる立派な、製造業の集積地区です。

 昨日は、その大東市の「金属加工連携グループ22社」の定例会がありました。
会の活動的には、情報交流勉強会、自社紹介会や企業訪問会を中心に活動しています。
昨日は、行政の産業労働課のリーダー、商工会議所のスタッフも参加してくれています。 

 私は、幹事をしていのですが、私の想いは、産業労働課の三浦さんが、コンサルや、
大学の先生の手も借りず、一人で自ら書かれた「大東市産業振興
ビジョン」
の具現化に少しでも貢献することです。

昨晩は、三浦さんと語り合っていました。
 三浦さんは、おっしゃいます。
「学識者に任せず、自ら書き上げたこの振興ビジョンは不十分な内容です、だからこそ
色々な意見がこの上に重なっていくことを期待しています。その意見を出してもらうのが
地元でがんばっておられる中小企業経営者なのです・・・・」

 ぜひとも、その意見も発しそしてそれを実践していくリーダー的な役目を山田製作所が
担いたいと思っています。
 それが、地域とともに歩む中小企業の姿の一例と感じるからです。

yama1117 at 07:09|PermalinkComments(0)経営の勉強会 

2007年12月14日

小さな積み重ねの「朝礼」その2

不適合会議1不適合(社内不良)やクレームが発生すると、担当者は、「不適合品発生報告書」を次の朝一番に工程管理ボードへ張り出さなければなりません。

 
 写真は、昨日の朝礼の写真です。
製造Gr責任者が内容を読み上げ、全員でその不適合の原因を考えます。
報告書には原因が記されているのですが、さらに「なぜ」「なぜ」「なぜ」を
追求します。しっかりとした是正処置を考えるためには真の原因を突き止めなくては
いけません。

 とっ!
カッコよく書いていますが、なかなか真の原因を追究できません。
「なぜ」「なぜ」が続かないのです。

 当社は、一品モノがほとんどです。リピート製品はほとんどありません。
量産品ならポカミスを予防する対策などを考え付くのですが・・・。

 だからこそ、
真の原因を探り、正しい是正処置を考えるために、朝礼でしかも全員で考えます。
8:20に終了する朝礼が、時には9:00に達する時もあります。

 この積み重ねも、品質にこだわる山田製作所の基本になっていると考えています。

 

yama1117 at 07:15|PermalinkComments(0)社員と会社 

2007年12月13日

今年のトレンディー

バックプリント12月も半ばをむかえて、テレビでは今年の流行語や、流行った歌や品物が色々と取り出されていますね。


今年の8月に、ユニホームを変更しました。

以前のユニフォームは、このブログの右に写っている写真のように、モスグリーンの上下でした。そして夏は、ダンガリーシャツ(デニム地)です。
これは、12年ほど前に私が見つけ、カッコイイと思って決めたものです。

 3年前に高卒の新入社員が入ってきました。
皆は、夏になると上着を脱ぎ、ダンガリーシャツで作業するのですが、彼だけはTシャツの上に冬の上着を着ています・・・。
「何で」と聴くと、「こちらの方が涼しい」という返答。。。
 1年経過して春に新入社員入ってきました。この社員もダンガリーシャツを着ません。
 よくよく聴いてみると、カッコ悪いとのこと!
「なんでカッコ悪いねん!」「文句言わずに着ろ!」と言っていましたが、
今年の新入社員も同じ・・・。

 これは、時代・・・?。
と、考え直して検討委員会を専務が発足してくれました。

 そして、専務が委員会のリダーに指名したのが、写真(後姿ですが)の那須庄太君(19歳)です。

お取引していただいている同友会会員のユニフォーム屋さんに色々とサンプルを持ってきていただき、3ヶ月ほどかかって決まったのが、この黒のユニフォームです。

 私は、かねてから作業服は真っ白が理想や!と言っていましたので、クレームをつけようかどうか悩んだのですが・・・。でもしかし・・・。

 バックプリントも決まり、完成してくると、意外とカッコイイやん・・・。

ちょうどその頃、真っ黒な航空機が就航し、コカコーラやペプシコーラが真っ黒な飲料缶で新作を発表し、その他にも黒色が・・・。
トレンディーな色らしいですね、黒色が!

さすが19歳! 45歳の感覚は古い?と少しスネながら。

今、
 「このユニホームは、19歳の社員中心に決めたやつやねん、私はには決定権がないねん・・・」と口では言いつつ、主体的に行動してくれる当社社員の自慢をしているのは私です。

yama1117 at 07:20|PermalinkComments(2)社員と会社 

2007年12月12日

環境経営

EA21スクール1現在、同友会で色々な役をさせていただいているのですが、その中の一つ、環境部会:環境経営分科会会長の役があります。

環境経営分科会とは、自社経営を通じてどのように環境と向き合うのか、そして“持続可能な社会つくり”にどう貢献していくのかを考える分科会です。

その活動の一つに、エコアクション21の認証取得スクールを開催しています。

今年で、このスクールも4年目を迎えるのですが、環境への感心が毎年高まってきていることに気付きます。

昨日は、今年度の第3講目の日でした。
講義は、大阪環境カウンセラー協会から、宇田講師飯田講師にリードしていただき、私たち委員は、先輩認証企業としてアドバイス(フォロー)させていただく立場で進みます。


正直なところ、この環境部会の幹事及び環境経営分科会に携わるまでは、「環境問題」って身近なものとまったく考えていませんでした。

でも、学ぶにつれて環境負荷を低減させる事は、今すぐにでも簡単に出来る事に気づかされましたし。もうすでにやっているんだ、という自信にもつながったのです。

今、環境経営分科会では、大阪同友会全体に(2800名)「Do Yu Eco」(ドーユーエコ)という簡単な環境活動で温暖化ガスCo2削減を意識する活動を広めています。

大阪が、しかも大阪の中小企業家が日本の環境をリードし、持続可能な社会つくりの旗振り役を示す事を夢見て、この環境経営分科会を盛り上げていきたいものです。

yama1117 at 20:25|PermalinkComments(0)中小企業家同友会 | 経営の勉強会

2007年12月11日

「満足」と「安心」、どちらが上位

071210YMS会議1山田製作所では、全社員の会議を月2回行っています。
第1土曜日の「経営会議」と、昨日の「YMS会議」(ヤマダマネジメントシステム会議)です。
YMS会議の内容は、ISO(品質)・EA21(環境)・3S・吉岡教室(社内勉強会)などについて議論する会議です。
 時間は、2時間。
前半の1時間が、上記の議題について討議・審議の時間です。
そして後半1時間は、当社の品質方針である「図面の向こうに見える最終ユーザーの満足を追求する」をテーマ(総論)に全体討論を行うのです。


071210YMS会議2 もう2年間同じテーマで討論を続けていますが、内容(各論)はどんどん変化しています。
始めた当初の半年間くらいは、「図面の向こうって何や?」「最終ユーザーって誰?」「満足って何や?」を延々と討論していましたね・・・。
 その後どんどん変化していき、「なぜ不適合がでるのか?」「例えば検査がめんどくさいと思うときは、どんな時?」等もありました。。。。

 そして今、討論をしているのは、「満足」と「安心」はどう違うのか?そしてどっちが上位に来るのか?がテーマになっています。

 この討論の時間は、私と専務はあえて喋りません、発言しません。めちゃくちゃ発言したいけど、ぐ〜っと我慢です。しんどいですが我慢です!
始めた頃は、最後の最後でガツンと発言してしまい、社長の一言で討論を結果的につぶしてしまうことがありました。反省です!

 
 さて現在のテーマである、「満足」と「安心」どちらが上位(どちらが先で、そして得られるものはどちら?)
 もちろん、私自身の考えはまとまっています。発言したいのですが出来ません。
討論の中で気付いてもらいたいし、私も一緒に気付きたいからです。

 ところで、皆さんはどう思います?

yama1117 at 07:20|PermalinkComments(1)社員と会社 

2007年12月10日

本に採り上げていただきました!

本1本2
 





12月10日初版発行
「挑戦する中小企業in OSAKA」つぶしてたまるか−社長の失敗談・成功話−
企業クローズアッププロジェクト編著(株)星湖社 が、発売されます。
間もなく本屋さんにも並ぶとのことです。

 なぜか?山田製作所も第一段に採り上げていただきました。
よろしければ、ご笑読下されば幸いです。

yama1117 at 07:15|PermalinkComments(4)社員と会社 

2007年12月09日

ワンコの親戚と出会いました。

今日は日曜日。
地元のドッグランへ、家族とワンコとお出かけです。
(長女は、学校の試験勉強のため不参加)

ドッグランに行けば同じような月齢のトイプードルがいたので、
お話しているうちに同じブリーダーということがわかり、そして母親が
姉妹ということが判明しました。

ワンコの従兄弟同士です。

当人?当犬たちは、わかるはずは無いでしょうが、でも仲が良かったような
気がします・・・。
071208ドッグラン2
(右が家のワンコです)

yama1117 at 22:27|PermalinkComments(0)家族 

2007年12月08日

「輝いている先輩経営者に学ぼう」で熱く語ってきました。

071208機構セミナー1以前、11/26のブログでも紹介しました。大阪府産業振興機構主催の起業セミナーで報告(講演)してきました。
開業して間もない経営者の方々や、今後企業される計画をお持ちの方々が参加されています。



071208機構セミナー2タイトルに「輝いている先輩経営者・・・」とありますが、私より人生の先輩や、経営者としても先輩の皆さんです。
しかし、一生懸命話させていただきましたし、皆さんも一生懸命聞いて下さる。とても良いセミナーだったと感じます。
私も、まだまだ7年目の新米経営者です。今日の皆さんと一緒にがんばらねばと強く感じた1日でした。

071208機構セミナー3








 そして、その帰り・・・。
大阪マイドームや産業創造館に行った場合のお決まりコースがあります。
それは、何回もこのブログに登場する、私の経営勉強仲間であり経営の相談相手である
中井さんのお店「ドルフィンズ 堺筋本町店」にちょこっと
立ち寄ってきました。
 
 ディナータイムのオープン時間の少し前だったのですが、こそっとお店に入ると、
主だった社員さんと中井社長が来期の経営計画書作成の会議中だったのです。
 活発な意見が飛び交っていました。それもそのはず来年晩春に大きな計画がありその
プロジェクトの会議だったのです。

 会議も終了しお店も開き、おいしいベルギービール(ヒューガルデンホワイト樽生)を
頂きながら、中井さんにお聞きしました。

 中井さん曰く、「今まで、大きなプロジェクトは私一人がコンセプトから何から何まで
決めていた。でも今回は、社員さんがコンセプトから討議して決めていき、そこからすべ
て全社で進めていく・・・。コンセプトの一言一言にこだわって討議している姿はとても良い
雰囲気なんや・・・」と。。。。
 
 若い社員さんの成長と、幹部社員さんのリーダーシップを、うれしそうにそして誇らし
げに語ってくれました。

 12月27日は、中井さんはじめ経営指針確立成文化セミナー同期生(零の会)6名の経営者
が集まり、自社の経営指針書(経営理念・経営方針・経営計画書)の実践状況を検証しあう
日です。今から、中井レストラン企画さんの次期経営指針書が楽しみです。

 山田製作所もあと1ヶ月半で期末を迎えます。最後の〆と検証、そして来期の計画をしっかり社員全員で作りあげていく作業に入っていきます。

yama1117 at 20:07|PermalinkComments(0)経営の勉強会 

2007年12月07日

「理解」と「納得」

 昨晩、同友会大阪東ブロック経営委員会が開催する「経営姿勢を学ぶ会」に参加しました。
この勉強会は、
「中小企業における労使関係の見解」(=労使見解)
から学ぶものです。


テーマは、「社長!『理解』と『納得』は違うんですよ!」
これは、労使見解の第3番目に記述されている、「労使関係における問題の処理について」
を深く学ぶ勉強会です。

まず言葉の定義です。
「理解」とは、他人の気持ちや立場を察すること。
「納得」とは、他人の考え、行為を理解し、もっともだと認めること。
と、辞書を引くと書かれています。

さて、私たち経営者は、社員に色々な説明や、要望を出す時があります。
反対に、社員から色々な要望や要求もあります。

ちょうど賞与の時季です。
経営環境が厳しい時、社員さんに業績や査定の根拠を説明されて賞与を支給して
いると思いますが・・・。

社員さんは、理解してくれます。しかし「もっともだ!」と納得してくれて
いるでしょうか?

昨日の学びで、「納得」を得ようとするなら、まず自分自身の信頼性を高める
必要がある。つまり人格の形成・能力の向上の努力を常日頃行っているかどうか?
そして、相手のことを理解し次に相手に理解される努力をしなければ、「納得」
には、到底行き着かない。ことです。


今回の問題提起者(講師)の北尻さん(新大阪食品産業(株))が、次の一説を紹介されて、
まとめをされました。

----------------------------------------------------------------------------
この相手を理解することということはただテクニックだけでできるものではありません。
あなたが何らかのテクニックを使っていると相手が感じれば、相手はあなたに二面性が
あり、相手は自分のことを操ろうとしていると感じるに違いありません。相手に対して
影響を与えられることができるかどうかは、あなた自身が模範を示すこと、つまり日頃
どう行動しているかにかかっている。その模範とは、あなたは真にどういう人間なのか、
あなたの人格はどうなのかということから自然に流れ出るものである。

あなたの人格は常に周囲に向かって発信しており、人間関係においては、相手はそこから
あなたとあなたの行動を、本能的に信頼するかしないか決めているのである。もしあなた
に一貫性が無く、熱したり冷めたり、怒ったかと思うと優しくなったり、あるいは私生活
と公の生活とが一致していないような人間だったら、あなたに本当の気持ちを打ち明ける
ことなどできない。

あなたは、私のことを考えている。大切に思っている、というかもしれない。私もそれを
信じたいと切に願っている。しかしあなたは私のことを理解もしていないのに何故助言が
できるだろうか?それは口先だけの言葉に過ぎない。
あなたが私の本質を理解し、それに影響されない限り、私はあなたの助言に聞き従い影響
されることはない。

だからこそ、人間関係において効果的なコミュニケーションを図りたければ、テクニック
だけではだめなのだ。信頼を築き、相手が本気で話せるような人格の土台の上に、感情移入
の傾聴のスキルを積み上げていかなければならない。そして、心と心の交流を可能にする
信頼残高を、構築して行かなければならないのである。
             スティーブン・R・コヴィー「七つの習慣」より
----------------------------------------------------------------------------

心にグッサと来る一説ですね。

社員との信頼関係を築くためには、経営者の経営姿勢の確立が最も大切なのですね。

「労使見解」は、経営者である私のバイブルです。

yama1117 at 14:54|PermalinkComments(0)経営の勉強会 | 中小企業家同友会

2007年12月06日

今日のご見学

071206見学1今日は、社団法人大阪府工業会 経営と技術交流研究会の13社18名の皆様が「元気企業のものづくり」というテーマで御来社いただきました。

見学開始時に、休憩時間と重なり手違いで水銀灯と消灯してしまったり、飲みのもの配付で手違いがあったり・・・。御迷惑をおかけしました。

071206見学2

「良い現場は最高のセールスマン」の深い意味をしっかり説明できたか不安ですが、
真剣なご見学の姿は、とても嬉しいものです。

ありがとうございました。

yama1117 at 17:00|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

クラフトマン21

城工1地元の大阪府立城東工科高等学校(旧城東工業高校)の見学会に行ってきました。
この催しは、国の事業である「ものづくり人材育成のための専門高校・地域産業連携事業(クラフトマン21)」の趣旨の元、学校の主催で地元の行政を通じて開催されたものです。

校長先生の挨拶・学校紹介もパワーポイントを用いてなかなか城工2カッコイイ紹介でスタートです。
 まず、基礎技術を学ぶ旋盤やフライス、溶接、鋳物(つい最近までキューポラが会ったらしいです)の実習場所を見学させていただき、その後シーケンスなどの制御を学ぶ教室を案内いただきました。

 目玉は、「ユニバーサルデザイン」です。
城工3ユニバーサルデザインとは、「すべての人が安全でやさしく利用でる・・・」とのことです。
 その、ユニバーサルデザインの新しい棟では、太陽光・風力発電から始まり、障害者の方をはじめお年寄りが安全にそしてやさしく生活するため工夫された、キッチン・お風呂・トイレを代表にリビングルームも再現され、それ<らを集中制御(家電製品などを操作する操作パネル(携帯電話からでも操作OK))の城工4システムを学んでおられる事の説明をいただき、最後に大阪<が力を入れて取組んでいるロボット技術も披露していただいた訳です。




城工5 校長先生の意見で、「中小企業でも技術を活かせる企業はある・・・と生徒に言っているのですが・・・」と発言がありました。

「中小企業だからこそ技術を活かせる企業がある・・・」と発言してほしかったと思いましたが、「今後は私たち教師がが中小企業へ足を運んで学んで行きます」と力強いお言葉をいただいて閉会になりました。

追記になりますが、
行ってびっくり。参加企業30社中14社が中小企業家同友会のメンバーでした。




yama1117 at 15:19|PermalinkComments(0)経営の勉強会 

2007年12月05日

今日の見学

fdfd9548.jpg今日は、朝一番7:40分より、ご見学者を迎えました。

今日来られたお会社は、先日大阪商工会議所で講演させていただいた折にご参加しておられた東海商事株式会社様の古田様が、お客様の株式会社ナテック様の若手リーダー4名をお連れになられました。

3S活動は、先輩も後輩もなく全員参加できる活動です。

若手リーダーの皆さん!がんばって下さい!





yama1117 at 09:29|PermalinkComments(0)今日の見学社 | 徹底した3S活動

2007年12月04日

親が子供に教えるもの、伝えるもの・・・

 昨日夕方、テレビを見ていますと、大阪の私立高校をレポートしていました。
文武両道でプロ野球やJリーグにも選手を輩出している学校とのことです。

 そのレポートの中で、剣道部が出ていました。男女ともインターハイに出場する強豪です。
 一人の女子部員が男子部員と練習試合をしましたが、その女子部員が強い!

しかし、その女子部員は、まったく音が聞こえない聴覚障害の女の子でした。
 でも、普通に健常者と会話をしているのです。それは、相手の口の動きを読み取り、理解していると説明していました。

 レポーターが「どうやって、覚えたのですか?」の質問に対して、「両親が、一生懸命教えてくれました」と、明るい笑顔で答えていました。
本当にさわやかな明るい笑顔です。



そこで、最近感動した話を紹介します。

静岡中小企業家同友会 沼津支部 支部長 秋山和孝さん(株式会社アイソー)「社長の三行日記」で、紹介されたものです。


-----------------------------------------------------------------------------
「花嫁の電話」というNTTの電話明細に付属されてきたものです。
 
由香ちゃんが近所に引っ越してきたのは、まだ小学校三年生のときでした。
ときどき我が家に電話を借りに来るのですが、いつも両親ではなく由香ちゃんが
来るので、おかしいなと思っていたのですが、しばらくしてそのわけが解りました。
 
由香ちゃんのご両親は、耳が聞こえない聴覚障害がある方で、お母様は言葉を発することができません。親御さんが書いたメモを見ながら、一生懸命に用件を伝える
由香ちゃんの姿を見ていると、なんだか胸が熱くなる思いでした。(中略)
 
由香ちゃんの親孝行ぶりに感動して、我が家の電話にファックス機能をつけたのは、それから間もなくのことでした。しかし、当初は明るい笑顔の、とてもかわいい
少女だったのに、ご両親のことで、近所の子どもたちにいじめられ、次第に黙りっ子になっていきました。
 
そんな由香ちゃんも中学生になるころ、父親の仕事の都合で引っ越していきました。それから十年余りの歳月が流れ、由香ちゃんが由香さんになり、めでたく結婚することになりました。その由香さんが「おじさんとの約束を果たすことができました。ありがとうございます」と頭を下げながら、わざわざ招待状を届けに来てくれました。
 
私は覚えていなかったのですが、「由香ちゃんは、きっといいお嫁さんになれるよ。だから負けずに頑張ってね」と、小学生の由香ちゃんを励ましたことがあったらしいのです。そのとき「ユビキリゲンマン」をしたので、どうしても結婚式に出席してほしいと言うのです。「電話でもよかったのに」と私が言うと、「電話では迷惑ばかりかけましたから」と、由香さんが微笑みました。
 
その披露宴のことです。新郎の父親の謝辞を、花嫁の由香さんが手話で通訳するという、温かな趣向が凝らされました。その挨拶と手話は、ゆっくりゆっくり、お互いの呼吸を合わせながら、心をひとつにして進みました。
 
「花嫁由香さんのご両親は耳が聞こえません。お母様は言葉も話せませんが、
こんなにすばらしい花嫁さんを育てられました。障害をお持ちのご両親が、
由香さんを産み育てられることは、並大抵の苦労ではなかったろうと深い感銘を覚えます。嫁にいただく親として深く感謝しています。由香さんのご両親は、『私達がこんな身体であることが申し訳なくてすみません』と申されますが、私は若い二人の親として、今ここに同じ立場に立たせていただくことを、最高の誇りに思います。」
 
新郎の父親の挨拶は、深く確かに心に沁みる、感動と感激に満ちたものでした。その挨拶を、涙も拭かずに手話を続けた由香さんの姿こそ、ご両親への最高の親孝行だったのではないでしょうか。花嫁の両親に届けとばかりに鳴り響く、大きな大きな拍手の波が、いつまでも披露宴会場に打ち寄せました。
 
その翌日、新婚旅行先の由香さんから電話が入りました。「他人様の前で絶対に涙を見せないことが、我が家の約束事でした。ですから、両親の涙を見たのは初めてでした」という由香さんの言葉を聞いて、ふたたび胸がキュンと熱くなりました。
----------------------------------------------------------------------------- 

 今、私は、高校1年生、中学2年生、小学4年生の娘を持つ父親です。
今まで、彼女たちに何を伝えてきたのか、そして今後何を伝えていくのか
そのためにも私自身がもっともっと学ぶ姿勢を持ち続けなければ・・・。反省です。
 “教育”ではなく、子育てもやはり“共育”なんですね。


yama1117 at 22:21|PermalinkComments(3)いいお話し